topimage

2017-05

パラオ2 (グラスボート、とりとり、スパ、エリレイ) - 2017.05.04 Thu

Palau Royal Resort パラオロイヤルリゾート

ホテルビーチ


朝起きて、ようやく周りの景色や、ホテルの様子がわかりました。
日本人スタッフのいる、日系ホテルです。
朝食も和・洋・中あり、トイレもウォシュレット付きで嬉しいです。

ロビー

ホテル



午前中は、グラスボートで海に出ました。
ダイビングやカヤック、トレッキングなどアクティブなオプショナルツアーがたくさんある中、お子様、年配の方に人気の、グラスボートです。
高速のボートでサンゴ礁の美しい、魚がたくさんいるスポットへ。
ボートの底にガラス張りの部分があって、洋服のまま海の底を見ることができます!途中、ガイドさんのお話をうかがいながら、気持ち良いクルーズです。


グラスボート
パラオはサンゴ礁が隆起してできた島。
島の下が海水で削られて、くぼんでいくので、キノコのような形になっていくんですって。

パラオは日本が統治していた時に、病院や学校、橋、電気などが整備されて、新しいものがたくさん入ったことで、パラオ語になかったものがたくさんありました。
なので、日本語がそのまま、パラオ語になっている
ものがたくさんあります。
デンキ、ゴミ、はそのまま同じ意味でパラオ語になっています。
ゴミがなかった自給自足の生活から、便利になると、ゴミが出てきてしまう。複雑な思いです。

パラオは親日国と言われていますが、それは、日本統治時代の日本人のパラオの人へのわけへだてない態度や、勤勉さ誠実さからきているといわれています。そして、第二次世界大戦末期、パラオは日米の戦場となり悲しい歴史がある、日本人には知っておかなくてはいけない場所でもあります。





お昼には、ホテルに戻ってきました。
グラスボートガイドのアキコさんに、町でお勧めのお店を紹介してもらい、ランチへ。
ほとんどのお店が送迎の車を出してくれます。
ホテルのフロントに言って、車を呼んでもらいました。

とりとり 
カウンター席の、日本食レストランです。
ランチはお味噌汁のついたランチセット。
マグロの漬け丼と、ツナステーキ(マグロの照り焼き?)のセットにしました。

とりとり
お味噌汁、普通に日本と変わらない味で美味しいです。
パラオはお魚をお刺身で食べるので、刺身を出している店がたくさんあります。
漬け丼は、日本と変わらない味ですが、添え物のおかずが、ゴーヤチャンプルーのようなものや、キムチだったりします。
白米も短くて丸い、日本のお米のような感じでした。
ツナステーキの味付けも、見た目、照り焼きの味かと思いきや、ガーリックをきかせたソース。
美味しかったです!




こちらも、紹介していただいたお土産屋さん&カフェ。
ルー・ギフトショップ

町のスーパーなどへも行きましたが、お土産はここがそろっていました。
お菓子も美味しいものがそろっていたし、個包装のクッキーもここならではのものです。
小物やTシャツも多くそろっていました。

お土産を買ったら、カフェもあるので、一休み。
素敵な音楽が流れ、落ち着いた空間です。
美味しいコーヒーもありますし、かき氷、ケーキなどもあります。

コーヒーとマンゴーかき氷。美味しいです。
他のお客様が誰もいなかったので、ソファー席でかなりボーっと寛ぐことができました。

cafe.jpg
トイレがホテルではない場所では、紙はカゴへ捨てて流してはいけないのがほとんど。
こちらも、水も貴重であまり水量がないので、お水を溜めた大きなバケツがあって、そこの水を桶ですくって流すようになっていました。
パラオはサンゴ礁でできた石灰岩なので、雨が降っても水はけがよく溜まらず、池などもないため、少ない雨水をためて大切に使っていることが多いようです。

タクシーを呼んでいただき、ホテルへ戻りました。





マンダラスパ

ホテル敷地内のスパです。
ジンジャーティーをいただいて、好きな香りのオイルを選びます。
海に面した個室へ案内されて、マッサージを受けました。
窓がオープンで外から爽やかな風が入ってきて気持ちが良いです。

spa.jpg




Restaurant& Bar ELILAI  エリレイ

夕食は、こちらへ。
観光客向けの小綺麗な、高台にある見晴らしの良いレストランです。
こちらは、日本からお店のHPのReservation Formでテラス席を予約していました。
英語で入力をしてメールを出したのですが、返信が日本人スタッフから日本語のメールが来て、ホッとしました。
食べられないものや、アレルギーの伝達もでき、安心です。

当日は、約束の時間17:30にホテルへ車で迎えに来てくれました。

エリレイ


コースを頼みました。
前菜は蟹の身をほぐして酸味のあるソースで和えたものが、甲羅にたくさん詰まっています!さっぱりとしていて、それでいて蟹の美味しさがしっかりとしていて、とっても美味しかったです。


クルミ、パパイヤ、ゴルゴンゾーラのサラダ。
タロイモのスープ
  色はすごいけど、とっても美味しい。
スペアリブ

魚は肉厚で、パサつき感が全くなく、ほくっとした白身。
バジルソースがこれまたGoodです。

スペアリブはお肉が柔らかく、ほろりとほどける感じでびっくり。こちらも美味しい!添えてある色とりどりの野菜のピクルスも好み。


日が暮れてきました。

デザートは、レモンシャーベットと、ココナツアイス。
ココナツの実の皮がお皿になっています。

デザート
奥では、演奏がはじまり、本格的なディナータイムです。
真っ暗になってからでは、景色が楽しめないので、夕暮れ時を楽しむならば、やはり早めのスタートが良いと思います。


どのお料理も美味しく、分量もちょうど良くて、日本人好みのお店だと思いました。
帰りも車で送ってくれるので、安心です。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード