topimage

2018-07

2日目は日帰りでベルギーへ (アントワープ) - 2018.07.19 Thu

パリ北駅から、タリス鉄道に乗ってベルギーへ。1時間半でブリュッセルに到着します。1等席を日本から予約しました。食事付きとガイドにはなっていましたが、日曜日だったので、食事の提供はないとか。知らなかった。
ミディ駅(南駅)ホームで、ベルギーのガイドさんと待ち合わせ。
20180719214412c2c.jpeg
また電車に1時間乗って、まずは、アントワープへ。
「フランダースの犬」の物語の舞台となった町です。悲しい結末から、ベルギーでは紹介されていなかった物語でしたが、日本人が次々と訪れたことで、有名になったようです。

アントワープ中央駅
20180719215831509.jpeg
ガラスと鉄骨で作られたドームの装飾が素敵です。

ノートルダム大聖堂
ネロが最後に見てみたいと熱望した、ルーベンスの絵が3点あります。そして、最後に見ることができた「キリストの降架」も見ることができました。ガイドさんの解説もあり、ルーベンスの作品の素晴らしさを堪能することができました。
20180719215138b9c.jpeg


デズィレ・ドゥ・リール
サクッとして甘さが控えめなブリュッセルワッフルが美味しいお店。
20180719220754c78.jpeg
フルーツワッフルとチョコレート&アイスのワッフル。アイスクリーム。ホットコーヒーにも、ミニワッフルがついている!嬉しい。
軽いワッフルなので、あっという間に食べられちゃいます。

横の建物がつながっている街並み。
青い建物の上部にMELK MARKET と書いてあります。ネロが毎日パトラッシュに荷台を引かせてミルクを売りにきた市場とされています。MELKはオランダ後でミルクのこと。アントワープまでくるとオランダ語が多いです。
20180719222235430.jpeg
スポンサーサイト

パリ 1日目 夜 ラ メゾン ド ラ トリュフ - 2018.07.15 Sun

ラ メゾン ド ラ トリュフ(マドレーヌ店)
La Maison de la Truffe (Madeleine)
20180715152109465.jpeg
いつもお土産を買いに来ていたお店ですが、今回はディナーの予約を日本からしていて、とっても楽しみにしていました!

中に入ると細い通路両脇に、トリュフを使った調味料やチーズなど、ところ狭しと並んでいます。もう、トリュフの香りがいっぱいです。
20180715152123fbf.jpeg


トリュフ製品の並ぶ奥にレストランの入り口があります。ディナーは19時からで19時の予約。日本人は早いからね、一番のり。でもそのあと、ぞくぞくとお客様が入ってきました。

トリュフオイルがテーブルに置いてあり、バケットにつけていただきます。これ、すごく美味しいです!アラカルトで頼みましたが、バケットと、小さなピザみたいなものは、出てきます。ミニピザにもトリュフのってます。
2018071515395179a.jpeg


前菜に、夏定番のガスパチョ、この店で絶対食べたかった、トリュフとチーズのリゾットを頼みました。ガスパチョにシャーベット状のマッシュポテトにスライストリュフ、それにクリームチーズや野菜、生ハムがのったバケットが添えられています。
20180715154926ecc.jpeg
こんなに凝ったガスパチョに巡り合えるとは。バケット、マッシュポテトをガスパチョに浸しながらいただく😋


リゾットきました!すごくよい香り。いつも瓶入りのお土産用リゾットを買ってきて、美味しくいただいていましたが、比べ物にならないくらい美味しい‼️
20180715155908e8c.jpeg
米のたき具合もベストだし、チーズ、生クリーム、トリュフは乾燥瓶詰めとはやはり全く違います。濃厚で味わい深く、トリュフの歯ごたえもあるし。1人できたら、これでお腹いっぱいになりそうだけど、絶対食べたいなー。

メインはビーフステーキ、フォアグラ、フライドポテト。白身魚とラタトゥイユ。どちらも美味しく、添え物もメインをググッとバックアップする美味しさで大満足です💕
20180715160428cbf.jpeg
どのお皿にもトリュフがいっぱいですが、メニューには、トリュフなし、シーズントリュフのせ、ブラックトリュフのせ、の3つの価格が表示されています。今回はシーズントリュフにしました。ブラックトリュフが一番高かったかな。

かなり、お腹いっぱいになり、デザート、コーヒーも入らず、ここでお会計。お酒も飲めないので、炭酸水という味気なさですが、とにかくトリュフを思い切り楽しんで、美味しくいただきました。
1人1万位でした。帰りは、絶品白トリュフ塩を買って帰りました。

長い一日が終わりました。ホテルにもどりこの日の歩数を見たら、22000歩でした。モンマルトルで相当歩いたな。👣

パリ1日目 午後 モンマルトル - 2018.07.14 Sat

初めてのモンマルトル。19世紀〜20世紀にかけて芸術家が集まった場所で、今も名画の世界がたくさん残っています。
ガイドさんと一緒に巡りました。😄

ジュテームの壁💕
小さな公園に入ると、ブルーのタイルの大きな壁。世界各国の言葉で「ジュテーム(愛してる)」と書いてあり、市民に愛されているアート。
20180713225753ed2.jpeg


サクレ・クール寺院
ケーブルカー🚠 でモンマルトルの丘へ。
パリ市内を一望できる丘の上に、白亜の聖堂があるんです。中に入ると、世界最大のキリスト、マリア、天使の色鮮やかなモザイク画。綺麗なブルーと金色の輝きが素晴らしい。✨
20180713225814fc5.jpeg


上までは、ケーブルカーで行ったので、坂道を下りながら名所を巡ります。

テアトル広場は、画家達がたくさん!👩‍🎨
観光客の似顔絵を描いてくれたり、風景画を売っていたり、とても賑やか。ここの場所一角をゲットするには、オーディションがあるんですって。だから、下手な画家は1人もいません!小道には、画家達が毎日集まって語ったカフェや酒場がそのまま残っています。ぶどう畑もあり、ぶどう🍇もまだ青いですが、なっていましたよ。
20180714125111256.jpeg
ルノワール、ユトリロ、ピカソ、マティス、ロートレック、ゴッホなどなど、この土地で過ごした時期があり、今も残るこの牧歌的な風景を、時代を超えて見られるのは感慨深いです‼️

映画アメリの八百屋さん。
201807141258205aa.jpeg
マルセル・エイメの短編小説の『壁抜け男』のモニュメント。壁を抜ける力を身につけた男の話。フランス映画のような歯切れの悪さが感じられる小説だそうで。悶々とする後味らしい。読んだことがないので、読んで見ようと思いました。


ビスケット専門店
(コンパニー・ジェネラル・ド・ビスキュイトリ)
Compagnie Générale de Biscuiterie。
20180714132949a39.jpeg
小さな店で、作る場所がレジ後ろにあり丸見えで仕切りもなし。この雰囲気良いな〜。並んでいるクッキー、キュラメル、ヌガー、メレンゲ、全ての種類を少しずつ購入。ブリキの缶に隙間なく入れたクッキーは、日本まで割れずに無事でしたよ。一週間は日持ちするらしい。
どれも素朴な美味しさで、アーモンドの香りが豊か。

ジルマルシャル(Gilles Marchal)
20180714163301920.jpeg
坂道にある、マドレーヌが美味しいお店。壁紙もドアのぶも、マドレーヌで可愛らしい!
マドレーヌはプレーン、レモン、ショコラ、ピスタチオ、キャラメル、フランボワーズなど、種類豊富。日持ちがしないピスタチオ、キャラメル、フランボワーズは袋で買って、すぐに食べました!生の素材が入っていてしっとりで美味しい。他の種類は箱に入れて日本にお持ち帰り。レモンが🍋特に美味しかったです!

カフェ デ ドゥー ムーラン
映画アメリに出てくる、カフェ。
やっぱりこれは抑えておくか、と言うことで、アメリの好きなもの、クレームブリュレをオーダー。表面がパリッとしていて美味しい。ちょうどサッカーで盛り上がっている時期だったので、カフェはどこもサッカー観戦仕様に。アメリのほっぺにも、フランス国旗🇫🇷のペインティング!
201807141659164c2.jpeg
珍しくアイスコーヒーがありました。生クリーム添え。もう一つはアイスココア生クリーム添え。

ムーラン・ルージュ
歌やダンス、フレンチカンカン、大道芸を組み合わせたショーで有名です。画家のロートレックがここに通いつめ、踊り子たちをモデルに数々のポスターを描いたことでも有名で、ふんふん確かに見たことあります。
201807141714545d3.jpeg
ムーラン・ド・ラ・ギャレット(右写真)
現在はレストランですが、昔はダンスホール。
ルノワールの作品「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」の場所です!

モンマルトル。パリとは違った賑わいの場所。坂道で石畳みも穴が空いているところも多いので、足が相当疲れます。歩きやすい靴を履いて行きましょう!

パリ 1日目 午前 - 2018.07.13 Fri

ドイツで乗り継ぎ、朝の8時半にはパリのシャルルドゴール空港につきます。
スーツケースをピックアップしたら、機内で使ったものと、今日一日外で使えそうなものを入れ替えタクシー乗り場へ。
タクシーでホテルまで行き、チェックイン前なので、フロントで荷物を預かってもらい、スタート!

マドレーヌ寺院
始めて中に入りました。プチクラシック演奏会をやっていたので、前の席に座りしばらく鑑賞。落ち着く。
20180710132228975.jpeg


ピカール
冷凍食品のお店。前菜からデザートまで、美味しそうな冷凍食品が揃っています。
20180710134010d1b.jpeg
エピス ロランジェ
ダークブラウンの木製棚に、びっしりとスパイスが並んでいます。シックな重厚感のある雰囲気。
今回バニラビーンズを買いに来ました!
バニラビーンズも種類があり、迷います。値段も結構するし。お店の人に、お菓子に使うと言ったら、選んでくれました。2種類買いました!💕
バニラビーンズもスパイシーな強い香りもあり、料理に向くものもあるみたい。料理にバニラなんて考えたこともなかった。さすがフランス、料理のスパイス使いは奥が深い。

ラファイエット グルメ館
美味しいモノが勢揃いしている、巨大なグルメ館。お土産ももちろん、スイーツ、スパイス、お惣菜、バター、チーズもろもろ、お店には行けない店舗のものをグルメ館でゲットです。
20180710140007948.jpeg
L’ Eclair de Génie(レ・クレール・ドゥ・ジェニ)
ミニエクレア4本セットを買いました!綺麗な色合いで、フレーバーの組み合わせにグッとくる、小技の効いた美味しさです。

パリへ 1日目 フランクフルトで乗り継ぎ - 2018.07.07 Sat

ANAの羽田発深夜便は、フランクフルトで乗り継ぎです。2時間の、程よい乗り継ぎ時間。ドイツならではの、パンもたくさんあってプレッツェル🥨の種類もたくさん!プレッツェルの語源はドイツ語ではなくラテン語のようで、「腕」っていう意味らしい。腕組みみたいだから?
20180710130531d43.jpeg
焼きたてプレッツェル、美味しかったです!

パリへ  - 2018.07.07 Sat

早い夏休みです。
パリ滞在で、ベルギーに日帰りで行く予定です。
仕事帰り、深夜のANA。ラウンジのチケットがあったので、ラウンジでシャワー浴びて食事をしました。
201807062245261ae.jpeg
人気のステーキ、あって良かった。パフェは売り切れで残念🤣

TOHOシネマズ日比谷、日比谷ミッドタウン - 2018.07.06 Fri

映画ハン・ソロを観に、来ました。
広くて、窓からの眺めも素晴らしいです!
もっと混んでいるかと思いましたが、初回だったせいか、そうでもなかくてホッとしました。まあ、席も予約していますしね。
20180706175528537.jpeg

シートも段差が割とあるので、前に人がいても、よく見えます!


日比谷ミッドタウン3階の、一角でランチ。
居酒屋スタイルですが、ランチは定食がありました。
20180706175552291.jpeg

贅沢ランチ定食。唐揚げ、アジフライ、サラダ、おろし蕎麦。色々のっています。揚げ物も熱々で美味しかった!


