topimage

2008-01

パティスリーキャロリーヌ  Patisserie Caroline - 2008.01.29 Tue

CIMG4631.jpg


CIMG4632.jpg
久しぶりにキャロリーヌへ行ってきました。

以前「はちみつ」を使ったお菓子ということで、学校へデモの講義にもきてくださった中川シェフのお店

雑誌などでもよくお顔を拝見いたしますが、新しい人材育成に熱心な方だなという印象を持っております。


看板の女の子がキャロリーヌなのかしら?
ケーキの名前が全部女の子の名前という、かわいらしさがあふれるお店。









CIMG4641.jpg


CIMG4650.jpgルネ 


お米が入ったクリーム。ぷちぷち感が面白い。

中にはかぼちゃのクリームお米のスポンジ

上に稲穂がのっていてとっても素敵。









フレジエ
CIMG4648.jpg
バニラのクリームたっぷりでいちごもたっぷり。
上の模様がどうなっているの??と分解しながら食べてしまいました。






コリンヌ
CIMG4643.jpg
北海道産えびすかぼちゃ を使っているそうです。黒糖のスポンジ、さくさくのチョコレートが一番下に。
さつま芋の砂糖漬け も入っています。

とっても凝った構造になっていて、これまた感心。

白いクリームが水玉のようにみえて可愛い。

シナモンがまた全体をひきしめています。
私はこれが一番すきでした。

どれもこれも美味しそうで、またまた行きたくなってしまう





クイニーアマン、ボストック、ファーブルトン
CIMG4637.jpg

CIMG4628.jpg


クロワッサンやパイ、キッシュもあります。

そのほか、チョコレート、焼き菓子、魅力的なものがたくさんありました!







CIMG4630.jpg










にほんブログ村 スイーツブログへ


スポンサーサイト

タルトタタン、マルグリット、スフレチーズケーキ - 2008.01.27 Sun

タルトタタン

CIMG4659.jpg大好きなタルトタタン

売っているのは結構甘いので、甘みを控えてなおかつりんごの香りがしっかりする自分好みのものを作りたい。
 
そう思いながら作ってみました。

りんごは紅玉

大きく切ってグラニュー糖とバターで色よくなるまでソテー

それを台形の丸型のマンケ型バターをたっぷり塗ってグラニュー糖もたっぷりしいて、綺麗にりんごを並べていきます。(びっしりとね!)

その上に前日作って寝かしておいたパイ生地をのせてじっくりと焼きました

一晩冷蔵庫で味をなじませて、型からひっくり返してはずし、上にグラニュー糖をふって焼きコテでジュー!と焼きます。


りんごが隙間なく詰まっていてなんだかとってもうれしい!
15cmの型でりんご4個使いました。




CIMG4662.jpg

もうちょっと甘くしても良かったかな~と私は思いましたが、甘いもの苦手な主人は丁度良かったようです。 りんごの爽やかな香りが残り甘酸っぱいタタンでした。

アイスクリームにシナモンでも振って添えたらおいしそうだなぁ。
皿盛りデザートに使ったら、色々とアイデアが盛り込めそう。 (ノートに書いておこう)

また新たに改善して作ってみようと思いました。





マルグリット
CIMG4622.jpg

マルグリットというのはデイジーのことです。デイジーのような可愛いクッキー

シェルタン口金で絞って、真ん中にキャラメルを入れて焼きました。

キャラメルにはアーモンドくるみピスタチオが入っています。

周りはサクサクなのに真ん中は飴がカリッとしていて香ばしく、なかなかいける。

焼いている間、クッキーの場所を動かしながら焼きましたが、場所によりとっても焼きむらが出てしまいました。
また家のオーブンを使いこなせない・・・。癖があるのよねぇ。






スフレチーズケーキ
CIMG4579.jpg

細めで長いパウンド型に入れて湯せん焼きにしたチーズケーキ

型につなぎ目があるので、そこから湯が入り込んでしまいます。
周りをアルミはくで覆って湯せんをしました。

じっくり低温で色よく焼いて・・・。 

ふわふわ、しゅわしゅわ。 

チーズはクリームチーズ+フロマージュブランです。
レモンの香りが爽やかさを出しています。

チーズケーキも焼き方、チーズの種類で本当にたくさんの種類のケーキがありますものね。
甘いもの苦手な方も、チーズケーキはOKという方が多いので、おいしいレシピを極めたいな~と思っています。




にほんブログ村 スイーツブログへ


胡桃とバナナの黒糖パウンドケーキ、むらさき芋のデニッシュ - 2008.01.25 Fri

胡桃とバナナの黒糖パウンドケーキ


CIMG4623.jpg
沖縄の黒糖をいただきました。

まずはそのまま、パクッといただく。
口の中で溶かして・・・。

ミネラルたっぷり。やさしい甘さで体によさそう。

せっかくなので、何かお菓子に使いたいな~・・・ということで。





CIMG4633.jpgブロックの黒糖を粉にして、ふるいにかけて使いました。


バナナはカットしキャラメリーゼしてラム酒でフランベ

胡桃は大きめに割って、バナナとともにゴロンゴロンと結構たくさん入れちゃった。


焼いている間、とっても良い香り~
待ち遠しいなぁ。



そしてそのお味は。
お砂糖のすべてを黒糖にしましたが癖がなく、黒糖の味は控えめですがほのかに香りやさしい甘みでした。

そして結構しっとりとしていました。









むらさき芋のデニッシュ

CIMG4616.jpg


ホームベーカリーでデニッシュ食パンのアレンジ。

むらさき芋の粉と、1cm角に切ったむらさき芋を入れて。
お芋は生で入れましたがちょっと崩れてしまっている?
小さめになってしまいました。

でもお芋の香りが良いです。
焼き芋のような・・・。

軽くトーストするとバターとお芋の香りがアップして美味しかったです。



にほんブログ村 スイーツブログへ



GUCCI CAFE - 2008.01.23 Wed

歩きつかれてどこかでコーヒー飲みたい・・・。と思って「どこにしよう。」と悩んだ結果、 「GUCCI  CAFE」に行ってみました。

ビルオープン直後はすごい行列で店内に入るのに人数制限していましたが、今は全くそれはなく黒服の男性も外に立ってはいません。

・・・と言うことで初めて店内に。
「いらっしゃいませ。」とすぐに声をかけられ、「あ、ドアの内側にいたのね。そうよね寒いものね。」

一応ぷらぷらと店内を見てから、興味は全く無いものですぐに4階のカフェへ。


CIMG4602.jpg


12時半ころでランチタイムのせいでしょうか、とっても空いていてがらんとした感じ

とっても広くロビーのような感じです

椅子は1人分にしては幅もあり、ゆったりとしています。
荷物も楽におけるけれど、1人がけの椅子の場合には脇に別のテーブルもありそこに置けます。

長身で黒服の、イケメン風のお兄さんが接客。女性定員さんも黒服。
ナフキンをわざわざ膝に敷いてくださる。 そこまでするのね。


メニューの皮表紙も GUCCI のロゴが。
テーブルのアクリルのマットにも・・・。

メニューは軽食もあり、デザート、飲み物。



こちらはカプチーノ。900円。
CIMG4596.jpg





パンナコッタ 季節のフルーツ添え  1,300円
CIMG4599.jpg

CIMG4600.jpgおぉ~、可愛いじゃない

バニラビーンズの入ったパンナコッタの下にカラメルがお皿との接着の役割のように隠されておりました。

果物は苺、ラズベリー、キウイ、柿




メニューのデザートはティラミスやズッパイングレーゼなどのイタリアのデザートでした。








お会計は席で済ませてここを出るとすぐにチョコレートを売っているカウンターが。

せっかくなので、4個いり(2,000円)を購入。 4個いりが一番小さな規格です。
なんだかお財布でも買ったかのように、横長の金色の手提げ袋に入れてくれます。

CIMG4606.jpg



右から、
ビター、ラテ、ラズベリー、キャラメル。
CIMG4612.jpg

「チョコレートはどちらのチョコレートなんですか? どこかのお店に作ってもらっているのですか?」と聞いてみました。

そうしたら「千葉の工場で日本人の口にあうよう作ってもらっています。」とのこと。



カフェのメニュー、他はどんな感じなのだろうか、ちょっと興味あるな。



にほんブログ村 スイーツブログへ


東京羊羹(銀座本店) - 2008.01.21 Mon

CIMG4595.jpg

日曜ですが娘は部活で外出なので主人と二人でランチへ

ランチ後のデザートに東京羊羹へ行きました。



なんと来年の3月3日で60周年ですって!すごいですねぇ。

それにちなんで店内に銀座の歴史についての展示がされていました。

銀座という地名は、江戸幕府が銀貨鋳造所をこの地に置いたことに由来するそうで、銀貨の展示もありました。








CIMG4583.jpg

東京羊羹オリジナルパフェ  
和パフェ「おとめの宝石箱」 1,100円



ちょっと恥ずかしいような名前がついています。

きっと女性が大好きなものがつまっているから なのでしょう。


一番下から・・・
寒天、黒蜜、つぶ餡、抹茶寒天、白玉、バナナ、マロンアイス、バニラアイス、アプリコット、
苺、生クリーム、抹茶ソース。
抹茶あんみつのような感じかな。








CIMG4584.jpg



上から見るとこんな感じです。
















CIMG4581.jpg

60周年を記念して、おめでたい、紅のパフェ。

期間限定、60周年記念パフェ 1,100円



苺のソースがフレッシュな香りがしてとっても美味しかったです。
これが、カキ氷のシロップのようだったらどうしよう・・・と一見心配になりましたがよかった!
東京羊羹だもの、それはないか。

寒天が多いので見た目よりカロリーオフだと思う。
主人と二人で半分こずつ、あっという間に食べてしまった。

抹茶アイス、バニラアイスに生クリーム。





CIMG4582.jpg



果物がこぼれ落ちそう・・・。












クリームあんみつや、フルーツ三つ豆とどことなくかぶるような気もしたけれど、パフェとして別物にするのはなかなか難しいだろうなあと、思いながらいただきました。

あ~お腹いっぱいだ。ごちそうさまでした!



CIMG4586.jpg

最後に羊羹をくださった。
お腹一杯なのにちょっとうれしい・・・。 
もって帰ろう。








2、3,4階が甘味喫茶になっています。今日は2階でした。
明るく綺麗な店内。
写楽の貴重な絵が飾られていました。
CIMG4590.jpgCIMG4589.jpg



にほんブログ村 スイーツブログへ

モン ロワール(チョコレートハウス)、スモーキー(ソーセージレストラン) - 2008.01.17 Thu

骨董通りにチョコレートハウスが。
神戸のお店らしい・・・ちょっと入ってみました。

モン ロワール
CIMG4536.jpg


CIMG4537.jpg
チョコレートハウスというだけあって、チョコレートもトリュフ、生トリュフ、生チョコ石畳、焼き菓子、板チョコ、様々なギフトセットが本当に素敵です。

色々なチョコレートが詰め合せになっていて、風呂敷に包まれているのがあり素敵でした。


木箱に入ったギフトセットもあたたかみがあって良かったな。





CIMG4557.jpg

CIMG4554.jpg手作りトリュフ

上段左から  きなこ、テトラ、抹茶
下段左から  塩、雪苺、ローズ

和風の味わいのものも結構ありました。

きなこ、塩、結構お気に入り。

まだまだ、食べてみたいものがたくさんあったので今度またよってみます!













ソーセージレストラン スモーキー(SMOKY)

CIMG4551.jpg

CIMG4552.jpg
骨董通りに面していて可愛らしい感じのお店。
 「ソーセージのお店」・・・とっても気になっていました。

ランチに入ってみました!








ソーセージのランチセット   1,380円
CIMG4541.jpg

今日のセットのソーセージは、ニュールンベルガー(荒挽きの最高峰、とってもジューシー)
と、ジンジャー(香味にこだわった食欲を刺激する一品)のセット。

サラダと、パンまたはライス、コーヒー付き。

テイクアウトのソーセージは1本630円。18種類ほどある。でも結構なお値段よね。。
それが3本付いているのでランチはお得!
プリップリでジューシー。とってもおいしかったですよ。




ランチプレート  1,890円
CIMG4545.jpg

こちらのプレートもとってもお得。
スモークサーモン、生ハム、サラダ、フライドポテト、アボカドソースのハンバーグ、ホタテと小松菜のぺペロンチーノのプレートで、すごいボリューム!
パンとスープもついていました。
どれも本格的な味でなかなかGOOD! 


CIMG4547.jpg

CIMG4549.jpgこちらのセットはデザートも付いています。パンプディングでした。
コーヒー又は紅茶。


店内は少し薄暗い感じで写真難しかった・・・。










CIMG4539.jpg
テラス席は明るい感じです。

外は強風!とっても寒かった~!

小さくこじんまりとしたお店で熱々のソーセージ、美味しかったな~。










にほんブログ村 スイーツブログへ

Yogo(ヨゴ), Silvius Brabo(シルビウス ブラボー)   - 2008.01.15 Tue

有楽町イトシアに行きました。
さっぱりしたのもが食べたいなあと思ってここにしました!


Yogo(ヨゴ) 
イタリア生まれのヨーグルトジェラート「ヨゴリーノ」を食べられます。

CIMG4515.jpg




















CIMG4513.jpg一般的なアイスクリームに比べ、カロリーは約1/2
脂肪分は1/5
とヘルシーです!乳酸菌を多く含むのも特徴。

店名にもなり、イタリア国内に約200店舗ある「ヨゴリーノ」の新提案が、デコレートデザート専門店「Yogo」 です。



毎日手作りしているそうで、舌触りはとっても滑らか。
フルーツでデコレートし、香りとみずみずしさで美味しさがさらに際立つ~!





マチェドーニア  1,080円
CIMG4505.jpg


CIMG4506.jpg

運ばれて来る時、白いもくもくとした煙が出ています。
凄~い!ドライアイス? 

 「煙がなくなってからお召し上がりください。」 と言われます!
気分が盛り上がる。

どのくらい待つの?と思いましたが、すぐ煙はなくなりますので、大丈夫。
アイスが溶けないうちにいただけます。

ブラッドオレンジジュースカンパリで作ったほろ苦い赤いジュレがたっぷりグラスに入っています。


そこにヨゴリーノとイタリア版フルーツポンチがまたまたたっぷり!

程よい甘さでとってもさっぱりしています。
とっても満足! 









Silvius Brabo (シルビウス ブラボー) 

CIMG4525.jpg

CIMG4517.jpgベルギーワッフルには大きく分けて2種類あるそうです

外がカリカリ、中がしっとりしている甘いタイプが日本では一般的な「リエージュワッフル」 です。

こちらのお店はもうひとつの方で、生地は甘みが控えめ、中までさっくりと焼き上げられる日本では珍しい「ブラッセルワッフル」 です。




本場ベルギーの高級カフェで使用されているワッフルメーカーを使ってブラッセルワッフルを焼き上げて、フルーツやチョコレート、アイスクリームをふんだんにデコレートしたワッフルが食べられます。豪華な皿もりは1,500円位です。



今日は持ち帰りにしました。(ソースつき)
 CIMG4534.jpg


CIMG4530.jpgCIMG4531.jpg

フルーツやアイスはトッピングされないので、どれも580円。

ワッフルはベリーブルーベリープレーンの3種類。

ソースはプレティフルベリーコンポートベルジャンチョコレートソースブルーベリーソースの3種類があり、ワッフル、ソースともに全種類を購入しました!


ワッフルはとってもとっても軽い感じで、甘さがかなり控えてありますので、ソースをたっぷりつけて食べても重くない!

大きいですがあっという間に食べ終わってしまった。

ベリーワッフルの綺麗な色が印象的
お皿に移して、シースをかけ、フルーツやアイスものせたら家でも豪華に仕上がりますね。




にほんブログ村 スイーツブログへ


ARCACHON (アルカション) - 2008.01.12 Sat

以前から行ってみたいお店だったアルカション
行けたのがもう暗くなってからだったので、わかるかしら・・・と思いましたが西武池袋線保谷駅からすぐで迷うことなく行けました。

入り口が真っ赤でとっても可愛らしくインパクトがあり、フランスの雰囲気漂う素敵なお店。

中に入ると、ケーキはもちろん、クロワッサンなどのパンから、カヌレ、コンベルサシオン、クグロフなどの伝統的な焼き菓子、ジャムやチョコレート、ヌガー。
本場フランススタイルお店を・・・というコンセプト通りたくさんのお菓子とフランスのポスターにかわいらしい小物も並んで、わくわくしてしまいます。

いつものように端からまじまじと見ては楽しんで選ぶのに時間が・・・。
幸い前のお客様が随分時間がかかっていましたので、ゆっくりと存分にふむふむと感心しながらお菓子を見ていました。


CIMG4484.jpg





シューキャラメル 240円
CIMG4486.jpg

ここへ行ったら絶対にこれを買いたかったんです。

シュークリームにキャラメルがかかっていますキャラメルとアーモンドがカリカリそして香ばしくて、中はバニラビーンズ入りのカスタードクリームがたっぷり入っています。




CIMG4493.jpg
プール カー  
420円

ピスタチオと木いちごと ブラック、ホワイト、ミルクの3種類のチョコレートムース。

今回3つの中でこれが一番好きでした。
綺麗な層、そしてそれぞれとっても美味しいけれど、いっしょに食べるともっと美味しい!




マリリン  450円

チョコレートムースにクレームブリュレカフェ。
チョコレートはの甘さにカフェのほろ苦さ。





コンベルサシオン  270円
ワイルドな膨らみ方、高さも結構あります。
洋梨入りでフルーティーな香りがします。







CIMG4494.jpg

CIMG4498.jpg
カヌレ  200円

ボルドーカヌレ協会会長 ピエールマルケ氏より伝授された配合・製法を忠実に再現したカヌレだそうです。



カヌレはフランスのボルドー女子修道院で古くから作られていたお菓子です。
蜜蝋(みつろう)を入れることと、カヌレ型と呼ばれる小さな型で焼くことが特徴で、そもそもカヌレとは、「溝のついた」という意味です。

外側は黒めの焼き色が付いており固く香ばしいのですが、内側はしっとりとして柔らかい食感を持つお菓子です。



焼き色は本当に黒いです。すごい焼き色です。
かじってみると中はしっとりで香りが良くて、苦味などは一切ありません。
とっても美味しかったです。

あっという間になくなってしまった、また食べたい!



夕方だったので、ケーキもパンも残り少なかったでので、今度ずらっと並んでいる時にまたいってみよう!



にほんブログ村 スイーツブログへ

ガレットデロワ - 2008.01.08 Tue

CIMG4469.jpg

ガレットデロワ (サダハル アオキ) 


CIMG4471.jpg

ガレットデロワはフランスの各地方で少しずつ異なりますが、アーモンドクリームが入ったパイ菓子です。

1月6日に切り分けて食べ、中にフェーブ(そら豆の意)と呼ばれる陶製の小さな人形が入っていた人は紙で作った王冠を被り、祝福を受け、その幸運は1年間継続すると言われています


1月1日の14時に売り出されるのが慣習になっていて、フランス人はこれを食べないと一年が始まらないと言います。

日本でも、このお菓子を置く店が増えていますよね。


パティスリー・サダハル・アオキ・パリのガレットデロワを主人に買ってきてもらいました。







CIMG4470.jpg


CIMG4475.jpg
直径20cmくらいの結構大きいものでした。

とってもつやつやで、焼きもしっかりしています

そうかぁ、パイってこんなに焼いてよいんだな。・・・学校でも言われていたのですが、自分で焼いているとどうしてもいつもここまで我慢ができなくて。

発酵バターを使っているようなので香りがとってもよく、パイはサクサクで軽い感じ


CIMG4476.jpg

中のアーモンドクリームは何のお酒だろうか・・・お酒がすごくきいていて、しっとりとしていました。


やっと出てきました。追記いたします!
これが入っていたフェーブです



にほんブログ村 スイーツブログへ

TOSHI YOROIZUKA (東京ミッドタウン) - 2008.01.06 Sun

お正月が終わり始めての土曜日。とは言ってもまだ正月休み中の方も多い週末・・・。
今日はどこへいこうかなぁ。娘は早くも部活が始まりお弁当をもって学校へ。
主人はもちろんラーメンだよ~ん。

私は東京ミッドタウンへ。


CIMG4424.jpg別に目的のお店はなかったのです。どこか適当にはいろうと。

でも、ここにきたら一応「Toshi Yoroizuka」はチェックしてと・・・。

11:05 になっていたのでサロンのお客さん第一陣はもう入っており、店頭の案内はただいまの予約時間14:30となっていました。

開店時間11時なのに、もうこんな時間まで一杯なんですよ!

開店前9時頃から名前を言えるらしいのですが、ちょっと大変過ぎる。



でも、一応人数と名前を書いてくださるドアマンの方に「1人です。」といったら、
今1名様お席が空いております。」と言われました!


以前もそうでした。1人だと意外に席が空いていたりするのです
前回、今回ともに待ち時間ゼロ。なんてラッキーなのぉ。




L (エル)字になっているカウンター席。
奥から(L字の上の席から)お客様が座っていくので、L の一番右端の席が1席空いていることが多いです。

この席は鎧塚さんのお顔を間近に正面から拝見することはできませんが、私はこの席は忙しくデザートを作っている鎧塚さんの手元が垣間見ることができるので好きなんです!
こんな感じに見えます。
CIMG4397.jpg   CIMG4407.jpg



クルスティヨン・カフェ 1,200円
CIMG4410.jpg
温かいキャラメルソースサブレ生地ノワゼットアイス
その上にはコーヒークリーム
パリパリのパータ・フィロ薄いショコラミルフィーユのように仕立ててあります。

一番上に飴細工が高々と!
素敵~

様々な甘さとほろ苦さ。
とろりとしたクリームやアイスにショコラとパータ・フィロの違ったパリパリ感。サブレはサクサク。
温かいソースと冷たいアイスの温度の違い。
すべてが詰まった1品でした!


私が大好きな味の感覚全部使います!というようなデザート。
ん~、さすがだ。他のデザートもどれも美味しそうだったよぉ。

その他のデザート
*和栗のモンブラン
*タルトタタン
*洋梨のミルフィーユ
*スフレショコラ
*ビスキュイクーラントショコラ柚子風味
*フロマージュのタルトとアイス、塩風味



順番にデザートを出していき(種類によって前後しますが)、全員に出し終わるとカウンターの中も落ち着きます。

皆さんが食べている間、鎧塚さんは微笑みながら周りを見回して空いたお皿をさげたり、お客様の様子をうかがってくださっているので、お話しようと思えばできますよ

私のところにお皿をさげにいらした時に「おいしかったです、ごちそうさまでした。」と言いましたが、私が帰るそぶりをし始めたら「お会計ですか?お席でいたしますので少しお待ちください。」と鎧塚さん。
スタッフの方が明細を持ってくるまでしばらくお見合い状態で、何を話そうかしら・・・と思いながら何もお話はできませんでした。席で会計を済ませてごちそうさま



サロンから数段階段を下りて、持ち帰りのケーキのショーケースを眺める。何か買って帰ろうとは思ったけれど、まだ他に買い物もしたいし常温で持ち歩けるものにしようかな。
CIMG4421.jpg




TOSHI MANDEL KRONE  1,050円
CIMG4438.jpg

CIMG4449.jpgだったらこれにしようっと!

サクサクパイが少し塩味がついていて、中に本当に たっぷりとクレム・ダマンドが入っています。
シナモン風味のシュトロイゼルがサクサクで、見た目も味も素朴なでも素材の味がギュッとつまったお菓子です。




CIMG4451.jpg

以前から気になっていたトシマンデルクローネ

トシという名前がついているのは、鎧塚さんの思いがたくさん詰まった思い出のお菓子だからです。

箱には右のような説明書きがついています。
詳しいお話はこちらのシェフズ・ストーリー、その中のVOL.10へ。
是非ご覧ください。
www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/





サブレ・ショコラ 550円、  サブレ・アマンド  550円
CIMG4437.jpgCIMG4441.jpg


12時頃にお店を出ましたが外のご案内はこんな時間に。凄いね。
CIMG4422.jpg



そうそう忘れるところでした!

TOSHIオリジナルCAKEフィギュアが発売開始したんです。
第一弾「ジャンピエール」「トシマンデルクローネ」など、人気商品6アイテムが登場!
買ってしまいました!

季節ごとに第四弾合計24種類が発売予定らしい。
一個 ¥400(税込み)
ストラップにもできる袋つきです。


トシマンデルクローネ フィギュア
CIMG4463.jpg
焼き上がりの陥没した感じに作ってほしかったな。なんてね。


CIMG4452.jpgCIMG4453.jpg

こんな袋がついています。 大きさはこの位。
CIMG4454.jpgCIMG4458.jpg

CIMG4457.jpgこんな種類があります。

今度 他のケーキを買って比べてみようっと!







にほんブログ村 スイーツブログへ


RESTAURANT HASHIMOTO  - 2008.01.03 Thu

08010302.jpg

CIMG3985.jpg今日でお正月休みも終わりです。家族で美味しいものを食べに行こうか、となったらやっぱりここかな。

主人は以前から来ていたようで、「安くて美味しく、女性ファンが多いらしい、私も気に入るんじゃないかなぁ」と言うことで前回家族で行きました。
なるほど!これはめったにない良いお店!私もお気に入りに。


昨日、「明日ハシモト予約したよ」と言われ、
「わーい、わーい!楽しみ~。」ということで朝ごはんも控えめにして食べる気満々で行きました。



ランチMenu C 2,800円(税込)
前菜 7品から選びます。

CIMG4360.jpg
オードブル盛り合わせ (+600円) 手のこんたオードブルが6種類も!
左周りに・・・
*ホタテのスモークが甘酸っぱいクスクスの上に。クスクスの中にイカがはいっていました。
*アナゴを揚げてカレー風味のマリネで。
*ハムのムース 滑らかでとっても美味しい!
*キッシュ
*豚肉のテリーヌ、鴨肉のロースト
*人参のマリネ(中央)



CIMG4364.jpg
フランス産 フォアグラのソテー ソースペリグー玉子のフリッツ添え (+1,200円)

ここのフォアグラは美味しいです! カリッとそしてとろっとしていて、ソースがこれまた濃厚で1滴も残したくない程です。

そして、黒トリュフのスライスがこれまたたくさん盛られています。
娘もこのメニューのとりこに。この歳でなんと贅沢な!

今日もお正月だったせいか、家族中でいらしているような8人組さんがいらっしゃいましたが、小学生の男の子3人程を含め全員フォアグラを注文。そうだよね~。ここだったらリーズナブルで美味しいフォアグラが食べられちゃうもんね。

メインでもフォアグラがありますが、量があってちょっとこたえるので前菜が丁度良い分量だと主人は申しておりました。なるほど。

揚げた玉子が添えられていますが、半熟なので崩すとソースの味が変わります。好みとしてソースに混ぜたくないので玉子はなるべくまざらないようにいただきました。



CIMG4361.jpg
ゴルゴンゾーラチーズのリゾット
チーズの香り豊かですが、癖があまりなく食べやすいです。


CIMG4368.jpgCIMG4367.jpg前菜の後はカリフラワーのスープ又はマッシュルームのスープ


08010307.jpg
小ぶりの可愛いパン。










主菜 8品から選びます。

08010311.jpg
フランス産 仔鴨のロースト 洋梨のソース パン デ ピス風味 (+800円)

こちらも来店したときは必ずいただく1品です。
鴨がスライスではなくブロックで、そして皮に何かつけられて香ばしくローストされています。
中は肉汁がたっぷり。

洋梨も大きいカットでソテーされ爽やかな香り、甘いソースとともにお肉をいただくと本当に幸せ~。これは絶対に外せません!




CIMG4373.jpg
黒毛和牛ロースのステーキ (+1,200円)

お肉が柔らかいこと。これまたソースが美味しいです。野菜もたっぷりなので一緒にいただく。
上に細~くスライスして揚げた玉ねぎがのっていてこれも良い味をだしています。



CIMG4370.jpg
本日のお魚 函館直送 鮮魚のポワレ

今日はのポワレ。小ぶりな鱈が2切れも乗っている。海老と魚介類のソースです。
皮はパリッと焼かれ、身はしっかりしているけれどふわっとしている。
魚も良いねぇ。




デザート

デザートはお任せ なのです。その人にあわせてお店の方が盛り合わせにしてくださっているようです。
何が出てくるか、誰に何がサーブされるか、これまた楽しみなのです~。どうせ全部食べるけれどね。


08010315.jpg
マロンのブリュレ はちみつとミルクのアイス主人へ)

ねっとりとこくのあるブリュレですが、アイスがとってもさっぱりとしていて分量もあまりないので男性でも軽くいただけると思います。



CIMG4380.jpg
バナナのタルト、キャラメルアイス、カスタードプディング (娘へ)

うん確かに子供が大好きな素材のデザート。にこにこ顔でいただいていました。



CIMG4377.jpg
洋梨のジャーベット、ダコワースにアマレットのアイス、プラムの甘煮 (私へ)

洋梨果肉入りのシャーベット、洋酒アマレットのきいたアイスとダコワース。さっぱりで大人の味。私好み。



08010317.jpgコーヒー又は紅茶



今回も大満足のお食事でした。
住宅地にあり、ご夫婦と数人のシェフ、スタッフの家庭的で落ち着くお店で、辛いものが入っていた時は子供のために少し変えて作ってくださったりと気配りがうれしいです。


橋本シェフは銀座レカンに11年もいらした方だとか。
なるほど!それでうなづけます。
なのにこの味をこの値段でいただけるなんて、また来ちゃいます。

ごちそうさまでした!



レストランハシモト
03・3398・5552
東京都杉並区荻窪4-20-15
11:30~14:00LO(土日祝14:30LO)
17:30~21:00LO 火休



にほんブログ村 グルメブログへ


スーリー(ネズミのシュー) - 2008.01.01 Tue

あけまして おめでとう ございます。  

いつもブログを見てくださりありがとうございます!
初めて遊びに来てくださった方、色々見て行ってくださいね。

私は今年もお菓子作りに四苦八苦する一年だと思いますが、これからも楽しんでやっていけたらなぁと思っております。
そして少しでも上達したいです!

美味しいお店もまたまた探して、そしてブログを通しても色々勉強できたらな~と思っております。コメント大歓迎ですので気軽にどうぞ!

今年もどうぞろよしくおねがいいたします。





CIMG4358.jpg
今年は「子」ネズミ年です。

年初めのお菓子は、フランス語で「ネズミ」 スーリーのシュークリームです。

ネズミはやっぱり、はつかネズミが可愛いので、白のフォンダンで。

 「ルコント」のスウリーのように・・・。

でもシッポとミミもシュー生地にしました。

シューだけどあまりにもネズミ、ネズミでちょっといや??
並べ過ぎかな。(笑)






CIMG4355.jpg
フォンダンのかけ具合シューの膨らみ加減で、とっても変な顔になってしまった
ネズミちゃんもいました。
可愛く作るのって結構難しい・・・。


CIMG4356.jpg

CIMG4353.jpg

細くて小ぶりのには女の子にしようとシッポにリボンをつけたりして。

後ろから失礼~。





フォンダンで甘くなるので、パティシエールは少し甘さを控えました。
グラニュー糖を少しトレハロースに置き換えました。

メレンゲとは違ってパティシエールだったので、砂糖を単に減らしても大丈夫だったでしょうが、ちょっとどんなものか使ってみたかったので。
同じできあがり状態でかなり甘さが抑えられていていました!
砂糖の45%の甘さです。カロリーはほとんど同じそうです。

パティシエールにトレハロースを使うと、水を捕まえる力が強いので離水しにくいため、冷蔵や冷凍に対しても状態を安定に保ち、ミルク感が向上するそうです。そして冷蔵臭も出にくくなるそうです。
すぐに食べてしまう家でのお菓子よりは、お店などで冷蔵、冷凍する場合には威力を発揮するのでしょうね。


バニラビーンズキルシュが入ったとろりパティシエールをたっぷりと入れました。。
見た目よりはずっしりと体重のあるネズミよ。
フォンダンの甘さとパティシエールの控えた甘さが丁度良く、美味しかったです。



にほんブログ村 スイーツブログへ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード