topimage

2017-08

フランス パリへ   - 2017.08.05 Sat

パリ 3泊6日 1日目

エールフランス
夏休みをとりました。
仕事が終わってから、羽田にむかい、23時近くのエールフランスです。
12時間のフライトですが、羽田空港、深夜の直行便が一番体に負担がかからず良い、と私は思っています。
乗って1時間後に機内食が出ます。食べて寝支度。

歯磨きをして、アイマスクに耳栓、保湿のマスクに、枕。準備OK!ここまででフライト2時間経過。
機内も暗くなり、おやすみモード。皆シートを倒して眠りへ。
気が付けば6時間寝ていました。どこでもしっかり寝られるのに感謝。残り4時間。
映画を1本見ると、機内食(朝食)が出てきます。食事を済ませて手荷物を整理したりして・・・
ここまでで、残り1時間。
時間を持て余すことなく、12時間過ごせてしまいました。
そして、なんとなく体内時計もパリ時間にリセット。
 



オペラ座

パリ シャルルドゴール空港に現地朝の4時半につきますので、パリ市内に6時には着いてしまいます。
オペラ座の近くのホテルに荷物を預けて、カフェへ。
早朝のオペラ座です。肌寒い。20℃いっていないと思います。




グランドカフェカプシーヌ

カフェで朝食

まだうす暗い中、あかりがついていたカフェ。
入ってみました。お客様はちらほら。
一番簡単な朝食セット。クロワッサンにジャムが数種類。
オレンジジュースにコーヒー。

テラス側に座ったので、道路に近かったこともあり、日本人の私たちに店員さんはとっても親切でした。
今は大丈夫だけど道に人が増えたら荷物に気をつけてね、とかジャムは全部持って帰ってよいよとか、色々話しかけてくださり。
クロワッサンもサクサクで美味しかったし、オレンジジュースも生オレンジジュースで美味しいです。
店内の雰囲気もパリらしく、日本とは違うカラッと涼しい気候を感じつつ、街並みを眺めながらの朝食は、なかなか良かったです。
まずは、パリに来たぞ!という気分が味わえました。




パン教室へ

今回はパン教室に参加してみようと予約をしていました。
地下鉄の3日間フリーチケットを買って、教室をやるパン屋さんへむかいます。


Le P'tit Mitron   (ル・プティ・ミトロン)

シェフはムッシュー・ディティエ。
とても陽気なシェフです。お店の看板もちょっとエッチで誰が考えたのお?!って感じです。
気になる方はお店の名前をクリック。
熊本のくまモンも来店したことがあるらしいです。

教室では、バケット、クロワッサンの作り方を教えていただきました。
味見もたくさんあって、次々と出してくださるので結構お腹が一杯になってしまいます。
どれも美味しいです!
窯から出てきたバケットも、熱々のところをちぎって分けてくださいます。良い香り~。
焼きたてのバケットなんて、めったに食べられませんよね。
小麦の話やバター、イーストの話、その他丁寧に質問に答えてくださいます。

パン屋

パン作り

昔ながらのパリの建物の中にある、町のパン屋さん。
現代の私たちにはちょっと不便な点もあるけれど、上手く工夫して使っているし、昔の作業ならではの造りもあったりと面白いです。
パリでのパン屋さん、お菓子屋さんの歴史はただものではない、ということを実感します。
それに、この風土があるから、というものもたくさんあります。
やっぱり、実際のお店の裏で経験するのって面白いです!!
また、少し長い研修旅行に行きたくなってしまいます。


自分の分は、お持ち帰りなので帰ってからも楽しめます。



すっかりお腹が一杯になってしまって、ランチは無理だね、ということになりショッピング。


ポワラーヌ (Poilâne)

ポワラーヌ 

パン ド カンパーニュ(田舎パン)が有名なお店ですが、ショソン・オ・ポム(アップルパイ)やクッキーも有名で人気があります。
そして、もともとカンパーニュ用の袋からきているこちらのエコバッグも人気なんですよ。
麻の袋にパリの有名デザイナーによって可愛らしい黒い犬のイラストが加えられたもので、日本に来ると倍の値段になっています。
今回私は、クッキーを買いたくて寄りました。素朴な味わいのクッキーですが形が可愛らしいんです。
スプーンと花型のクッキーをお土産に。
スプーンが細いので折れやすいです。持ってきたタッパーに入れてハンカチでパッキングしたけれど、日本に帰ってきたら2本折れていました。





ジェラールミュロ (Gerard Mulot)

ジェラールミュロ
イートインスペースも若干あります。





アモリーノ (Amorino)  サン・ルイ島

合成保存料・人工着色料を使わず、厳選された高品質な原料を用いて手作りされるジェラートやさんです。
パリに急速に増えているお店です。
アイス

コーンの時だけ、バラのように盛り付けてくれます。
Sサイズでジェーラトは3種類にしました。
ピスタチオ、マンゴー、ラズベリー。どれも濃厚な味わいで、さっぱりとしています。
お花の形、可愛らしいけれど、主人が秋田出身なので、どうしても「ババヘラ」を思い出してしまう。
超有名なベルティヨンは長蛇の列でした。





バター、チーズ、果物を買って、自分で作ったパンを夕食にしました。
ガスパチョも買いました。フランスで夏には人気のスペインの前菜スープ。冷製野菜スープです。

日本にはない平たい桃、アメリカンチェリーより大粒のサクランボが美味しい!

パンとチーズ

チーズ、バターもやっぱり美味しいです。


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード