topimage

2017-02

ルグドゥノム ブション リヨネ (神楽坂) - 2011.10.12 Wed

ルグドゥノム ブション リヨネ



娘の学校の用事の帰りに主人とランチに来ました。
当日の午前中に電話で予約をしたところ、2回転目の1時半がとれました。

久しぶりだったのでとっても楽しみです。


ランチメニュー 2850円 にしました。
前菜、メイン、デザートからそれぞれ一品ずつお選びます。

こちらのセット、ドリンクも付いています
グラスワインでも良いんですよ。 
でも、私たちは飲めないのでコーヒーにして食後にもって来ていただくことにし、食事中は炭酸水をお願いしました。


こちらのフランスパンはいつも、カリッとしていて中はムッチリでとっても美味しいです。
パンと炭酸水




サラダとリヨン風サラディエ

リヨン風サラダアップ
リヨン風のサラダです。
バゲットとポーチドエッグ、厚切りベーコンがリヨン風のサラダの定番ですが、こちらの特徴はバゲットがケークサレだというこです。

しかもデニッシュ風のケークサレ。
これが旨味をグレードアップさせて、素晴らしいサラダになっています。

ベーコンもドレッシングもとっても美味しくて、途中でポーチドエッグの黄身をトロリとからめていただくとまた美味しい。お隣の席のフランス人のご夫婦が絶賛して、スタッフの方にお声をかけていらっしゃいました。




自家製リヨン風ソーセージ エストラゴンのヴィネグレット

ソーセージの前菜
太いソーセージにはピスタチオが入っていて、それがアクセントになっていてとっても美味しい。
ポテトの千切りのフライに酸味のあるソース。
いつも違う前菜をたのんでしまっていたのですが、お隣さんが食べていて美味しそうだったので同じものにしてしまいました。こちらにしてみて良かった~




本日の魚料理

白身魚とラタトゥユ
お魚はなんだったか忘れてしまいました。
したにラタトゥイユがしいてあります。
2色のパプリカのソースでいただきました。




リヨン風クネル モリセットゥおばあさんスタイル ナンチュアソース

クネルとバターライス
これってザリガニかな?良いダシがたっぷりとソースにでていて美味しいです。
中には、ふわふわのハンペンのような練り製品 ”クネル”が2個入っています。

添えられたバターライスにソースをかけていただきます。
パンを食べた上に、バラーライスも美味しいので、結構お腹が一杯。でも食べた~い





ムース オ ショコラ 洋梨の冷たいカプチーノ仕立て

梨とチョコレートのムース
ショコラのムースの上に、洋梨が、しゅわしゅわの泡になって盛られています。
今、流行の泡のデザートですね。
アニスの香りがほのかにします。
ショコラのムースを洋梨の泡がさっぱりとさせている感じ。

上にはカカオのチュイルがのっていて、カリッとパリッとした食感。




ラム酒風味のババ

ババ
大好きな1品。こちらにきたならば、やっぱり食べたくなっちゃいます。
ラム酒は好みで調整できるようにグラスで出てきます。
ババを半分に切って、自分で好きなだけかけるのがまたワクワクして楽しいです。
途中でまた足して、だんだん強くなっていったりして・・・。


でも、バニラビーンスの入った生クリームが添えられているので、そこで生クリームをつけてまた味を変化させて楽しみます。




こちらは、伝統的なお料理、デザートがちょっと素敵にアレンジされて出てくるのが魅力的です。

しばらくするとまた行きたくなるお店。
フランス料理だけれど、普段着でもいける気軽さが良いです。


スポンサーサイト

PAUL 神楽坂店 - 2011.05.02 Mon


PAUL (神楽坂店)



用事があった娘と神楽坂のポールで待ちあわせ。

ランチタイムになると満席になってしまうようですが、まだ早かったので大丈夫でした。

神楽坂ポール


神楽坂テラスの1階にあります。

黒いシックな壁ペパーミントグリーンのドアが素敵。

写真をうかがってみたら、店内は写真撮影をご遠慮くださいということだったので撮れませんでしたが、パリのお店のようで雰囲気も良かったです。
食べ物の写真は大丈夫とのこと。
神楽坂ポール全体



サンドイッチのセット


PAUL自慢のパンに生ハムやカマンベールチーズなど様々な素材をサンドしたものが数種類。
こちらはアンシェンというパンに生ハムをサンドしたものです。

半分にカットしてあったので、半分ずついただきました。
サンドウィッチ



アングレーズ・ポンム

大きくカットされたりんごがたくさんのっています。
りんごの酸味、香りもしっかり味わえてとっても美味しかったです。
りんごのタルト




タルト・フリュイ・ルージュ

タルトにカスタード。そして赤いフルーツが入って焼いてあり、上にはゼリーのような層が。
甘さ控えめでベリーとカスタードの間違いない組み合わせ。
タルトフリュイ



コーヒーとカフェオレ

コーヒー



パンも買って帰りました。

タルト・シュクレ(左)
ポワソン・ダブリル(右)・・・魚の形が可愛い。
トルサード・エメンタール・エ・ミモレット(下)
ポールのパン



とっても雰囲気がよく1人でランチするのにもベストなお店。

デザートも充実しているので楽しめるお店だと思います。





ル・コワンヴェール  (神楽坂) - 2011.04.27 Wed


ル・コワンヴェール



娘が近くに用があったので、それが済んだ後に待ち合わせをして、こちらへ行きました。

久しぶりです。

コワンヴェール外観
コワンヴェール裏口



洋菓子店コアンドル  という映画のスイーツはこちらが監修しています。

もちろん、観に行きましたよ~。


蒼井優さんのコックコート姿が可愛らしく、差し替えなしで、実際にかなり練習してケーキ作りの撮影をしたと聞きました。

映画の中でコワンヴェールのケーキがたくさん出てきましたよ。
それらのケーキに絞りをしていったり、しあがって行く様子は観ていて面白かったです。

食べているシーンもあり、美味しそうだなあ~と思いながら観ました。
コアンドルポスター



この日はこちらの4種類を買いました~。

ケーキ4種



こちらは見た目はとってもシンプルですが、中はとっても凝っていて複雑な味わい、手の混んだ1品です。

優ちゃんが田舎の実家のケーキ屋さんで作っていたケーキをコアンドルのスタップに作るんです。
私だってこんなに美味しいものが作れるのよ!という感じで自信満々で披露するのですが、そのケーキがなんとも昔っぽい。味わいもデザインも一昔。

これを食べたら田舎に帰りなさいと出してくれたのがこちらのケーキ。


レナード
ナッツのムース
ナッツのムース断面
ミルクショコラのムースの中央にはプラリネのクレムー、下にはオレンジのコンフィや、ナッツでざっくりとした生地が底にあり食感も複雑。

ムースとクレムーのまったりとした食感と濃厚な味わいに対して、オレンジの爽やかさがプラスされています。

周りはつやつやのキャラメルがかかっています。


見た目シンプル、でも中は奥深いという・・・魅力的なケーキです。


これを食べてしまった優ちゃんは、「なんなのこれはー!!」と今まで自分が作ってきた、お父さんに教えてもらってきたケーキとは全く違う、こちらのケーキに衝撃を受けてコアンドルで働きたいとお願いをするのです。

他のケーキも映画の中に使われていますが・・・まあ映画の話はそのくらいにしておきましょう。




ムースフロマージュ
フロマージュ

間違いない美味しさ。さっぱりとしていて、ふわっとした口どけです。





マカロンピスターシュピスターシュ
ピスタチオのマカロンの中にはピスタチオのクリームとフルーツ。

ピスタチオの香ばしい香りにフレッシュフルーツ。
色合いもとっても綺麗です。




サントノーレ・フリュイ・ルージュ
サントノーレ
こちらは今月のお勧めのケーキだそうです。

カスタードクリームのプチシュークリーム。
カシスとグロセイユがのっています。

甘酸っぱい、春らしいスイーツです。











ルグドゥノム ブション リヨネ (神楽坂) - 2011.02.11 Fri


LUGDUNUM Bouchon Lyonnais  ルグドゥノム ブション リヨネ


飯田橋駅から毘沙門天へむかい毘沙門天の少し手前、右にある本多横丁に入って左側にあるお店。

以前 purinさんにつれてきてもらって、本格的なフランスのビストロという雰囲気とメニューがとっても気に入ったお店です。
以前の記事はこちらです。←

この日は、午後から飯田橋で用事があったので娘とランチにこちらへ来ました。

お店の外観



2,850円のランチコースにしました。


メニューはこんな感じです。

~前菜、メイン、デザートからそれぞれ一品ずつお選びます~

前菜
リヨン風サラダ
当店の特別前菜
コショナイユ ブションリヨネ風
自家製リヨン風ソーセージ AOC レンズ豆のサラダ添え

メインディッシュ
リヨン風クネル モリセットゥおばあさんスタイル ナンチュアソース
本日の魚料理 本日の肉料理
当店のおすすめ料理

デザート
ヴェルヴェンヌ風味のポドクレーム ラズベリー添え
柑橘フルーツパスティス風味 フロマージュブランのソルベ添え
ラム酒風味のババ

飲み物はこちらから選べます。
(グラスワイン、フルーツジュース または コーヒー・紅茶)




当店の特別前菜

フォアグラのテリーヌ、レーズンのブリオッシュを添えて、カリンと
バニラのソース

フォアグラのテリーヌ
塩、胡椒のかかったフォアグラのテリーヌをトーストしたレーズンブリオシュの上にのせてから、カリンとバニラの甘いソースをかけていただきます。

まずはソースなしでいただいて・・・。甘くバニラビーンズの入った香り豊かなソースをつけるとまた違った美味しさになります。



コショナイユ ブションリヨネ風
生ハム、ソーセージ
豚肉の加工品、様々な肉系前菜の盛り合わせです。
パテもあってこれがまた美味しく、バゲットが進む進む・・・。
娘がこれを頼みましたが、もちろん半分ずついただきました。



パン
麻袋のパン
麻袋に入ったバゲット。
パリッとした皮で中はもちっと。



本日の魚料理
白身魚
白身魚がカリッとやかれ、クミンなど香辛料の入ったソースがかかっています。
スパイシーなソースはクミンなどのせいかカレー風味という感じで、カプチーノ仕立てになっており 泡だっています。

上に野菜と共にパスタがのせられています。




リヨン風クネル モリセットゥおばあさんスタイル ナンチュアソース

クレル
バターライス
お店の方がメニューの説明をしてくださり、娘はこれに。
グラタンみたいだし、バターライスがつくし、これにすると思ったよ。

はんぺんみたいな練り物が、グラタン風の中に入ってて、ソースは魚介の香りが豊か。
結構ボリュームあります。

バターライスにこのソースをつけていただくとまた美味しいのですが、相当カロリーありそうだな。
ま、気にしない気にしない。パンも一杯食べて、バラーライスだってペロリと食べられちゃいます。





ヴェルヴェンヌ風味のポドクレーム ラズベリー添え

プリン ラズベリー
ポドクレーム。プリンのようなものです。
ハーブ系の香りをつけたプリンで、少し変わった風味ですが爽やかな感じでさっぱりさがでています。

ラズベリーのコンポートが上にのっていますが、へたがついているのが珍しいです。
へたは食べられないので取るのですが、こんなのがついているんだなあ~なんて眺めて、へたをポコッと取ると真ん中に穴があいて見慣れたラズベリーになるので、なんだか新鮮な気分。



ラム酒風味のババ

ババjpg
こちらのお店一押しのデザートはこれでしょう。
あまり水っぽくなく甘すぎもなく、形も周りの照りもとっても良い。


ババカット
ラム酒が別添えになっているので、半分に割って好きなだけかけます。
結構かけてしまったのですが、ああ、おいしいです~。
生クリームをつけて食べると、お酒も少しマイルドになります。


17歳の娘も半分食べました。結構かけたね~と言いながら・・・。
赤くもなっていなかったので、結構いける口だったりして。
コーヒー


他のお皿も気になるくらい、どのお料理も美味しそうでした。

気軽に入れる雰囲気ですが、予約をしたほうがよさそうです。
すぐに満席になっていたので。

ランチのコースにワインがついているのも飲める方には魅力的なのでは。


 パティスリーサロン・ドゥ・テ アミティエ (神楽坂) - 2010.07.20 Tue

Patisserie Salom de the Amitie  
(パティスリーサロン・ドゥ・テ アミティエ)




ラトラスから少しお散歩して、さらにパティスリーへ。

お腹が一杯でも、たくさんの色とりどりのスイーツを見るとしっかり選んじゃうんですね~。
アメティエ




ローヌ・アルプ

チョコレートロールアップ
チョコレートのケーキの上には、チョコレートのメレンゲのスティックが斬新に突き刺さっています。
以前ジャンポールさんのところでならったコンコードというケーキに似ている!
日本ではほとんど見ないけれど、フランスでは作られているケーキみたいですよ。

こちらは、伝統的なケーキもあつかっているところが好きです。




いちごのショートケーキ

ショートケーキ
真ん中と上部に厚めに生クリームがあって、スポンジと同じくらいの比率。
ふわっとしたスポンジと、優しい甘みの生クリーム。
王道の美味しさです。




フランボワジエ

フランボワーズ
フランボワーズが丸ごと入っていて甘酸っぱい。
断面の美しさ。大切です。




ルバーブのタルト

ルバーブのタルト
しっかり焼かれたタルト生地。
どのタルトを食べても美味しいだろうなあと思いました。
甘酸っぱいルバーブは癖になるおいしさ。
今度自分でもルバーブを煮て作ってみたいです。



今回も美味しいものをたくさん食べて、おしゃべりに花が咲いてあっという間に時間が過ぎてしまいました。


次回も楽しみにしています。





フレンチレストラン ラトラス  (神楽坂) - 2010.07.18 Sun



L'Atlas (ラトラス)


地元会のメンバー、pioさんnanaさんとで今回は、前から行ってみたかったこちらへ。

パリセーヌ川のほとりにある、鴨料理で有名な老舗レストラン ラトゥールダルジャン唯一の支店東京店で共に学んだシェフのお料理が楽しめます。

pioさんはもう数回いらしているので案内していだたきました。

外観からとっても可愛らしいお店。
すごく楽しみ。ワクワクしてきました。

ラリアン外観
ラトラスメニュー



1階にキッチンと化粧室があり、2階でいただきます。

白を基調としたダイニングは、木のぬくもりと窓からの優しい光でホッとできる落ち着いた雰囲気です。
店内



テーブルにはガラスの食器がセッティング。
真っ赤なバラも素敵です。
ラトラステーブル




土、日、祝日ランチメニュー 5,800円のコースです。


アンチョビーとパルメザンチーズのパイ
ラトラスチーズパイ
そしてパンです。




アミューズ

野菜と魚介類の賽宴

白身魚を揚げてマリネしたものと、色とりどりの野菜を寄せたもの、そしてサーモン。
どれも少しずつですが、手の混んだものでアミューズとしてはかなりしっかりでスタートからテンションあがります。
前菜アップ




前菜

オマール海老のコンソメジュレとカリフラワーのブルーテ
函館産ウニとキャビア添え


えびとうにジュレ
ここにきたらこれを食べたかったんだ~。
こちらのスペシャリティーといえるこの1品は運ばれてきたら、笑みがこぼれますよ。

素敵なグラスの中にはオマール海老温泉卵も入っている。
ウニはしっかりした分量入っていて大満足です。上にはキャビアが。

スープ仕立てになっているのはカリフラワーでさらっとした味わい。
周りの豪華な魚介類を優しく包み込んでいる感じです。



前菜はこちらもあります。

江戸前アナゴのヴァフールとキャラメリゼ
マスタードグリーンサラダとレディクションドバルサミコ

アナゴとフォアグラ
大きなお皿にボリュームのある前菜。
和食で甘辛でいただくことが多い穴子ですが、フレンチの前菜では蒸してキャラメリゼされてフォアグラとともに。
キャラメリゼね、やっぱ照りよく甘くするのはあうんだね~。
サラダ仕立てになっていて、フォアグラをバルサミコのソースにつけていただくようです。



魚料理

サゴシとズワイガニのムースのパートブリック包み焼き
酸味を効かせた赤ピーマンのクーリ

春巻きの皮に魚

色合いのとっても綺麗な一皿。
春巻きのような揚げ物の中には、白身の魚とスワイガニのムースが入っています。
白い泡状のソースには少し酸味があって、さっぱり感がプラス。
。それぞれのソースにつけて味の変化を楽しみました。



グラニテ

口直し氷



肉料理


鴨のロースト アメリカンチェリーのコンポートソース
鴨とチェリー
鴨とチェリー上から
こちらの鴨は美味しいと聞いていてのでとっても楽しみにしていました。
鴨があるとどうしてもたのみたくなってしまう。
そして、果物のソースだったら絶対に好みだろうから期待しちゃいました。
期待通り美味しかったです!

カリッと焼かれた鴨。そしてボリュームもあります。
アメリカンチェリーのコンポートソースがとっても美味しくて、鴨とバッチリあっています。
チェリーの果肉もしっかりとしていますので、ソースとしてだけでなくそのままの形でゴロンと盛り付けてあるのがまた嬉しいです。

アスパラの細い感じのお野菜が添えられています。



肉料理はこちらもあります。

和牛フィレ肉のポワレとフォアグラのフラン 赤ワインポルトソース
和牛とフォアグラ

柔らかいお肉がたっぷり。
フォアグラはフランになっていて、ふわっとやわらかくなっているんですね。
赤ワインのソースとともに。



デザート


グレープフルーツのメレンゲソースとフランボワーズのソルベ
マンゴークーリ


デザートグラス
グラスデザート仕立てで、フランボワーズのソルベがさっぱりとしていて美味しかったです。
サクサクとしたメレンゲが添えられていてその場で頂くデザートならではです。
グレープフルーツにマンゴーもまたプラスされていて夏向きのデザート。




プティフル、コーヒー又は紅茶

小菓子
焼き菓子2品、ギモーブ、キャラメル。

お腹が一杯でしたが、どれも違った食感のプティフルなので、一気にいただいてしまいました。




これだけのボリュームがあって、どれも手の混んだお料理。
気取らずにのんびりとできる雰囲気で、サービスも良し。
なるほど人気があるのがわかります。

すぐにまた行きたくなるお店です!




サロン・ド・テ アンガトー  (神楽坂) - 2010.05.09 Sun



SALON DE THE UN DATEAU



前田でお食事をした後、purinさんが気になっていたお店があると教えてくれ、そこへ行くことに。

後をついていったので、いまひとつ場所を覚えていませんが、かくれんぼ横丁からすぐだそうで。
可愛らしい名前ですね。この辺です

アンプチガトーモザイク
アンガトー看板

赤いウッドの可愛らしいお店です。


入り口の黒ネコちゃんが目印。

この子はお店のキャラクターなのか、店内にもこの黒ネコちゃんの絵が飾られていました。



シフォンケーキのお店みたいです。 










シフォンケーキのパフェ 

私はこちらにしました。
バニラのシフォンに、冷凍のベリー。
バニラアイスがのっています。
アンガトーパフェ
アンガトーパフェアップ
たっぷりのベリーでビタミン補給だ~。



文旦のシフォンケーキ

お友達は季節感のある、文旦のシフォンです。
「神楽坂」という焼印が良いですよね。
アンガトーシフォン焼印
アンガトー文旦シフォン
こちらの少しいただいちゃいました~。爽やかな香りがしました。



深入りブレンドコーヒー

私はコーヒーは深入りが好きなのでこちらに。
カップもそれぞれ違います。

奥は本日おすすめのストレートコーヒー。
カップが文旦シフォンとおそろいです。
アンガトーコーヒー



店内で可愛らしい、黒ネコちゃんの「ぽち袋」を売っています。
色々な絵があるのですが、3枚でセットになっています。

それぞれ、神楽坂の名所のようです。

私はこちらの3枚セットを買いました。
お友達のpurinさんも違うものを買いました。
別のぽち袋は彼女のブログを見てくださいね。
ポチ袋


1年ぶりの再会、お食事もお茶もとっても美味しく、楽しくすごしました。

また素敵なお店を見つけたら連れて行ってね~。



前田は今度は母を連れてきてあげたいと思います。

皆さんも是非。



神楽坂 前田  (加賀生麩割烹) - 2010.05.08 Sat


加賀生麩割烹  神楽坂 前田


情緒あふれる神楽坂の路地裏に、加賀料理しかも生麩という素材をメインにしたお料理を楽しめるお店があります。
和風建築の一軒屋で素敵な佇まい。

今回、小学校の時からのお友達 purinさんとこちらへ。


神楽坂近くに住んでいるpurinさんと前からこちらに来たいと話をしていたのですが、ようやく行けそうな日ができて予約をしてくれました!

前田入り口
お店の裏にはワインバーもあるんです。



入り口を入るとすぐに(掘りごたつ式の?)少し低めのカウンター席があり、料理長の仕事ぶりが垣間見られます。

その前を通りすぎて個室へ。
個室料金もとられないそうで、お庭も見えて気兼ねなく話ができるので 個室を予約したと聞いて、とっても楽しみにしていました。

ん~素敵。
前田個室
その他 テーブル席、和室とあるようです。




こちらのお店、ワインバーも併設していることもあり、ソムリエがいらしてシャンパンやワインも色々あるようです。

purinさんは沢山は飲めないけれど、食事の時には飲みたいな~という方。

それならば一緒に。個室だし赤くなってもいいよね~と、私もお願いしました。
前田ワイン
銘柄、よくわからないのですが白ワイン、飲みやすいとお勧めしていただいた左のワインが私。
右のワインは、グラスワインではめったに出さないという良いワインだそうで、purinさん。

珍しく、美味しい~と思っていただきました。
和食にもとってもよくあいます。全部美味しく飲めました




お昼のおもてなし


加賀  5,250円



旬菜

焼いた生麩の上にもろみ味噌。
もっちもちで、この食感たまりません。
前田旬采



吸物

豆乳の吸い物の中に、大きな手毬麩。美しいです。
吸い物の中にはジュンサイも入っていました。
優しい味わいですが、ピンクペッパーがピリリと味をしめています。
前田吸物



造り
前田造り2



合鴨の治部煮腕

治部煮は加賀の代表料理。大好きです!
特徴的なすだれ麩。その上にはほんのり紫色の生麩。
鴨は衣が付いて揚げられています。わさびを少しずつ混ぜながらいただきます。
一番下にはジャガイモの輪切りが。
前田治部煮
前田治部煮椀


お椀も素敵。

それぞれのお料理、器も美しくて楽しめますね。













焼き物


さわらの焼き物。
よもぎ麩の田楽。
セロリの添え物は甘酸っぱくて美味しかったです。
前田焼き物



酢の物

稚鮎のマリネ。
少し苦味があって、梅酢の香りも良くさっぱりとしています。
白いのはすぐきで、しゃきしゃき感が美味しいのです。
前田酢の物



季節のご飯、汁、香の物

アサリの佃煮に見えるのは、生麩の佃煮なんです。
小さく丸めて作ったんだな~と変な感心をしながらいただく。
クニクニした歯ざわりで、生姜がきいていてご飯がすすむ。
前田季節のご飯




デザート

生麩のデザート。
きな粉、ベリーソースがかかっています。
デザートまで生麩とは。大好きな生麩がたくさんいただけました。
前田デザート



品数もあるコースをお願いしたので、ゆっくりとワインとともにお食事を楽しめました。

話したいこともたくさんあるし、個室でのんびり、写真も撮りたいし・・・。
だいぶゆっくりして酔いもさめて、お店をでたらお昼の時間はもう終わり、支度中の札がでていました。

でも、とっても楽しく素敵な時間を過ごしました。


また来たいな~。



代表的なお料理が一通りいただけて、もっとリーズナブルなコースもあるので用途によって選ぶと良いと思います。



さてと、もう1件 スイーツでも行きますか!
ということで、次回です。


クレープリー ル・ブルターニュ  (神楽坂) - 2010.02.27 Sat



Cafe-Creperie Le Bretagne (カフェ クレープリー ル ブルターニュ)



近くまで来たので神楽坂でランチ。

どこも結構こんでいる。
裏道を曲がったりしながら色々お店を見て歩いていました。

細い坂を登ってこちらのお店の裏のほうから前に出た。

・・・ここに出たんだ。と思いながら店内をふと見たらすぐに入れそうだったのでここにしました。

でもまもなくこちらも満席。
ラッキーだったな~。

ブルターニュ1




ランチタイムだったので、ランチメニューを見てどれにしようか。

お腹がいっぱいになるのはわかっているけれど、ガレットにデザートクレープがついているセットにしました。



こんなにボリュームのあるサラダが付いています!

ブルターニュサラダ



コンプレット トマト シャンピニオン

ブルターニュガレット
かきまぜたまごハムスイスのグリュイエールチーズオーガニックトマトマッシュルーム

目玉焼きとかきまぜたまごがあるんですね。
オムレツの様に完全に混ざっている状態でははく、目玉焼きを焼く途中にフォークで黄身を少し崩して火を通したという感じ。
オムレツっぽかったら嫌だな~と思いながら頼んだんですけど正解でした!

もろ黄身が生な卵より私は好きなのでとっても気に入りました。

チーズもたっぷり、マッシュルームもたっぷりで嬉しいです。




ヴェヌテーズ

ブルターニュクレープ
好みのキャラメルクレープサレ(プレーン、オレンジ、ジンジャー風味の塩バターキャラメル)を選びます。

オレンジにしました。

オレンジ風味のキャラメルがかかっていて、バニラアイスがのっています。

生地がもちもちしていて本当に美味しい。

キャラメルも味がこくオレンジの爽やかな香りがまた良いです。



飲み物も付いています。



メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ  (神楽坂) - 2009.11.27 Fri



Maison de la Bourgogne


神楽坂に用事があって行くことになったけれど、ランチを1人じゃつまらないなぁという気分。
前日の夜に突然、神楽坂の近くに住んでいるお友達に明日ランチに出てこない?とお誘いしました。

予約なしでふらっとこちらに入りました。

こちら、たびたび前を通り過ぎではいたけれど入ったことなかったんだ。


ランチコース ¥1200 
 ・Salade Composee/ミックスサラダ ou/又は Soupe/スープ
 ・Souffle/本日のスフレ ou/又は Risotto du Jour/本日のリゾット
 ・Cafe/飲み物

ランチコース ¥1650
 ・Entree/前菜
 ・Plat/メイン
 ・Cafe/飲み物  

の2コースあり。
今回は1,650円のコース。
けいちゃんとランチ1
ホタテのテリーヌ。
豚肉のバルサミコ。ローストポテト&マッシュルーム。
りんごのタルト。

けいちゃんとランチ2
友人は前菜は同じ。
メインは鶏肉の煮込み。とっても柔らかいです。
洋梨のワインコンポートにレモンのソルベ。

この日はこの後用事があったので、ランチのみでわかれました。



後日、ふらっとまた行きまして、今度はこちらのケーキをいただきました。


ル・コワンヴェール


アグネスホテルの敷地内にあるこちらのケーキやさん。

アグネスホテルケーキ屋


ホテルのティーラウンジで紅茶とケーキといただきました。

アグネスホテル紅茶
マスカットの紅茶。



アルブル・ルージュ (¥480)

アグネスケーキ
フランボワーズをはじめ、色々な赤い果実のムースやジュレが層になっています。
ふわっとして、甘酸っぱいムースケーキ。
キルシュ入りの生クリームがアクセントになったケーキです。

こちらのティーラウンジでは、ル・コワンヴェールのケーキがいただけます。


お土産にケーキ屋さんでケーキを買って帰りました。


ルバーブのタルト
ルバーブタルト
大胆なメレンゲが特徴的。
真っ赤なルバーブが甘酸っぱくて美味しいです。


プリン 、 ピスタチオのブリュレ
アグネスプリン
とろりとした柔らかいプリン。
生クリームがのっているのでよりクリーミー。

ピスタチオのブリュレは真っ赤なベリーの下に。
スプーンですくえば、緑のブリュレが出てきました!




ギモーブ
ギモーブ
カラフルなギモーブ。
オレンジ色は、パッションとココナツのギモーブ。 フルーティーな香りと酸味が美味しいです。
真っ赤なギモーブは、ベリー。中もベリーですが、外にはフリーズドライのベリーがついています。

ミントとバジルのギモーブは、真っ白の中に緑のアクセント。さっぱりとした味と香りです。

ピンクのギモーブはカシスとアールグレー。 紅茶の香りとカシスってとってもあいます。

ギモーブはどれも、とってもふわふわで食感が最高。
香りも爽やかで、美味しいです。

プレゼントにいいな。これは。
お客様、ひっきりなしにきていましたが、皆さんギモーブを買っていました。

アグネスカード
焼き菓子も美味しそうなものがたくさん。
ケークも数種類あります。
そして、日によって安くなっていたりするんです。
嬉しいですね。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード