topimage

2017-03

カフェマメヒコ (渋谷) - 2016.12.11 Sun

CAFE MAME-HICO

とても落ち着く雰囲気なので、気に入っていたこちら。
いつも混んでいるので、すんなり入れることは少ない。
この日は、比較的空いていてすぐに席へ。
すると、今度から席代がとられるようだ。
びっくりすることに、時間帯によって料金は異なり、700円代後半~800円以上の席代がかかります。
その分、コーヒーが安くなったと説明を受けました。
コーヒーが1,000円以上の方ががまだいいのに。
美味しいものに、それなりの金額を払うのは、なんとも思いませんが、コーヒー、食べ物よりも高い席代は、なんか釈然としない。

そのせいで、空いているの?

コーヒーも焼きりんごも美味しかったけど、席代にしては高すぎます。
それでも行く人はいるのでしょうが。

席代を払ったのだから、少しのんびりいようという気持ちになり、ゆっくりとくつろがせていただきました。



焼きりんご
カフェマメヒコ
丸々1個のりんごを使った焼きりんご。
甘すぎず、美味しかったです!
プラス料金でアイスクリームをトッピング。
焼きりんごを、もっと高くしても良いから、この席代は~~、とまたまた考えてしまう。

くつろぎの場所だったのにな・・・。
なんとも残念な気持ちで一杯になったのでした。
円パンも好きだったのにな。
今後、行くか悩んでしまいます。




スポンサーサイト

ヴィロン渋谷 - 2016.10.16 Sun

VIRON ヴィロン渋谷

2時少し前についたので、ランチタイムぎりぎりの入店。
誰も待っている人がいなかったので、すぐに案内されました。
ランチメニュー、鴨肉が売り切れ、豚のローストマスタードソースになっていました。
お肉の気分だったので、それに。
なんといってもヴィロンは、アツアツでカリカリむっちりのバゲットが好きなだけ食べられます。
メインが来る前に、お腹が一杯になってしまいそうですが、パンだけ先に食べ始め、幸せ気分に。

ヴィロン渋谷
しっかりとしたメイン。肉もソースも美味しく満足。
デザートは季節のケーキを頼みました。

栗のシャルロットケーキ。
中は栗のムースでつぶの栗も入っています。
シャルロットというのは、女性のつば付き帽子のことです。ケーキのまわりが、棒状に絞ったビスキュイ生地で包んだつくりになっています。
秋を感じるデザートで美味しかったです!


ヴィロンのプレミアムなモーニング、まだ行ったことがありません。
今度行ってみたい!でも、かなりの人気なので、待つようです。
相当な気合が必要だな。
 

松濤カフェのローストビーフサンド、 カフェマメヒコのレアチーズケーキ - 2015.08.23 Sun


松濤カフェ (Bunkamura店)

軽くランチを、ということでこちらへ。
ローストビーフサンドのSSです。
Sになると、このカットが倍になるそうです。
普通サイズをたのんでしまったら、相当な量になると思います。
これで、ローストビーフが60gだそうです。
松濤カフェ
ロースとビーフサンドS



カフェマメヒコ


定番のスイーツ、レアチーズケーキです。
薄いタルト生地の上に、レアチーズがスプーンで盛られているという感じです。
レモンソースがかかっています。
甘さ控えめで濃厚、シンプルですが満足できる、ちょっと食べたい時にお勧めなスイーツです。

カフェマメヒコレアチーズ
レアチーズ

茶庭 然花抄院 渋谷ヒカリエ シンクス店 - 2014.01.05 Sun


「茶庭ノ膳」 抹茶とセットで1500円

お菓子3種セットjpg
中央の抹茶のお菓子は、抹茶のフォンダンショコラのような感じで、中に抹茶クリームが入っています。
手前の小菓子もついていて、食べ応え十分。
黒い丸いものは塩昆布を丸くしたようなもの。お菓子を食べている途中につまむと美味しいです。



こちらも、お菓子1品と抹茶のセット。
小菓子は付いています。
お芋栗セット
お芋拡大
さつま芋と栗を丸めた、芋羊羹のような味。
周りのカリカリとしたそぼろを付けていただきます。


窓が大きくて明るく、すっきりとした内装。
落ち着いてお茶ができました


焼きたてチーズタルト専門店PABLO - 2013.05.06 Mon



焼きたてチーズタルト専門店 PABLO



渋谷にオープンしたチーズケーキのお店、パブロ。

娘が買ってきてくれました。
渋谷チーズケーキ



焼きたてチーズタルト ミディアム  780円
チーズケーキ


ふわっとした食感で軽い味わい。
さっぱりとした感じなので、4分の1は食べられます
チーズケーキカット



サブレルチーズ 840円 (10枚入り)
チーズクッキー
生地にパルメザン、クリームにゴーダチーズを使用しているそうです。

生地自体チーズの香りがとってもするので、クリームがサンドされているのですが、チーズクリームなのかそうでないのかが良くわかりませんでした。
ホワイトチョコレートの味もします。

サクサク軽い食感のラングドシャなのに、濃厚なチーズの味わいにびっくり。
いままでにないチーズのクッキーです。

タルトよりもお値段が高いけれど、私はチーズタルトよりも断然こちらの方に感動しました

パッケージや紙袋も可愛いです。


ゴントラン シェリエのパン (渋谷) - 2013.01.30 Wed

GONTRAN CHERRIER  ゴントラン シェリエ


夏から気になっていたこちらのパン屋さんへ行ってみました。

渋谷
イートインスペースは1階と2階にあります。

ゴントラン シェリエ



クロワッサンのコロネの中にマロンクリームが入った、モンブラン
モンブラン


クロワッサン。
パン メロン。(オレンジピールが入ったクッキー生地で中はクロワッサン生地)
クロワッサン、メロンパン



イカスミのバケット

イカスミのバケットに振りかけてあるのは黒ゴマではありません。
グランド ニジェルというブラッククミンとも呼ばれるスパイスで、ピリッと辛く、さわやかな酸味も感じられるスパイス。家に帰って、スモークサーモンとクリームチーズ、水菜をサンドして食べました。
美味しかった

この独特な香りが苦手な方もいるかもしれません。
始めはんん??と思いましたが、慣れると意外に美味しいかも~。癖になる味です。
イカ墨バケット
その他、バジルとチーズのパンに、プチパン5個セット。
プチパン5個セットはどれもフワッとしていて香りがよく、味も様々でお勧めです。


カフェスペースもなかなか良さそうでしたので、今度は立ち寄ってみたいです。





よーじやカフェ 渋谷ヒカリエ店


軽くランチをしました。

キャベツとシラスの和風パスタ
よーじやカカプチーノ

よーじやカフェ


チーズと味噌のリゾット
抹茶ラテ
よーじやカフェ2



渋谷ヒカリエ - 2012.06.17 Sun

雨の平日、母とヒカリエに初めて行って来ました。

雨の日は地下と直結しているので、とっても便利です


レストラン街はまだまだ混んでいました。
オープン時の11時に上へ行ってみたのですが、すでに人気のお店には列ができています。

ヒカリエオープンの10時から並んでいるのでしょうか・・・。


酢重ダイニング

母が一緒だったので和食のお店にしました。
お店は迷っていると、どんどん一杯になって何処にも入れなくなりそうです。

酢重正之商店がやっているダイニング。
軽井沢と東京にレストランがありますが、味噌・醤油や穀物といった和の伝統食材を使い、信州の旬野菜を用いた料理や酒類がそろっています。


ランチのセットにしました。
白米と玄米が選べて、メインのおかずも3種類から選びます。
こちらは、銀ダラの西京焼き。
ヒカリエ、ランチ
野菜がたくさん取り入れた構成だったので体によさそうです。





茶庭 然花抄院 ZENKASHOIN

食後のデザートは・・・京都室町に本店を構える御菓子司「然花抄院(ぜんかしょういん)」の和カフェです。

写真上:
ほうじ茶のアイス、寒天などとカステラのパフェのような、焙じ和栗丸

小皿には山椒が香る昆布の佃煮 「玉しぐれ」 と、おもしろいの勾玉のかたちをした  「室町傍瑠」 。
卵黄たっぷりの「然」かすてらの生地をさっくり焼いたぼうろです。

こちらは他の甘味にもセットでついているようでした。
もちろん下のセットにも。 
ヒカリエ、京都甘味処
写真下:
「茶庭ノ膳」は然花抄院おすすめのお菓子3種をを味わえるメニュー。
抹茶付きは1500円、コーヒーまたは紅茶、日本茶(煎茶・玄米茶・京番茶・昆布茶)付きは1400円でいただけます。

小枝のかたちをしたおせんべい「薪」
黒糖を使った生地を二度焼きし、かりっとした食感です。

中央は抹茶のカスタードクリームを抹茶カステラの中に流し込んだ「聖花冠抹茶」
そして、人気の 「然」 かすてら。丹波黒豆を食べて京都で育った鶏の卵を使用した紙焼きかすてらです。




「渋谷ヒカリエ ShinQs」フードステージB2

「スイーツガーデン・ユウジアジキ」安食雄二シェフ×「パティスリー・アカシエ」興野燈シェフのスペシャルコラボ販売イベント(6/7-13)を開催していました。

横浜・北山田の「スイーツガーデン ユウジアジキ」と埼玉・浦和の「パティスリー・アカシエ」は両方とも好きなパティスリーですがちょっと遠くでなかなか行けない。

こんなところで買えるとは。


安食さんのお店で3品買いました。


ミラネーゼ

ヒカリエ、安食ピスタチオ
ピスタチオのムースの上に、イチゴのソース。
中にはチョコレートのスポンジとチョコレートムース。




フレーズ

ヒカリエ、安食ガトーフレーズ
講習会で習ったこちらのスポンジは、しっとりと目が詰まったタイプでとっても好みです。




サオトボルージュ

濃厚なチョコレートの味にベリー系の酸味が加わっています。
温めて食べるように説明がついていて、温めると中からトロっとチョコレートが出てきます。

コラボ作品なので、両店舗のケーキピックがささっています。
ヒカリエ、安食サオトボ
安食シェフの代表作である、“火山の噴火口”をイメージしたチョコレートケーキの「サオトボ」。
興野燈シェフ、安食シェフが、お互いのスペシャリテをそれぞれプロデュースするという特別企画品で出来上がった作品。
興野シェフが考え、安食シェフが作る「赤いサオトボ」です。


反対に・・・
興野シェフの代表作である、フランスの伝統菓子“サントノーレ”をアレンジした「アントワネット」。
今回それを安食シェフが考え、興野シェフが作る「すみれのサントノーレ」も、アカシエの方で売っていました。


こちらのスペースは、こんな形で面白い企画が続くのでしょうか。
チェックしてみようと思います。




マメヒコ  (渋谷) - 2012.02.07 Tue

渋谷に用事があったので、この日はこちらで遅めのランチをしました。

前から行ってみたかったところです。


東急本店を左に通り過ぎ、さらにまっすぐ行くとセブンイレブンがありセブンイレブンの店内から階段を降りるという行き方でいきました。

写真の正面写真は階段を降りた階に面した通りなのですが、そちらから行く行き方がいまひとつわからないまま帰ってきましたので、今度行く時もきっとセブンイレブンの店内からになっちゃいそうです。

マメヒコ入り口と店内
中央には大きな長いテーブルがあります。
その他に、壁に向かって座る1人の時に良さそうな席と、テーブル席も数席ありました。

私たちは家族で行ったので横並びでも良いかな~と思い、大きなテーブル席に3人横並びに座りました。




野菜にかけるドレッシングはでてきませんので、こちらの塩、胡椒、バルサミコ酢、オリーブオイルでお好きな味にして食べます。

アイスコーヒー 微糖

マメヒコのコーヒー
深炒り珈琲


牛乳珈琲

人肌温度の珈琲なのですが、よろしいですか?と確認されました。
へー、面白いですね。猫舌の娘が飲むつもりたったので、全くかまわいませんでしたが。

来てみたら本当に人肌です。温かいと感じないくらい、でも冷たいとも感じない、体温と同じ・・・人肌ですね。
甘味はついていません。私としては牛乳の甘味があると思うのですが、娘は甘い珈琲牛乳のイメージだったので、苦いなんて言って。

付いてきたミニサイズの角砂糖。イチゴの形のトングで入れてみたけれど、人肌温度なので溶けません
ガムシロップもらえばよかったかな?
でも、娘は牛乳珈琲がしみ込んだ角砂糖をちょっと美味しそうに食べていました。




ゴボーと葱の挽肉カレー

ごぼうのカレー
炒り大豆とほうじ茶のご飯に、牛蒡の香りでこちらも大豆入りの挽肉カレー。
豆もやしのはちみつマリネがのっています。

体に良さそうだ~
カレーってカロリーが高そうだけれど、これだったらダイエット中でも食べて良いかなと思うカレーです。
家のカレーもこんな風に少しアレンジしてみよう・・・。




源ファームのチーズベーコン

マメヒコのベーコンはもも肉を使ったハムのようなベーコン
上にチーズがたっぷりとかかっています。

熱々で出てきた時は、結構匂いのきついチーズだなあ~と心配になったのですが、食べてみたら全く気にならず。美味しくてびっくりしました。

食パンもとっても美味しかったです。
チーズとベーコン




小豆あんと岩塩バタートースト

あんトースト

自家製の岩塩バターの塩がきいていて、あんこの味をキュッと引き締めています。
名古屋のあんトーストを思い出しました。





檸檬ケーキ

レモンのケーキ
瀬戸内海の檸檬をつかったレモンクリーム。
レモンタルトのクリームですね。
私は酸っぱめが好きですが、程よい酸味で甘さは結構しっかりしています。
生クリームの甘さを控えめにしてバランスをとっているのでしょう。

パイ生地のこうばしさとサックリとした歯ざわりでレモンパイという感じです。
これは飽きない美味しさです。

少し前には美味しいアップルパイがあったとか。
季節ごとのスイーツはチェックしたいです。




人参と温州蜜柑のマフィンと作りたてアイスクリーム (渋谷店のみ)

マフィンとアイス
小ぶりの温かいマフィンが2個分。
中にはみかんと人参がはいって、オレンジ色です。

上にさらっとした味わいのソフトクリームがのって、とっても美味しい。

どんどんアイスが溶けてしまうので急いで食べます。
アイスが溶けて温かいマフィンにしみ込むのもまた美味しいです。



他にも食べてみたいスイーツがあったので、今度また行ってみたいです。

日曜日だったのでかなり混んでいましたが、平日に行ったらもう少しのんびりできるかな~。




ガレットリア  (渋谷・松濤) - 2010.01.28 Thu

Galettoria



渋谷で1人で食事をしようと思った時、予約をしなくてふらっといけて、空いていて素敵な空間。
・・・となるとここになってしまいます。

ガレッテリア外観



お店は南フランスの田舎にあるノスタルジックなメゾン・ドットをイメージした一軒家です。
メゾン・ドットというのは、田舎にある個人宅の一軒家の一室を借りられるフランス式の民宿で、
センスあふれるインテリアと家庭的な美味しい食事が最大の魅力らしのですが、まさにそんな雰囲気を楽しめるところ。


素敵なカフェの雑誌などがおいてあって、ガレットが運ばれてくる間それをパラパラと見ているのも楽しいです。
ガレッテリア店内



この日はランチセット。
日替わりのお食事ガレットとデザートガレットを選びます。

ほうれん草、松の実、パンチェッタ、卵、ピンクペッパー、モッツアレラチーズのガレット。
ガレッテリアランチ



色合いもとっても綺麗で食欲が増します。
卵とチーズがとろ~り。幸せ。
ガレッテリアカット


デザートクレープはバターシュガーにレモン。
生地がモッチリとしていてすっごく美味しいです。

シンプルだけれど、シュガーに溶けたバター、そして爽やかなレモンの香り。
見た目は地味ですがなかなかです!
また食べたいな。

ガレッテリアデザート


帰りに このお店の近くにある、こちらの姉妹店のフランス雑貨屋さんヴィアフランスによって帰りました。

夢のある世界です。





BON Swets & Smile 2009年 秋の新作マリアージュ (渋谷区恵比寿) - 2009.09.13 Sun


2003年にオープンした日本初のスイーツバー、
BON Sweets & Smile での秋の新作試食会です!


スイーツ番長さんから 主人の関係で光栄にもお誘いをいただきました。
前からブログを拝見していましたが まさかお会いすることができるなんて! 

もちろん参加させていただきました。


そして、かねてからお名前はうかがっていてお会いしたかったかりんさんとご一緒させていただきました。

とっても素敵な雰囲気のカフェ。
お酒とスイーツの組み合わせ。お酒は飲めませんが、お酒のきいたスイーツは大好きな私はやっぱり興味あります。そしてなにより、秋の新作ですもの。





ボンスイーツ店内


2009年秋の新作マリアージュのコンセプトは『和』です。
和素材をBON風にアレンジして、今春より提供していらっしゃる数種類のデザートから気になるスイーツを選んで組み合わせる 「DESERT AU CHOIX / デセール・オ・ショワ」 を楽しみます。

メインスイーツ3種類から1品、サイドスイーツA 4種から1品、サイドスイーツB 3種類から1品を選んで組み合わせます。



豆乳とほうじ茶のティラミス
+抹茶チーズスフレ
+洋ナシのソルべ

ボンスイーツ2
豆乳とマスカルポーネのクリームに、小豆を練りこんだガトーショコラ、黒豆、黒糖のジュレを忍ばせ薫り高いほうじ茶パウダーで仕上げたヘルシーな和風ティラミス。

豆乳は豆の香りが良い選び抜いた京都の豆乳を使っているそうです。
豆腐そのままの香りのクリームになっています。

ジュレが入っていることでさっぱり感がプラスされています。

そして、ほうじ茶パウダーの香りで全体が引き締まっている感じがしました。


サイドの抹茶チーズスフレは茶団子をイメージしたひと口サイズ。
ふんわりしています。

洋ナシのソルべは香りが良くさっぱりとしています。



ボンスイーツ1
そして、今日のマリアージュのお酒は・・・。
開運 (KAIUN) という純米吟醸です!! 

お酒はあまり飲めないので、ほんの少し味見をさせていただきました。
とってもフルーティーな香りで、確かにスイーツにあいますね。

特に今回は和のスイーツなのでよくあいます。




和栗のパンプディング 季節のフルーツとともに
+季節のフルーツコンポート(いちじく)
+あずきシャンティー

ボンスイーツ3

牛乳と生クリームで漬け込んだバケットを、国産栗のペーストと一緒にしっとりと焼き上げた1品。

和栗のやさしい甘みとシャンティーがよくあいます。


サイドのいちじくのコンポートは自然な甘み。
いちじくのジュレも一緒に。





スィートポテトのリンゴソテー包み
+チョコバナナブリュレ
+KAHALA NUTS in アイス


ボンスイーツりんご

オーブンでじっくり焼いた鳴門金時を丁寧に裏ごしし、生クリームをたっぷり使い滑らかな口当たりになっています。

バターソテーしたリンゴで包み、キャラメルソースが。

ボンスイーツ炎
目の前でカルバドス酒でフランベします!
とっても良い香りがプラスされました。


サイドのチョコバナナブリュレは大きなバナナのチップスのしたに隠れています。

バニラアイスにピーカンナッツのカリッとした食感が加わってアクセントになっています。




その他、組み合わせを変えて出してくださいました。

スパイシーキャラメルポテト(右)は、大学芋のアレンジです。
生醤油を使ったキャラメルにジンジャーを加えた風味豊かなソース。
それに揚げたさつま芋をからめています。

ごま塩の塩加減がまた良いです。

ボンスイーツキャラメルポテト



今回は秋の味わいに和風の味わいがプラスされて、とっても楽しめました。

メインデザートにサイドを2品も選べるというのが、ワクワクして嬉しいですね!


食事の後などに、ゆっくりとスイーツとお酒を楽しむことができるこのようなカフェ。
素敵だなあと思いました。

そして、パティシエの方のこだわりが詰まった素敵なデザートありがとうございました。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード