topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タルトフレーズ、 タルト・オ・ココ、 タルト・オ・ショコラ  - 2008.05.31 Sat

製菓教室のアイテムです。

今日はタルト3種類。

私たちはタルトフレーズを作りました。


TARTE AU FRAISES タルトフレーズ


タルトフレーズ


タルトフレーズ2


このタルトの生地はパートサブレブルトン
ガレットプルトンの生地です。この生地もタルトになっちゃうなんて驚き。

タルト生地も1cmくらいの厚さにのばしてセルクルの中に敷きます。
BP が入っているのでセルクルの上の方まで膨らんでいるでしょう?
それを焼きあがる途中でオーブンからだして、こんな風にマンケ型で押さえてしまうんです
すると、お皿になって中にクレムーをいれられるんです!

押してからさらにもうちょっと、しっかり焼きます。

パートサブレブルトン1パートサブレブルトン2



タルトフレーズ、カット

中には苺のピューレで作ったクレムーが入っています。

たっぷりのバターと卵黄が入ったリッチな生地、苺の甘酸っぱさとフルーティーな香り・・・。
ん~やっぱり美味しいです!




TARTE AU COCO タルト・オ・ココ

タルトオココ


タルトオココ、カット


見た目とっても地味なんですが、これ一口食べると驚き。
まわりはサクサク軽いタルト生地
中はバニラとココナツの香りでふわっふわなんてす。

中のクレーム・オ・ココココナツファインがたっぷり入っていて粉糖、バター、卵、そしてクレームパティシエール(カスタードクリーム)が入るんです。

ココナツリキュールが少し入っています。





TARTE AU CHOCOLAT タルト・オ・ショコラ

タルトオショコラ

CIMG5679.jpg


アーモンドパウダーが入ったタルト生地です。

タルト生地は空焼きしておきます

そしてアパレイユオショコラを流し込んで200度に熱したオーブンを切ってしまって、そこに30分入れておきます。
卵が入っているのでじっくり火を入れて滑らかにしあげるんです。
やっと固まったとろけるチョコレートプリンのような感じ。

ジャンポール先生ジュエルロブションにいらした時のレシピだそうです。
えー本当?! 嬉しい!
レストランでは、もっと生地は薄~く泡が1個でもできたらお客様にはお出しできないらしいです。
プロって凄いなぁやっぱり。

とにかく濃厚かつほろ苦いチョコレートとろける感じが感動です



にほんブログ村 スイーツブログへ

スポンサーサイト

● COMMENT ●

pioさん

そうなんです、どれも目新しいものではなかったのでワクワク感は正直あまりなかったのですが、シェフがかわればやり方も違い。以前作ったことのあるものでも新鮮な驚きがありました。それにやっぱりベーシックなものは美味しいですね!ランチの後の試食は1人3カット。
美味しかったけれどこれは相当お腹に来ました・・・。

miffyさん

こんにちは!
こちらこそまたよろしくお願いします。
私も定期的に更新できているなあと思えば忙しさと疲れでパソコンあけたくなくなる時もあり・・・。なんとか続けております。
苦痛になったら意味がないので楽しいと思える余力を残してやっていこうと思うのです。

kurashikikomachiさん

そうなんですよね、タルト生地ひとつにしても食感や焼き具合や色々シェフのこだわりがあるので、自分で一番美味しいと思う好みのものにアレンジしていくとベストかなあと思います。こだわろうと思えば奥の深~いものかもしれませんね。それを追求できるのはいつのことだろうか。

お~。

今回はタルトだったんですね~。
どちらも代表的なタルトですが、
どちらが好みって、どっちも好きだから
両方食べたいって答えちゃいそうです^^
ジュエルロブションの時のレシピ~♪
よかったですね!チョコレートプリンのような
滑らかな濃厚で苦味のある。。。ふ~おいしそう。

こんにちは。
ご無沙汰しております。
先日はコメントいただきまして、ありがとうございます<(_ _)>

美味しそうなスイーツがたくさん♪
目の保養をさせていただきました(^^)
4月だったかな?
吉祥寺のパン屋さんダンディゾンへ行きました。
知っているお店が記事になっていたので嬉しかったです。

のんびり更新ですが、今後とも宜しくお願いします。

どれも素敵

どれも素敵ですね。タルトって素人的な考え
で、クッキー生地を使うことしか知らない
けど、こんなに手間をかけ愛情を注ぎ食べる
側の立場になって作っているのを見てると
「凄い」の一言です。
タルト・オ・ショコラなんて芸術作品ですね。
わぁ食べたい!です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/236-86895530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Patisserie Sadaharu Aoki Paris、  DEAN & DELUCA «  | BLOG TOP |  » お誕生日ケーキ  (ガトーフロマージュ) 

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。