日比谷線で、中目黒へ行きました。
ピカールに行きたかったから。
フランスの冷凍食品のお店です。どんなものが幾らくらいで売っているのか、気になっていました。
201807061756142f9.jpeg
思ったよりも手頃な値段。なんと言ってもスイーツの冷凍が美味しい。エクレアは、味も日本ではあまり、出会えない凝ったもので、感動しました!
パンの生地の冷凍も、朝からクロワッサンなんか🥐焼けてしまいます。手頃で美味しくとても良い!

ラ・メゾン・デュ・ショコラ、 みんなのパンや (有楽町) - 2018.07.04 Wed

有楽町のラ・メゾン・デュ・ショコラ。丸の内ポイントを使いたくて、そうだ、エクレアを買おう!と思いやってきました。
20180705211249977.jpeg

ショコラ、キャラメル、カフェの3種類があります。どれも濃厚なクリームがたっぷりで、味の濃いエクレアです。そして、どれも美しいです。✨


東京ビル TOKIA のB1にある、みんなのぱんやへよりました。あんぱん、くりーむぱん、カレーパン、コロッケぱんなど、懐かしい日本のぱんを昔ながらのこだわりの製法で作っています。もっちり、しっとりとした生地でコッペパンも美味しいです。胡桃パンは、胡桃の量が多くてずっしり。
20180705211317322.jpeg
メロンパンの中には、白あんが入っています。

花山うどん、 マザーリーフ (東銀座) - 2018.06.30 Sat

群馬のご当地幅広麺。花山うどんの五代目高明が50年の時を経て復刻させた超幅広麺鬼ひも川が食べられます。
2018063018100010a.jpeg

1人でも入りやすいので、何回か来ています。冷たいうどんもあります。

とろろ昆布と梅のひも川うどん。
20180630181022f8d.jpeg

大きくて柔らかい梅が1つ丸ごとのっています。うどんはムチっと、ツルっと、美味しいです!幅広なので、食べにくいけれど、食べた感がある。出汁も美味しい。今度は何にしようかなー、と次回を楽しみにしてしまいます。✨


マザーリーフ
201806301811017d2.jpeg

美味しい紅茶と、ワッフルやスコーン、ケーキ、軽食がいただけるお店。ランチセットには、パンのかわりにワッフルが付いているのですよ。

この日は、アフタヌーンティーセット、1人用。
温かいスコーン、レアチーズケーキ、ベリーのケーキのセット。お皿を置くレースの台が素敵。🍀
20180630181132e1e.jpeg


ホットティーはポットサービスなので、たっぷりとあります。ゆっくりと楽しめますよ。💕

キットカット ショコラトリー 銀座 - 2018.06.23 Sat

「ル パティシエ タカギ」のオーナーシェフ高木康政氏が 全面監修した「キットカット」の専門店です。最近キットカットの高級版、デパートで見ますよね。銀座にカフェ併設の路面店があります。高木シェフのケーキもいただけますよ。
20180618123845cf9.jpeg


ショートショート
大きな苺が丸ごとサンドされています。スポンジ少なめで、苺、生クリームともに美味しく、満足感あり。😆
20180624121007c0a.jpeg


サブリム抹茶パフェ
2018061812391360d.jpeg

抹茶のアイスと焼き菓子、そして短くカットしたサブリム抹茶が入り、上には黒豆とフランボワーズをトッピング。
サブリム抹茶は、クーベルチュールホワイトに、抹茶ペーストとたっぷりの玉露茶葉をブレンドした、抹茶のほろ苦いキットカット。
トップには、サブリムビターが刺さり、全体的に苦味がきいたパフェでした。


1階のショップでサブリムルビーを買って帰りました。綺麗な色。ホワイトチョコレートの味ですが、酸味があります。
201806181239470f1.jpeg

チョコレートのベースは基本的に、ダーク、ミルク、そしてホワイトでしたが、最後に開発されたホワイトチョコレートから約80年の時を経て、全く新しいチョコレートが誕生しています!

着色料や果汁パウダーなどを一切使わない、カカオ由来の鮮やかなピンク色と、ベリーのようなフルーティーな酸味 が特徴の「ルビーチョコレート」。
この希少な「ルビーチョコレート」を使った商品が2018年1月18日に世界で初めて、「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」として、発売されています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード