topimage

2017-06

加賀屋 (石川県・能登) - 2008.08.31 Sun

和倉温泉  加賀屋


門をくぐって白い提灯がついているところが入り口です。

噂には聞いていましたが、すっごく大きな建物です。


「おかえりなさいませ。」と近づいていらした方は、入り口で荷物を先ほどおろしてくださった方。
さっき、まだレンタルして間もなかったのでトランクの開け方がわからなかった私たち。
借りた時にそこの方に荷物を入れてもらっちゃったので。

運転席から開ける方法がわからなかった・・・。

外からトランクを開ける鍵穴もなし。後ろの席を前に倒して出したのです。
車種のつくりを調べてくださったようで、運転席からは開けるレバーはついていないんですって。
トランクを開けるところもドアの端についていてびっくり。
そんなことまで調べておいてくださってありがとうございました。
明日から助かります。

そして、おもてなし係りの方にお部屋へ案内されました。



加賀屋


18階の浜離宮に泊まりました。
浜離宮

廊下に面した格子戸を開けると玄関のよう。
少し先に部屋の入り口があります。
部屋入り口


床の間付きの和室。
窓の外は一面海です!
和室床の間


お隣に小さな和室。
L字に窓があるのでここからも海。
掘りごたつになっています。
ツインのベットルームとシングルのベッドルームがついています。
奥の間ツイン


洗面所とバスルーム。
その他にトイレが別についています。
洗面所バスルーム

部屋はこんな感じ。ご参考にしてください。




さてと、しばらくするとお部屋係りの方がご挨拶に。
ずっとこの方が部屋についてくださいます。

皆さん下の名前がネームプレートに。でも本名ではなくて源氏名なんですって。
ご指名でお部屋係りをお願いされる方もいらっしゃるそうなので、同じ名前はないそうです!

噂によると、できる限りお客様のいらした土地に馴染みのある者が係りにつくそうで、今回は銀座店にいらしたことがある方だったので、はやりその噂は本当か?と思いました。
銀座店の話や東京にいた時のお話などちょっとうかがったりして、少し打ち解けた気分。


そして、和菓子とお抹茶が出てきました~!
ケーキをたくさん食べたのに、これは別。
嬉しい!
和菓子2
茶器2
これは主人へサーブ











和菓子1
茶器1
私へ











和菓子3
茶器3
娘へ










それぞれ違うお菓子、茶器。楽しいですね。
娘は若草に露が光るお菓子。瑞々しい~。一番若いからだよね~。納得!

「お菓子に添えられているこの葉は何ですか?」と私が尋ねてしまったら
「聞いて参りますね」とおっしゃってしばらく。
余計な事を聞いてしまったな、と申し訳なく思いながら、でも美味しくお菓子をいただいておりました。

ヤマゴボウ

そしたら・・・、わざわざ漆塗りのお盆にその植物をのせてきてくださったんです。
「あーん、すみません!ありがとうございます!」
ヤマゴボウですって。よく道端でも見られるものだそうで、そういわれるとそうかも・・。
実物の全体を見れてちょっとわかったような気がします!

葉の名前を伝えられるだけかと思っていたので、びっくりです。
植物の話を少しうかがって、この写真をとって・・・。
もうすっかり打ち解けて。

とっても丁寧な言葉使いて身のこなしもそつがない。
でもお客様に緊張させないような雰囲気があって、サービスも嬉しい驚きの範囲で、過剰でなくわずらわしさを感じないのはありがたいです。





夕食には少し時間があります。
30分のフットマッサージに行きました。(レディース限定)

サロン&スパ 

エステ1
エステ2
最後にミントティーと辻口さんのマカロンが出てきました。
中島菜という能登の特産物が生地にねりこまれているそうで、薄い緑色。
中はライチのクリーム。
先ほどのお店にもおいていないマカロンで、こちらでのみいただけるものだそうです。

しかし、良く食べる。
帰ったらすぐに夕食よ~。



にほんブログ村 スイーツブログへ


スポンサーサイト

● COMMENT ●

kurashikikomachiさん

そうなんですよね、日本一を連続して獲得しているその理由を知りたくて行きたかったのです。
行く前にどんなところがすばらしいか、お部屋はどんな感じかなど、調べたかったんだけど以外に知りたい情報が得られないまま行ったのです。
行こうかな~と思われている方に参考になれば良いです。
日常の忙しさから離れるには最高です。

日本で一番リピーター率の高さと接客が素晴らしいと
聞いたことがあります。このお部屋のお花も
おもてなし係りの方が生けられてるのを
実際TVでみたことがあるんです。
それとお客様に絶対NOと言わないというのも・・・
お茶菓子のもてなしもいいなあ。旅館なんて
泊まることはほとんどないので行ってみたい。
サロン&スパで美しくなってその後のミントティーと
マカロン・・・もう私にはたまらない世界を
体験されたcikoさま。うらやましすぎます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/291-f9b10008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

加賀屋 夕食 «  | BLOG TOP |  » LE MUSEE DE H ラ ミュゼ ドゥ アッシュ/辻口博啓美術館 (能登・金沢旅行記)

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード