topimage

2017-03

DEAN & DELUCA (東京ミッドタウン) - 2009.04.24 Fri


買い物の合間に・・・。

ちょっとお腹すいたなあ、でも帰ったらすぐ食事だし。
いまひとつだなと思いながらこんなチョイス。


カレーパン

四角く切ったパンがカリカリで食感が楽しめました。
2009042416430000.jpg


2009042416450000.jpg





チョコレートのスコーン

2009042416440000.jpg

2009042416520000_20090424212117.jpg
チョコチップが入ったチョコレート生地のスコーン。
さらにチョコレートでコーティングされているのでかなり濃厚。

カフェオレとよくあうわぁ。
フォーク、つけてくれたけれど結構かたくてささりません。
手で割っていただきました。

フォークはカレーパン用だったのかも・・・・?



にほんブログ村 スイーツブログへ
スポンサーサイト

Patisserie Sadaharu Aoki Paris、  DEAN & DELUCA - 2008.06.02 Mon

お菓子教室が早く終わったので、何か飲んでから帰ろうと寄り道。

東京ミッドタウン、ケーキはお菓子教室の帰りなので興味はなくなっているので、夕食に何かないかな~とか、スーパーもあるので帰りによるのはうってつけなんです。   




Patisserie Sadaharu Aoki Paris


サダハルアオキでパンを買ってみようと立ち寄りました。
カフェに入る人たちは並んでいましたよ。


CIMG5681.jpg



CIMG5695.jpg
とっても厚みのあるスコーン。

CIMG5702.jpg
チョコチップ。

CIMG5699.jpg
オレンジピール。




パンもかなり種類が増えたようでキッシュエシレバターを使ったクロワッサンヴィエノワズリー(デニッシュ類)がたくさんありました。

土日限定のプチヴィエノワズリーというのがあって、色々食べてみたい!という私には嬉しい。
そのプチヴィエノワズリーをいくつか買いました。


CIMG5698.jpg


CIMG5703.jpg
チョコレートと餡をあわせたものが入っています
チョコレートの味がまさっていますが、餡の粒も感じます。

サダハルアオキでは パリでも日本の味を取り入れたものを作っているので、やはりそういったアイテムを味わってみたいなぁと。抹茶とか餡とか求肥とか・・・

まだまだ買いたいものはたくさんあったけれど、自分で作ったケーキ1ホール持ち歩いての買い物なのであきらめました。





DEAN & DELUCA

CIMG5686.jpg


CIMG5684.jpg

ジンジャーアップルビネガーサイダー

なんだかとっても疲れがとれるような取り合わせというかネーミングというか・・・。
店頭で見かけてこれ飲んで帰ろう!と即入店。

ジンジャーのスーッとした香りとアップルビネガーの酸っぱさ、サイダーのシュワー!
なんかとっても体が喜んでいるような気がしました。




にほんブログ村 スイーツブログへ

patisserie Sadaharu AOKI paris (サダハル アオキ) - 2008.04.21 Mon

CIMG3339.jpg

お菓子の学校へ行く前にちょっと時間があり、近くの東京ミッドタウンでランチをしようと・・・。
色々悩んだあげくにサダハルアオキでランチもあるんだぁと思い、もちろんデザートのケーキにも惹かれてここにしました。

私のお気に入りのお店ですが、いつも行くのは有楽町店で最近は店内もサロンも撮影禁止マークがついています。
こちらは見あたらなかったので、店員さんにうかがってみると、店内のケーキなどはだめみたいですが、自分が頼んで出てきたものは撮影OKということでした。
CIMG3315.jpg





CIMG3325.jpg
本日のパスタ
海老とスナップエンドウのトマトクリーム
甘いスナップエンドウ、プリプリの海老がごろごろとたくさん入っていました!



CIMG3329.jpg

CIMG3331.jpg
季節のキッシュ
筍と海老のキッシュ

旬だなと思ってこれにしましたが、食べてみるとちょっと茶碗蒸?っぽい
やっぱりノーマルなほうれん草やベーコン、チーズなどにしておけばよかったな。
とってもサイズが大きくサラダがたっぷりとのっています。
でも、筍、海老、パイの食感がそれぞれ違い、素材の香りとチーズの香りも良くて季節を感じながらいただきました!



CIMG3332.jpg
デギュスタシオン(6種類のケーキ盛り合わせ)

サロンのみのデザートもあるのですが、どうしてもいつもこれを選んでしまいます。
代表的なそして人気のあるもの6品が一口ずつ食べられるんだもん!
こちらのケーキはわりと甘味もしっかりしていて、1個食べると満足してしまうので2個は食べられないのですが、これだと様々な味わいで食べられてしまうんですよね。

生地やクリーム、ムースなどの構成や食感が様々で目新しい生地もあり、同じチョコレートのケーキもナッツのものやフルーティーなものと、味わいにも変化が富んでいてとっても満足。

でもこの日は2人でこのミニサイズをさらに分け合って食べたので、1人1個だもの。楽勝です。


CIMG3340.jpg





ディスプレーがとっても綺麗です。

チョコレートもマカロンも色鮮やかでお菓子自体がアートだなあ。

















カラフルなショコラ・・・。

Bonbons maquillages :ボンボンマキアージュ
(Chocolat ganache :ショコラガナッシュ)
CIMG5138.jpg

CIMG5135.jpg




にほんブログ村 スイーツブログへ

Toshi Yoroizuka  (バースデーケーキ) - 2008.04.05 Sat

CIMG5397.jpg今日は私の誕生日なのです。 
お菓子の学校へ行ったのですが、今日はデモのみだったのでお持ち帰りのケーキもなし。

場所も六本木だったので、では
Toshi Yoroizuka でアントルメでも予約してみようと、数日前に予約をしました。

ロウソクももらえますがそれはなしにして・・・ 誕生日のプレートだけつけてもらうようにお願いしてみました。

ピンクのチョコレートが絡み合うように繊細にデコレーションされ、金箔がゆらゆらキラキラ


誕生プレートの後ろには赤いミニローズが隠れていて、華やかだけれど控えめな、お祝いの気持ちが感じられるデコレーションですよね。

HPのランスというケーキの写真をみて、これが可愛いなと思い注文しましたが、それよりももっと可愛らしくてとっても気に入りました!





CIMG5402.jpg
Reims  ランス 


下がダコワーズのしっとりとした生地で周りがもこっ もこっと花びらのようにふくらんでいてそれがとっても可愛い。

上がシャンパンのムースになっています。
シャンパンのムースというのはシャンパン風味を出すのが結構難しいらしいのですが、こちらは しっかりとシャンパンの風味を残しています。
確かに風味がしっかり残っていますが酔ってしまうほどアルコールは強くはありません。中3になった娘も平気で食べていましたから。




CIMG5404.jpg

中にはクレームパティシエール(カスタードクリーム)と苺がたっぷりと入っていてこれまた嬉しい!

シャンパンと苺というのはとっても相性が良いとか。
・・・お酒のことは良くわからないのですがそう聞きます。

シャンパンと苺の香りのバランスがよく、さっぱりとして爽やかな、男性でも軽く頂けるケーキですね。
これは絶品! 
8人で8等分にしていただき、あっという間になくなりましたが、もっと食べた~い!と久しぶりに思う1品でした。



お花をいただきました! ありがとう! CIMG5406.jpg














CIMG5403.jpg














CIMG5407.jpg追記

Toshi Yoroizuka フィギュアランスがありました!

チョコレートが太いなあ。











にほんブログ村 スイーツブログへ

TOSHI YOROIZUKA (東京ミッドタウン) - 2008.01.06 Sun

お正月が終わり始めての土曜日。とは言ってもまだ正月休み中の方も多い週末・・・。
今日はどこへいこうかなぁ。娘は早くも部活が始まりお弁当をもって学校へ。
主人はもちろんラーメンだよ~ん。

私は東京ミッドタウンへ。


CIMG4424.jpg別に目的のお店はなかったのです。どこか適当にはいろうと。

でも、ここにきたら一応「Toshi Yoroizuka」はチェックしてと・・・。

11:05 になっていたのでサロンのお客さん第一陣はもう入っており、店頭の案内はただいまの予約時間14:30となっていました。

開店時間11時なのに、もうこんな時間まで一杯なんですよ!

開店前9時頃から名前を言えるらしいのですが、ちょっと大変過ぎる。



でも、一応人数と名前を書いてくださるドアマンの方に「1人です。」といったら、
今1名様お席が空いております。」と言われました!


以前もそうでした。1人だと意外に席が空いていたりするのです
前回、今回ともに待ち時間ゼロ。なんてラッキーなのぉ。




L (エル)字になっているカウンター席。
奥から(L字の上の席から)お客様が座っていくので、L の一番右端の席が1席空いていることが多いです。

この席は鎧塚さんのお顔を間近に正面から拝見することはできませんが、私はこの席は忙しくデザートを作っている鎧塚さんの手元が垣間見ることができるので好きなんです!
こんな感じに見えます。
CIMG4397.jpg   CIMG4407.jpg



クルスティヨン・カフェ 1,200円
CIMG4410.jpg
温かいキャラメルソースサブレ生地ノワゼットアイス
その上にはコーヒークリーム
パリパリのパータ・フィロ薄いショコラミルフィーユのように仕立ててあります。

一番上に飴細工が高々と!
素敵~

様々な甘さとほろ苦さ。
とろりとしたクリームやアイスにショコラとパータ・フィロの違ったパリパリ感。サブレはサクサク。
温かいソースと冷たいアイスの温度の違い。
すべてが詰まった1品でした!


私が大好きな味の感覚全部使います!というようなデザート。
ん~、さすがだ。他のデザートもどれも美味しそうだったよぉ。

その他のデザート
*和栗のモンブラン
*タルトタタン
*洋梨のミルフィーユ
*スフレショコラ
*ビスキュイクーラントショコラ柚子風味
*フロマージュのタルトとアイス、塩風味



順番にデザートを出していき(種類によって前後しますが)、全員に出し終わるとカウンターの中も落ち着きます。

皆さんが食べている間、鎧塚さんは微笑みながら周りを見回して空いたお皿をさげたり、お客様の様子をうかがってくださっているので、お話しようと思えばできますよ

私のところにお皿をさげにいらした時に「おいしかったです、ごちそうさまでした。」と言いましたが、私が帰るそぶりをし始めたら「お会計ですか?お席でいたしますので少しお待ちください。」と鎧塚さん。
スタッフの方が明細を持ってくるまでしばらくお見合い状態で、何を話そうかしら・・・と思いながら何もお話はできませんでした。席で会計を済ませてごちそうさま



サロンから数段階段を下りて、持ち帰りのケーキのショーケースを眺める。何か買って帰ろうとは思ったけれど、まだ他に買い物もしたいし常温で持ち歩けるものにしようかな。
CIMG4421.jpg




TOSHI MANDEL KRONE  1,050円
CIMG4438.jpg

CIMG4449.jpgだったらこれにしようっと!

サクサクパイが少し塩味がついていて、中に本当に たっぷりとクレム・ダマンドが入っています。
シナモン風味のシュトロイゼルがサクサクで、見た目も味も素朴なでも素材の味がギュッとつまったお菓子です。




CIMG4451.jpg

以前から気になっていたトシマンデルクローネ

トシという名前がついているのは、鎧塚さんの思いがたくさん詰まった思い出のお菓子だからです。

箱には右のような説明書きがついています。
詳しいお話はこちらのシェフズ・ストーリー、その中のVOL.10へ。
是非ご覧ください。
www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/





サブレ・ショコラ 550円、  サブレ・アマンド  550円
CIMG4437.jpgCIMG4441.jpg


12時頃にお店を出ましたが外のご案内はこんな時間に。凄いね。
CIMG4422.jpg



そうそう忘れるところでした!

TOSHIオリジナルCAKEフィギュアが発売開始したんです。
第一弾「ジャンピエール」「トシマンデルクローネ」など、人気商品6アイテムが登場!
買ってしまいました!

季節ごとに第四弾合計24種類が発売予定らしい。
一個 ¥400(税込み)
ストラップにもできる袋つきです。


トシマンデルクローネ フィギュア
CIMG4463.jpg
焼き上がりの陥没した感じに作ってほしかったな。なんてね。


CIMG4452.jpgCIMG4453.jpg

こんな袋がついています。 大きさはこの位。
CIMG4454.jpgCIMG4458.jpg

CIMG4457.jpgこんな種類があります。

今度 他のケーキを買って比べてみようっと!







にほんブログ村 スイーツブログへ


Toshi Yoroizuka (東京ミッドタウン) - 2007.08.09 Thu

Toshi Yoroizuka

東京ミッドタウン
にできたと知ってはいたものの、なかなか行けずにおりましたが、今日は平日休み。オープン時に行ってみようかな・・・。と1人で出かける。

でも、ちょっと家を出るのが遅くなりましてオープンの11時少し前につきました。(30分位前に着いて並ぶつもりだったのに)

「1回目に入れないと次入れるのが相当遅くなってしまいそうだな。恵比寿のお店の時も相当待ったからな~。」と色々考えながら、一応名前を言っておこうと前へ。「次は12時半頃になります」と言われましたが、人数を聞かれて「1人です」と伝えたら、「おひとり様なら1回目に席が空いておりますのですぐにどうぞ」と言われた!

「やった~!なんてラッキーなのぉ」仕事中の主人に嬉しさをメールで伝えていざサロンへ。

お店の前は開けていて、テーブル席で順番を待つことができます。
以前の恵比寿のお店だと店内のケーキ(サロンのデザートではなく)を外のテーブル席でいただけたのですが、それはできないようです。混んでいたので外でいただきたいとおっしゃっている方がいらっしゃいましたがダメみたいでした。
CIMG3192.jpgCIMG3184.jpg




スイカのミルフィーユ 1200円

サロンはカウンターのみで14席位だったかな。
店内は暗い照明でお客様のお皿が出されるところと、カウンター内の作業をする手元はスポットライトで明るく照らされています。ミッドタウンというイメージ?

オーダー順にデザートが出来上がって出されていきます。「あれもおいしそうだな~」と目移りしながらカウンター内で1つ1つ丁寧に作っていく鎧塚さんをジ~っと見ながら思っていました。
でも一番人気はやはりスイカのミルフィーユのようでした。

スイカは水っぽいのでパイに挟む事なんて絶対にないですよね。作ってすぐにお客様に出せるサロンならではのデザートです。

口の中に入れるパイ生地はサクサクッと、そしてスイカの果汁がジュワ~っと出てきて、クレームパティシエールのとろんとしたのがあいまってすっごく新しい味わい。パイ生地とみずみずしい果汁を一緒に食べられるのってあまりないかも。それにこのスイカが本当に甘くてジューシーで美味しい!それに種が1つもなかった。上にはカシスのシャーベットがのっています。



洋梨はちみつのオリジナルティー 
POOH 650円


あっと言う間に食べ終わって、美味しかった~と余韻にひたりながら紅茶をいただく。ポットなので3杯くらいはあります。

食べ終わってしまっても、他のデザートに惹かれてしまった方は追加注文をしておりました。2人で1つを追加していた方には余分にもう1枚お皿を持ってきてくださっていました。そしてのんびりいただいていますので回転が悪い訳です。半分くらいは1人の女性でしたよ。




にほんブログ村 スイーツブログへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード