topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BENOIT ブノワ - 2007.06.09 Sat

先日の娘の誕生日にかこつけて。
先週は皆忙しく、食事にも行けなかったので今週どこかへ・・・といいつつまたブノワへ。
行き慣れたところへついつい行ってしまう。そろそろ季節もかわりメニューも新しくなっている頃。楽しみ・・・。

螺旋階段を登ってダイニングへ。スタッフの方が全員笑顔で「いらっしゃいませ」と声をかけてくださる。当たり前のことだろうが、あえてそう感じるのはなぜだろう・・・。スタッフの方の人数が結構いるものね、ちゃんとお客様の目をみているし、席に案内されるまで何人も微笑みを返しながら通り過ぎる。窓が大きく光がたくさん入り眺めが良い窓の外の小さなグリーンスペースが11階なのに中庭風で落ち着く。赤いカーテン赤い壁紙は珍しいけれど明るい花柄のクッションにはえて素敵だな。

コースの最後のデザートが、コース様ではなくデザートメニューから好きな物を選べるのがなんといっても嬉しい。ボリュームあったって全然平気だもん。
メニューをじ~っと見る。やはり前回とは違っています!どれも食べたい。なので3人それぞれ違う物を頼みました。まだまだ他にも食べたいのがありました・・・。


20070609094925.jpg
イチジクのティアン ラベンダーの蜂蜜のグラス

クッキー生地の上にクリーム、そして生のイチジク。フレッシュなイチジクがサクサク生地とフルーツソースと一緒にいただくと、香りが増してと~っても美味しい!シンプルな見た目だけどこれは感動。蜂蜜のアイスクリームはジェラートのようなさっぱり感で甘み控えめ。


20070609095209.jpg


今日だけの日替わりデザート。娘はこれを選びました。誕生日なのでと予約の時お話をしてあったので、プレートをつけてくださいました。皿盛りだったらたぶんお皿にかいてくださるところ、スフレを頼んだのでこのような形になったのでは・・と思います。


ウィークリースペシャリテ カシスのスフレ



20070609095223.jpg


見た目変わっていて惹かれるのですが、これはとっても食べにくかったです。パリパリのチョコレートを崩してしまうと柔らかいクレームブリュレがど~~~っと全部出てきてしまって。綺麗に食べるのは難しいっ!コーヒー味のクレームブリュレで結構甘い。


ショコラのクロッカン クレームブリュレのグラス


デザートの前にお店の方が「よろしければお誕生日の記念写真をお撮りします」と、カメラを持ってきてくださったので3人で撮っていただきました。デザートをいただいている間に写真に名前が入ってそれががカードに張られて・・・お誕生日のカードに。ありがとうございました!


にほんブログ村 グルメブログへ

下線文今日いただいたコースです
食事の前に、パン生地を薄くして焼いた物。
レンズ豆ゴマターメリックなどの香辛料を入れたペースト。
クリームチーズエシャロットのクリーム。これをつけて頂きます。
その時にペーストの種類はかわります。
それと、パンの盛り合わせ。
20070609095031.jpg

オードブル2品または、前菜1品を選びます。
これは、オードブル2品
20070609095140.jpg季節の地野菜とハーブのサラダ
クルミオリーブのヴィネグレット

地野菜という名がついていますが、あまり見ないお野菜が色々はいっています。お花もはいっていました。ドレッシングがまた香ばしくて美味しい。シェリービネガーだとおっしゃっていました。

イトヨリのエスカベッシュ
さっと火を通したイトヨリオニオンのマリネ。疲れた体にうれしい。


メインディッシュ
帆立貝のスナッケとそのジュ アンディーブと共に
20070609095154.jpg





厚みのある帆立貝。ん~美味しい。ローストしてありますが、中は半生。アンディーブは生、ソテー、ペーストにしてソースにと3種類の違った味わいが楽しめます。





ブノワについて
L'origine 歴史
1912年、パリにオープンした『ブノワ』。古き良き正統派の「ビストロ・パリジャン」として、ミシュランで唯一の一つ星を獲得、世界中の美食家たちが足繁く訪れるレストランとして名を馳せています。

このレストランを4代に亘って経営してきたプティ家は、長年培ってきた「伝統」に新風を吹き込むため、2005年4月、『グループ・アラン・デュカス』に営業権を譲渡しました。

プティ家の人々も、それを契機に彼らの名がこれほどまで海外で響き渡るとは、想像し得なかったでしょう。しかも東京の中心に、彼らが93年間一徹に守り続けてきた『ブノワ』の名を冠したレストランが生まれようとは・・・。 (ブノワ、ホームページより)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/110-2be2831c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

mousse fromage blancs (ムースフロマージュブラン) «  | BLOG TOP |  » Mousse aux framboises (フランボワーズムース)

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。