topimage

2017-02

ケーク・バナーヌ、ケーク・ピスタッシュ、ケーク・カカウェッツ - 2012.02.18 Sat

ジャンポールチェボー先生のグテ(焼き菓子)コースです。




CAKE BANNANES   ケーク・バナーヌ


バナナを手にすると、豚?を作ってくれるジャンポールさんです。

そんなバナナをたっぷりとつかったケーキ。
バナナの他に、ヘーゼルナッツのパウダーやラム酒、グロゼイユなど赤いフルーツを入れて焼きます。

しっとり、もちっとした焼き上がり。
ケークバナーヌjpg





CAKE PISTACHE  ケーク・ピスタッシュ


ケークピスタチオ
ピスタチオのペーストが入って綺麗なグリーン。
その中に、真っ赤なグリオットを並べて焼きます。

この組み合わせは大好きです。





CAKE CACAHUETES ケーク・カカウェッツ


ピーナッツ・バター、オレンジジュース、オレンジピール、レーズン、ヘーゼルナッツが入った、香り豊かなケーキです。

ケークピーナッツ
シリコンのマフィン型に入れて焼きました。
ジャンポールさんの分(写真下)は、模様の付いたシリコンで焼きましたが、綺麗に模様が出て艶がでて、これもまた素敵です。

焼きあがったケーキの他に、生ケーキも2種類あって、試食タイムも豪華。
どれも食べたいので、いつも全種類制覇!
かなり満腹です。


楽しくお茶をしまして6時半からのレッスンは、だいたい9時には終わります。





スポンサーサイト

ケーク・オ・テ・ベール - 2011.11.03 Thu

ジャンポールチェボー先生のグテ(焼き菓子)コースです。


焼き菓子のレッスンは1回でいつも3品作っています。
自分でやるのは1品でその他のものはデモのみですが、計量したりちょっと手を出したりしているので作った気分でおります。





CAKE AU THE VERT (ケーク・オ・テ・ベール)


抹茶のミニパウンド
生クリームが生地に入ったリッチでしっとりした抹茶のケーキです。
シリコンで焼くと本当に簡単。
可愛らしいミニパウンドみたいに焼き上がりました。





QUATRE QUART (カトル・カール)


メレンゲを入れてフワッとした生地の中にフレッシュなリンゴをグイッと押し込んで・・・。
リンゴは上にのっているだけだと思ったら中にも同じおおきさのリンゴが中にもあって嬉しい。
ケークシトロン、りんごのケーキ


CAKE AU CITRON  (ケーク・オ・シトロン)

上の写真がケーク・オ・シトロンです。
レモンピールとレモンゼストが入っているのでとっても香りが良いです。



ガトーヤウルトゥ、ケークショコラ、ケークオヤウルトゥ - 2011.07.04 Mon

ジャンポールチェボー先生のグテ(焼き菓子)コースです。



やっぱり月に1度しか来られないでおりますが6月はこちら。




GATEAU YAOURT (ガトーヤウルトゥ)


生地にヨーグルトが入って、ムチッとした食感がとっても新鮮。
これははまる美味しさでした。
ヨーグルトガトー全体

ヨーグルト、ココナツファイン、ドライフルーツが入り、バターではなくサラダオイルを使います。
材料をひとつのボールにどんどん入れて、ぐるぐると混ぜるだけ。簡単でとってもおいしいです。
可愛らしいシリコンの型に入れて焼きました。
ヨーグルトガトー




CAKE CHOCOLAT (ケークショコラ)


あまり焼きすぎないのがポイント。少ししっとりさが残っているように焼きあげます。
ケークショコラ全体


マジパンとバターをあわせて生地に入れます。
マジパンがはいるのでしっとりさが増します。

沢山のナッツやゴマなどをいれて香ばしさも格別です。
ケークショコラ





CAKE AU YAOURT (ケークオヤウルトゥ)


シリコンの型にバターを塗って生地を流し込んで焼くだけ。

ヨーグルトオレンジケーキ
こちらもヨーグルトが入っているためか、とってもしっとり&さっぱり。
オレンジのゼストをいれましたが、レモンのゼストでも美味しいです。
3種盛り合わせ





新宿高島屋のパティシリア


ジャンポールさんのケーキをいただきました。


ラパン

うさぎの形のケーキ。ホワイトチョコレートの中はチョコレートムース。
高島屋ラパン


プチパケ

高島屋プチパケ
プレゼントの箱。チョコレートで箱ができていて、上からかぶせてあるのでパカッと取れます。
中は、2層のチョコレートムースにチョコレート生地、そしてコーンフレークがサンドされてサクサクとした食感。かなり食べ応えがありました。つやつやにできたプレゼントの箱がとっても素敵です。 





ケークオランジェ、 クラフティー、 プチポット - 2011.05.23 Mon


ジャンポールチェボー先生のグテ(焼き菓子)コースです。



5月から月に1度のペースになると思うのですが、グテコースに通うことにしました。

職場を変わってから慣れるまでしばらくお休みしていたので、久しぶりのレッスン。
ジャンポールさんにも久しぶりにお会いしました。




CAKE A L ORANGE


焼き菓子#1

材料をぐるぐると混ぜるだけで簡単にできます。

オレンジのコンフィとチョコレートチップがたくさん入っています。
焼き加減をきをつけてしっとりとしている時点でやめるのがポイントみたい。
ケーキオランジェ
シリコンの型に何も塗らずにそのまま生地を絞りいれて焼きます。
ポコッと綺麗にとれましたが、家のシリコンだとこうはいかないような。




PETITS POTS


プリンのようですが、もっと柔らかくとろけるような食感。
バニラとココアの2種類を作りました。
プチポット


瓶に入れて蒸し器で15分。
入れ物の形や大きさで蒸し時間は違うと思います。
プチポット蒸し器
滑らかでとっても美味しかったです。




CLAFOUTIS


好きなフルーツをたっぷり入れて焼きましょう。
この日はアプリコット。

何でも美味しくできちゃいそうなので、季節のフルーツで試してみたいです。
温かくても、冷たくしても美味しいかな。
クラフティー

型にバターをたっぷりと塗って、グラニュー糖をまぶしておくのがポイント。

型から取れ易くなる上に、カラメルのようになって美味しさがアップします。
クラフティー途中
卵液を入れてオーブンで焼きます。

簡単にできるデザートです。






ガトーフロマージュ - 2011.03.23 Wed

ジャンポール チェボー クッキングステュディオ、3月の特別講習会です。




Gateau Fromage (ガトーフロマージュ)


ガトーフロマージュデモ
スフレチーズケーキのような優しい味わいのチーズケーキです。

冷やしても美味しいけれど、熱々をいただいても美味しかったです。



オレンジの皮を入れたビスキュイを焼きます。

チーズの生地はメレンゲを入れたふわっとした生地です。
こちらもオレンジの皮とオレンジのリキュール、グランマニエを加えて爽やかな香り。

ガトーフロマージュ過程
焼いたビスキュイの上にチーズのアパレイユを流して、天板にお湯を張って蒸し焼きにします



周りにクッキングシートを巻いているのですが、このシート初めから黒い紙なんです。

遠赤のクッキングシートで焼き色が綺麗につくらしい。
初めて見ました。
ガトーフロマージュ焼成
少し冷めてからの方が綺麗にシートがはがれました。


ふわっとしたケーキでとっても軽いので4分の1は食べられそう。

ガトーフロマージュカット
シンプルな味わい。こういうのっていつでも美味しくいただけるな~。
アイスやフルーツなんかを添ても良さそうです。







シャルロットポワール、サボワエピセ - 2011.03.07 Mon


ジャンポール チェボー クッキングステュディオ、2月のプチフールクラスです。



CHARLOTTE POIRES (シャルロットポワール)


いつもアントルメで作っているシャルロットポワール。
プチフールクラスでも作りました。
シャルロットポワールプチフール
こんもりと盛られたムースに丸いビスキュイが可愛らしいです。


セルクルに巻くビスキュイを長~く絞り出して焼きます。
タルトポワール作り方
ビスキュイをちょうど良い長さにカットして、セルクルに入れ洋梨のムースと、煮た洋ナシを中に詰めます。

洋梨は、缶詰をバター、バニラシュガーでさらに炒め煮にしたものを使います。

ムースも柔らかめ、ふわっとしたビスキュイとともに優しい味わいでした。





SAVEURS EPICEES (サボワエピセ)


アントルメを作った時、この美味しさに驚いたサボワエピセ。
プチフールになってまた一味違った感じになっています。

サボワエピセプチフール


パータデコールで模様をつけた生地をセルクルに入るようにカットします。

半分までエピスのムースを流して、いちじくのドライを刻んで入れます。
その上にコアントローのムースを流して固めます。
サボワエピセ作り方
いちじくとスパイスは良くあうのでとても美味しかったです。

アニスとラズベリーの飾りが素敵です。





ショコラミント、 マカロンフランボワーズ - 2011.02.04 Fri

ジャンポール チェボー クッキングステュディオ、1月のプチフールクラスです。



CHOCOLAT MENTHE
(ショコラミント)



チョコミントという味はちょっと苦手な私ですが、ミントの葉から香りを抽出して作るミントのクレムーはとっても食べやすかったです。

よくあるチョコミントアイスは歯磨き粉を連想してしまうのですが、自然な上品な香りなのでチョコレートと一緒になるとまた爽やかで、濃厚なチョコレートを一段と美味しく食べられる感じがしました。

チョコミント


断面はこんな感じです。底生地になるフィナンシェはシリコンの型に流して焼きます。
チョコミント工程
沸騰した生クリームにミントの葉を刻んでしばらく香りを出します。
葉を茶漉しでこして、砂糖、ゼラチンなどを加えて小さなシリコン型に流して冷凍します。(真ん中写真)

セルクルにフィナンシェをしいてチョコレートムースを流し、クレームミントを埋め込んでさらにチョコレートムースを流し、また冷凍します。

セルクルから外したら、ミロワールショコラを流して艶々にしあげます。







MACARONS FRAMBOISES (マカロンフランボアーズ)



大きなマカロンの間にフランボワーズのクリームとフレッシュなフランボワーズをサンド。

ラズベリーマカロン


マカロンはつやが出るまでマカロナージュします。

6センチくらいにグルグルと生地を絞って表面をかわかしてから焼きます。
ラズベリーマカロン工程
中のクリームは牛乳と卵でアングレーズソースを作ってホイップ状のバターとフランボワーズのピューレ、イタリアンメレンゲを加えたものです。

見た目よりずっと甘さが控えめて、軽いふわっとしたクリームなので大きなマカロンですが1個食べられました。

こういうのって凄く甘いイメージがあったのでさけていたのですが、これだったら食べられます。
なにげなく簡単につくるマカロンは、大きくてもきちんとピエがでてすばらしいなあと思いました。





クリスマスケーキ ボンノム(雪だるま) - 2010.12.24 Fri


旅行から帰ってきまして、久しぶりの更新です。

あっという間にクリスマスがやってきました。



先日ジャンポールさんのお教室でクリスマスケーキを作りました。

今年は、去年の年末に作ったプチフールにあった雪だるまのケーキが大きくなって、クリスマスケーキとなりました



帽子、マフラーはマジパンでできています。

ボタンは、石のチョコレート。

2010年ボンノム



頭はフィナンシェの生地でチョコレートクリームがサンド。

胴体は、ジョコンドの生地で、ホワイトチョコレートムースとチョコレートムースの2層になっています。

全体をホワイトチョコレートでコーティング。

とっても可愛らしいケーキができあがりました。



ボンノムカット



胴体は半球の型にジョコンドを敷きこんで、ムースを流します。

頭は半円のシリコン型でフィナンシェを焼いてクリームで半円と半円をあわせて丸い形にします。

ボンノム途中経過



完成品をみるとどうやって作るのだろうかと思いますが、工程を追っていくとなるほどと感心します。

ホワイトチョコレートのムースがとても美味しいので、いろいろなところで使えるなあと思いました。

帽子や表情は人それぞれ好きなように作るので、出来上がりを並べてみると面白い

とっても癒されました~。



ガトーバスク、 シブスト・ノア - 2010.11.14 Sun


ジャンポール チェボー クッキングステュディオ、11月のプチフールクラスです。



先月はお休みをしたので、久しぶりのレッスンでした。





CHIBOUST NOIX (シブスト・ノア)


クルミパウダーを入れたダックワーズに刻んだクルミ。

真ん中にウィスキーのクレムーが入っています。

胡桃のリキュール入りのシブーストクリームです。
シブストウイスキー


ダックワーズ生地の真ん中に胡桃を入れて焼きます。

ウィスキー入りのクレムーはシリコンに注いで冷凍。
ウィスキーも最近人気がでてきました。
お菓子に使うのもなかなか良いです。ウィスキー苦手な私も、苦さがなくなって良い香りだなあ~と思いました。
シブスト過程
シブーストクリームはカスタードクリームとイタリアンメレンゲを混ぜて作ります。
胡桃のリキュール、ノチェロを入れてさらに良い香り~。
このリキュールとっても好きです。ミニボトルないかな~。


グラニュー糖を表面にたっぷりとつけて、焼ごてで焼いていきます。
ジュジューッ ときどき、炎も出ちゃって歓声があがります。
順番に皆やりました。綺麗な焼き色をつけていくのは結構難しいです。
2度重ねて焼いて、キャラメルをパリパリにします。

キャラメルのこうばしい香りが漂って、美味しそうです。








GATEAUX BASQUE (ガトーバスク)


ガトーバスク


パートサブレポッシュと言うタルト生地のような、クッキー生地のような生地をタルト型に絞っていきます。
ガトーバスク過程
カスタードクリームを絞り入れて、プラムを入れさらに生地で蓋をします。
卵を塗って模様をつけて、タルト型の周りを綺麗にして焼きます。

焼き立ても美味しいけれど、冷たくしてもまた美味しい。



この日の試食は作った2品に米粉のロールケーキ付き。
毎回、美味しい盛り合わせが本当に楽しみです。

でもかなりお腹一杯になるけどね。
シブスト、盛り合わせ
楽しいおしゃべりと、美味しいスイーツ。

私の楽しい時間です。





カフェ、 シトロネル - 2010.09.26 Sun


ジャンポール チェボー クッキングステュディオ、9月のプチフールクラスです。




CITRONNELLE (シトロネル)


シトロネル
底生地は紅茶味のビスキュイ

レモングラスのムースの真ん中には紅茶のクレムーが入っています。
生のレモングラスを煮出すのでとっても良い香りがします。

上にはすみれの砂糖漬けをレモングラスのジュレにどじこめて固めたところ、なぜか紫色だったすみれの砂糖漬けが青くなった。

周りにホワイトチョコレートを巻いてできあがりです。






CAFE (カフェ)

カフェ
冷凍にしたので外に出したら白くなってしまった。
もう少し時間をおくと良いですね。



ゴマがのった香ばしいビスキュイ。

コーヒー味のクレームブリュレをシリコンの型で作ります。
カフェの作り方

コーヒー豆で香りを出したムースカフェの真ん中に、クレームブリュレを入れて固めます。

ミルクチョコレートのナパージュを上に塗って、周りと上にチョコレートを飾ります。





コーヒーの香りが自然で真ん中のブリュレが柔らかくて美味しいです。
ビスキュイのゴマもきいています。
カフェ、シトロネル中身
レモングラスと紅茶の取り合わせは初めてです。
レモングラスは好きなのでとっても嬉しい。
爽やかな香りです。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード