topimage

2017-09

エシレ・メゾン デュ ブール (ECHIRE MAISON DU BEURRE) - 2017.05.14 Sun



エシレ・メゾン デュ ブール (ECHIRE MAISON DU BEURRE)


フランスの中西部にある、エシレ村でつくられた発酵バター。
木製チェーンの中で練り上げるという昔ながらの製法で作られ、人気のあるバターです。
冷凍することなく、毎週、パリのシャルルドゴール空港から日本に空輸しているんですって!
なので、日本に来ると相当値段が張ってしまいます。

今回はそのエシレバターがクリームの半量という、バタークリームのケーキを有楽町店で購入。
少なくとも開店1時間前あたりから並ばないと購入できません。
1日限定10台なので・・・。(平日、開店1時間前に並んで、9台目でした。危ない!)

ガトー・エシレ ナチュール
エシレ


バターは元々、木型に入れて成型されていて、木型の種類も多様だっととか。
その製法からヒントを得て、このケーキもバターのように独特のフォルムに。
大きなバターという感じです!

バターケーキ


滑らかなバターの香りたっぷりのクリームです。
現在、バタークリームのケーキは減ってきていますが、私は大好きです。
でも、バターが美味しくないと、やはり美味しくないのです。
しっとりとしたスポンジが層になっていて、バタークリームとともに口の中で溶けていきます。
すっごく、すっごく、美味しかったですよ~。
誰もが好きなケーキかと聞かれたら、難しいところではありますので、一般的な手土産としてはどうかな・・・というところはあります。
でも、他では味わえない特別なケーキです!

バターケーキカット
スポンサーサイト

2017サロン・デュ・ショコラ日本(東京国際フォーラム)2日目、SHAKE SHACK - 2017.02.03 Fri



パリ発チョコレートの祭典
サロン・デュ・ショコラ 2017

今年の東京会場は、東京国際フォーラム。
年々、大きな会場へと変わっていき、店舗数も来場者数も増えてきて、行くのも相当気合がいるようになってきました。
ちょうど2日目がお休みだったので、気合を入れて行ってみよう!と心に決め、GO!


10時開場なのですが、8時に着くように行ってみました。
もう、150人位ならんでいるかな。
混雑してきたため、9時45分に開場になりました。

国際フォーラム


お目当てのチョコレートがあれば、まず先にチョコレートを買うことをお勧めします。
1日目で完売になってしまって、2日目以降ないものもありますが、まだあるものも時間とともに、売り切れになってしまうところが、どんどん出てきます。
そういうこともあり、初日はものすごく混雑するのですね。
人気のシェフのショコラがアソートになっているようなセレクションものは、ネットでも買えるのでそんなに混んでいません。


速攻で買い物を終わらせて、イートインものに並びました。
ジェンポールエヴァンは、どんどん人が増えていきます。
まだ、オープン直後だったので、20分位の待ちで買えましたが、あっという間にものすごい列になっていました。





ジャンポール・エヴァン
クッサン ダムール オランジェ


チョコレート生地のクレープです。イートイン1番人気!
オレンジにイチジクの入ったコンフィチュールがたっぷり。
コンフィチュールで有名な、フェルベールさんとのコラボです!
生クリームを絞って、春巻きのようにくるくる。
スリーズ(さくらんぼ)の赤いコンフィチュールのものもありました。

クレープ
温かいチョコレートのクレープ生地はもっちりとしていて、チョコレートの香りが良く、コンフィチュールは爽やかでイチジクのプチプチ感があって、とっても美味しかったです!



和楽紅屋のクールマカデミアショコラ ハートのアイス

辻口さんのお店です。シェフも会場にいらっしゃいました。
キャラメルマカデミア
出来上がっているものを、冷凍庫から出してサーブするだけなので、並んでいてもどんどん進みます!
可愛らしくて、カリッとしたチョコレートと、ふわっとしたアイスが美味しい。





ラデュレ

皆さんご存知、マカロンで有名なラデュレですが、パリにはラデュレのショコラ専門店、Les Marquis de Ladurée レ・マルキ・デュ・ラデュレというのがあります。
普段、ラデュレにチョコレートが置いてあっても、レ・マルキ・デュ・ラデュレのショコラはなかなか見ない。
サロンデュショコラでは、普段見ることができないショコラ専門店のショコラがお目見えします!
メゾン(ブランド)の顔!カメオを模したチョコレート
キャメ・マルキが、超お勧めです!

こんなにエレガントで素敵なフォルム。
シンプルなチョコレートを固めただけ、と思うととんでもないんです!
12種類のフレーバという多さの上、中にはしっかりとクリーミーなガナッシュが入っていて感動ものです。

ラデュレ




GODIVA

あえてチョコレートは売っていません。
このときばかりのチョコレートがあふれている会場で、チョコレートはきっと素通りされてしまうからでしょう。
毎回、ショコリキサーやアイスなどを出し、休憩に使えるようなスペースを提供している感じ。

今回は、普段売っていない、ピノ、のような小ぶりのアイスを6種類出しています。
やはり、限定物がよいですよね。
3個好きなものを選びます。
イチゴ、抹茶、ダークチョコにしました。どれも、間違いなしの美味しさです。
手づかみでいただきますが、使い捨ておしぼりも置いてあるので親切。
歴史の流れを感じる展示、そして店頭に立っていらっしゃる超イケメンのお兄さん達が目をひきました。
女の子たちが一緒に写真を撮っています。
ベルギーの本店にいつか行ってみたい!
GODIVA_20170203163324a99.jpg




ベロ・アンジェリ (日本のサロン・デュ・ショコラ初参加)
黄色いハート「クール・ジョーヌ」はゆず風味のミルクガナッシュ。
赤のハートの「クール・ルージュ」はフランボワーズに黒胡椒をきかせたガナッシュ。

色々

ヨシノリ・アザミ 左箱
巣鴨にあるパティスリー。
パティスリーでは可愛らしいパフェも人気らしい。
そしてフランスのアルザス地方の焼き菓子がたくさんあって魅力的。
アルザス地方のストラスブールには三角屋根の上に、本当にコウノトリがたくさんとまっているのですよ
箱から、もうかわいい!
お店には行ったことがなかったのですが、この焼き菓子セットが買いたかった!
今度絶対に、お店に行きます!



ボナ イチゴを散りばめた板チョコ
カカオ豆の選定からチョコレート作りのすべての工程を自ら手がける数少ないメゾンのひとつです。
フランス産のイチゴが入った板チョコです。
ドライイチゴでサクサクの食感。




11時半少し前に会場を出ましたが、その時45分待ちと案内されていました。
すでに、売り切れもたくさん出ていて、人気チョコレート店、イートインはかなりの列です。
開場2時間前から並ぶのも結構大変だけど、中でそれぞれ待つより、事が早く済むような気もするし・・・。
毎回悩む、サロンデュショコラです。
でも、とっても楽しかったーーー!!!


おまけ
しょっぱいものが食べたい!!
ということで、開場を出て1階にある、ハンバーガーショップへ。


SHAKE SHACK

チーズがはいったシャックバーガー® レモネード+アイスティーのドリンク
スイーツをたくさんいただいていたので、ポテトはやめました。
ハンバーガーはちょうどよいサイズで食べやすいです。
お肉がジューシーでチーズもたっぷり。
 
SHAKE SHACK
平日11時半少し前だったので、比較的すいていました。




ショコラティエ パレ ド オール - 2016.05.15 Sun


ショコラティエ パレ ド オール  (新丸の内ビルディング)



有楽町、ランチすぎの時間、ティータイムにはまだ早いのか、空いていてゆっくりとできそうなのでこちらに入りました。
コーヒーを単品で頼むと、板のチョコレートが1枚付いてきます。

ケーキセットにすると、ドリンクと好きなケーキを選んで、そこに季節のチョコレートが1個添えられてきます。
この日は桜のガナッシュのチョコレートでした。
ケーキはチョコレート店というこでチョコレートのケーキがほとんどです。
有楽町チョコレート

ケーキは、チョコレートとピスタチオ、プラリネのケーキにしました。
色合いもきれいで、色々なチョコレートの味わいを感じることのできるケーキでした!
 
ピスタチオ

今半 (有楽町店) - 2016.01.17 Sun

今半(有楽町店)

お正月2日からの営業開始。
年末の忙しさの時から、ずっと楽しみにしていた新年のすき焼きです。
お正月なので、お神酒がでました。枡はお持ち帰りです。

今半お神酒


お正月らしい、かわいらしい器にもられた品々。
前菜


牛三昧すきやきコースなので、ローストビーフの握り、ステーキも出てきて、色々な美味しさを味わえました! 
肉三昧


ほど良くお腹が満たされてきた頃、すき焼きです。
はじめお肉だけを焼いてくださり、いただきます。美味しいです~。すき焼き
次に、他の具材を仕上げてくださいます。見事な手つきに惚れ惚れしながら、お店の方とお話をし、できるのを待ちます。お肉はもちろんのこと、お麩も白滝も今半ならではの絶品食材です。


たまごごはん
最後のお食事は、卵かけご飯を作ってくださいます!
ふわふわで甘辛い卵がご飯にのったら、これは満腹だって簡単に食べられちゃいます。



最後のデザートは、淡雪寒のようなムースに、洋ナシといちご。
さっぱりとした味わいで、最後をしめくくり、大満足でした。

デザート


なかなか来店することができませんが、次回を楽しみに。
そして、今年も頑張ろう!と思いました。


東京ロビー(有楽町 キッテ) - 2014.10.26 Sun

東京ロビー


キッテに初めていきました。
ランチは他ですませていたので、一通りみてからどこかでお茶を。

入り口が外にあるこちらは、ちょっと穴場のようで人の流れがここまできていないみたい。
わりとすいていました。
でも、珈琲が美味しそう。UCCのお店みたいです。

むむ、なんだか気になる珈琲があったので、二人でそれぞれを一杯ずつ。
ドリップ方法も好みで変えられます。
珈琲おすすめ

こちらは、コスタリカ。
少し酸味があり、すっきりとした味わい。鼻にぬける香りが良いですね。

それぞれ味わうともちろん味わいは全然ちがいます。でも言葉にするのは難しい・・・。
印象は、程よい酸味、苦みが調和がとれれている、やさしい味わいでありました。
いい豆ってどこかが、とびぬけて特徴的ではない、様々な部分の調和なのでしょうか。
こんな舌の持ち主てある私にはもったいない、珈琲かもしれません

1000円コーヒー
でも、美味しかったです!



クレール。
ワッフルのふわっとした食感のもの。
クレープでもパンケーキでもありません。少しもっちりとした感じのこれをクレールというのね。
きって有楽町


珈琲にはこういうの本当に合いますね。
秋の果物と、アイスクリーム、カスタードクリームに生クリーム。
タタンという名がついているように、キャラメリゼしたリンゴがポイントになり美味しかったです

ワッフル


ランチメニューもありました。
シュークルートや、カスレなどがあり、ちょっとびっくり。
UCCの珈琲が飲めるちょっとしたカフェという庶民的な印象から外れ、フランス地方料理なんかもおいてあるという。
なかなか、奥深い気になるお店でした。


また行ってみようと思います。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店、 クリスピークリームドーナツ - 2014.08.10 Sun

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店


休日、まわりのお店はとっても混んでいるティータイム。
こちらは運よく席があいていまして、冷たいショコラショーをいただきました。
カウンター席のみとなりますが、静かな店内でくつろぐことができます。


ショコラショー
メゾンドショコラ。ショコラショー
香りの良い苦みのあるショコラ。
体にしみわたって、疲れがとれます。
 




クリスピークリームドーナツ

ドーナツアイス
夏になると出てくるこちらは、去年も食べたなあ。
今年はお皿ではなく、カップに入っていて食べやすくなっていました。
味も今年ならではのものが、2種類ありました。

クリスピークリームドーナツ

定番商品のドーナツ、オリジナル・グレーズドに、バニラアイス、ヨーグルト、ナッツ、キャラメルポップコーン、キャラメルがのっています。
もちろん、ドーナツは温め直してくださっているので、ふわふわもちもち。
ドーナツが温かく、アイスが溶けないうちに一気にいただくのが醍醐味です。



イノダコーヒー、 エシレ・メゾン デュ ブール  - 2013.09.01 Sun

イノダコーヒー


久しぶりにこちらに来ました。お昼時だったので少し混んでいましたが、1人だったのでカウンターにすぐに座ることができました。

カウンターは窓に向いた席なので、外が見られて好きな席です。

ケーキセット。アップルパイとコーヒーを頼みました。

イノダコーヒー

たっぷりと詰まった琥珀色のリンゴ。
リンゴの食感がシャリッと残っている。爽やかなリンゴの香りでフレッシュ感のあるアップルパイ。
底生地が薄くしっかりと焼けていて美味しいです。
アップルパイ





エシレ・メゾン デュ ブール


クロワッサン(トラディション)

エシレトラディション

私はこちらのクロワッサンの中でトラディションが一番好きです。
バターの香りと香ばしさ、パリッとした食感。朝食が楽しみになります。
クロワッサン


ショソン・オ・ポム
ショソンポム
しっかりと焼いたパイ生地がとっても美味しいです。
中身はびっしりとリンゴが詰まっていて、ずっしり重いんです。
あめ色にしっかりと煮たリンゴ。贅沢な気分になりますね~。




ショソン・ナポリタン
ナポリタン
カスタードクリームとラムレーズンがおり込まれていています。
しっとりとしているけれど、まわりはサクサクッ。
粉砂糖がふってありますが甘すぎないんです。
こちらもなかり好み。

クロワッサンももちらろん、こちらのヴィエノワズリーはどれも満足できると思います。
 




エシレ村の郷土菓子、ブロワイエ


ブロワイエは、エシレ村のあるポワトゥー・シャラント地方の、バターたっぷりのリッチな銘菓だそうです。
ブロワイエとは「砕く」という意味で、大判に焼いて真ん中から砕き、皆で分けあって食べるところからその名が由来しているとか。

素敵なラッピングがされているものは、プレゼントにも良いです。

ガレット


モノクルカフェ - 2012.05.07 Mon

THE MONOCLE CAFE モノクルカフェ (有楽町阪急メンズ館 B1)



キャロットケーキ と カプチーノ

メンヅ館カフェ


キャロットケーキ、ずっしりと大きなボリュームのある1切れ。
スパイスは控えめ、レーズンやココナツなどがはいっていて上にアイシングとクルミ。

キャロットケーキ
美味しかったです。しっとり、ほろっとな食感。


スパイスは控えめですが、多くの方に好まれるにはこのくらいでよいのかもしれません。

お家でも作ってみようっと。私は自分好みにもうちょっとスパイスをきかせて、クリームチーズアイシングをたっぷりのせよう・・・と思いながらいただきました。





アンデルセン デニッシュハート


いつも並んでいるのですが、この日はちょっとすいていたので始めて買ってみました。
ちょっとしたお土産によさそうな、ミニサイズのデニッシュ。

ミニサイズは、シュガーとくるみの2種類しかこのときはありませんでしたが、抹茶もあるみたいです。
その場で焼いているので周り中がとても甘い良い香がして、なおさら並びたくなってしまうのでしょうね。

ハートデニッシュ
パールシュガーの食感がさくっとしていて美味しい。
くるみも香ばしくてカリッとしていて美味しかったです。



カンパーニュのフレンチトースト - 2012.05.03 Thu


cafe Chou Chou



有楽町丸井5階にあるカフェ。

カンパーニュのパン・ペルデュ(フレンチトースト)があります。
パン・ペルデュは固くなったパンという意味からきていているのですね。

お店外観

可愛いフランス調の壁紙の棚にフランス食器。
白木の椅子や黒い皮の椅子など、あえて揃えていない椅子も雰囲気の1つで面白いです。

水差しの瓶もテーブルで違うものがくるのでまた赴きがります。
店内壁紙



カンパーニュのついた食事系もありましたが、目的はパン・ペルデュ。

デザート系とサレ系がありますが、デザート系の甘い方にしました。



季節のパン・ペルデュ・シュクレ(季節のジュレ+ヨーグルト添え)

季節のジュレは、イチゴとハイビスカスです。

フレンチトースト季節のジュレ


2枚あって、バターがのっているのと、ヨーグルトがかかっているものがあったので、それぞれジュレをつけたりアイスをつけたりと、味わいを変えながらいただきました。



カンパーニュフレンチトースト
酸味があるカンパーニュはもちっとした食感もあるので、また違うパン・ペルデュ。
さっぱりと感じるかもしれません。

とても美味しかったです。





ヴィロン (有楽町) - 2011.03.21 Mon

連休初日、娘のコンタクトレンズがきれそうだったので有楽町の眼科へ行きました。

電車の本数はまだ少ないので、いつものお休みの日よりも電車は混んでいましたね。

でも、有楽町の街や店舗などには人は少ないような気がしました。
眼科は激混みでしたが・・・。


用事が済んでお昼をどこかで食べようかと思い、近くのヴィロンに立ち寄ってみました。
いつもは予約をしないと入れないランチタイム。

この日はすんなり3人、入ることができました。


夜間の停電などもあり、外食産業もかなりの打撃があるよう。
人がはやりあまり出ていないので、どこのレストランも大変なようですね。

小さいお店ほど経営が大変になってしまうのではと思います。




有楽町ヴィロン




11時半から14時のランチタイム はメインのお皿を一皿頼んで、食べ放題のバケットがついています。


この時は焼き立てで、思いっきり熱いバケットでした。
こんなに焼きたては初めてです。
もうちょっと落ち着いたほうが美味しいかも。
バケット



バターは別売りでエシレバターがあるのですが、この日はアラカルトに自家製白レバーのムースというのがあったのでそれをパンのお供にたのみました。

カラメルがアクセントになって、とっても美味しかったです。
バケットがすすむ、すすむ。
はじめ1人2個分はバスケットに入っていたのですが、さらにおかわりもしました~。
白レバーのペースト




いんげん、トマトロースハムのサラダ  1,260円
サラダランチ
上にカリッと揚げたオニオンがのっていて香ばしいです。
パセリの香りがきいていて、ボリュームたっぷりのサラダ。



鮮魚のポワレ サフランクリームソース  1,470円
魚のランチ
アイナメとサーモンの2種類がのっていて、ボイルインゲンにポテトフライ。
茸入りの少し酸味のあるサフランクリームソース。
カリッと焼かれた皮もおいしく、ソースもパンにつけていただきました。



やまゆり豚ロース肉のロースト、トマトソース  1,470円
豚肉のランチ
グラタンがついているボリュームたっぷりの一皿。
これは娘がメインで食べていました。やっぱり若いのね。
お肉も1.5センチ位の厚切りのもので、しっとりとした柔らかいお肉でした。




メインがすんで、デザートをお願いしました。


マンゴーのリエジョワ(パフェ) 
マンゴーリエジョワ全体
マンゴーリエジョワ
アイスがヨーグルトのジェラートで、パッションフルーツをスプーンで混ぜながらいただきます。
とってもさっぱりとしているパフェでした。

とろりとしたマンゴーはペルーのマンゴーだそうです。




ババ 
パパ、ラム酒
ボトルに入ったラム酒がついてきます。
ラムシロップではなくラム酒にバニラビーンズオレンジの皮を入れて香りを出してあるものなので、アルコールが強いので気をつけてかけてくださいとのこと。

ババ断面
ラムにプラスαした優しい香りが、またまた美味しさをアップさせますね。

カプチーノ、カフェ




本日のタルト  (ミラベルのタルト)

ヴィロンミラベルのタルト
半径の大きなタルトです。
かなり大きな型で焼いているんだなーとびっくり。
ミラベルのタルトアップ

焼き色のしっかりついた、サクッとしたタルト生地。
美味しいミラベルのタルトを食べられて嬉しかったです。
紅茶、ミラベル




ミニカヌレ、 マドレーヌ
カヌレ、マドレーヌ
お土産に買いました。
ミニでもしっかり美味しいカヌレでした。

焼き色しっかり目のマドレーヌ。
裸のまま売られているのがフランスっぽいです。




まだまだ被災地では食べ物足らないという一方、東京やその他の街では外出する人が減って経済的損失が大きくなってきているとか。

買いだめなど必要でないものを大量に買い込むことは避けたいですが、むしろ元気な街はできるだけお金を使って経済を盛り上げていかなくてはいけないようです。

できる範囲の寄付金をして、その後少し節約すれば・・・と思うと、外食も減っちゃうし。
なんだか複雑な思いです。

できるだけ普通の、いつも通りの生活をおくるように心がければ良いのでしょうか。
節電は続けて行かなくちゃね。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード