topimage

2017-07

ブノワ (青山)  - 2009.01.09 Fri



8月中旬より休業しておりましたブノワが、12月4日(木)に再オープンしたんです!

もう嬉しくて!
スタッフの方とも顔見知りになって何でもうかがうこともできるし、そのプロフェッショルさ居心地のよさは他の店では味わえません。

お店についたとたんに懐かしいお顔が。
レセプションチーフの彼女に会えなくなってしまったのは悲しかったんです。
一旦違うお店に行っていたのにオープンを知って戻ってきてくれたそうで。

今回40%はスタッフが入れ替わったそうです。
でもまた会えてとっても嬉しい!
やっぱり彼女がいなくては、と思う存在です。

しばし歓談をして席に案内してくださいました。



シェフも引き続き小島シェフ。

エグゼクティヴシェフ・小島景プロフィール



窓が大きくて開放的で、こちらのインテリアは時代とフランスを感じさせるとっても素敵なものです。
インテリアはそのままで、フランスの邸宅へお邪魔したような、上品だけれど気取らない雰囲気で私が好きなブノワのまま。

アランデュカス氏が蚤の市で見つけてきたアンティークなエッフェル塔もそのまま。
R0011228.jpg


1月中に予約を入れた方は、再オープンのお祝いとしてシャンパンがサービスされます。
飲めないけれど、お祝いなのでいただきました!
R0011229.jpg


R0011230.jpg

支配人がかわられたそうでご挨拶に来てくださいました。
 「ラ・ロシェル」  にいらしたそうです。

私が尊敬していた支配人はかわってしまったのですね。
何をうかがっても即答でき、食の知識が素晴らしかった。
疑問に思ったことなどすぐうかがえて、楽しくお話もできてとってもなじみがあったのですが。

でも、新しい方も様々な経験もある方のよう。少しお話をしまして、さてと何をいただこうかと。

お食事する前にすっかり寛いで楽しませていただきました。


R0011231.jpg


プリフィックス・メニュー

オードブル(2品)又は 前菜 +メインディッシュ + デセール+コーヒー 4,800円
のコースにしました。

オードブル2品を選択。
前菜も美味しいですが結構ボリュームあります。



スライスのパンはレモンの香り。
R0011232.jpg

2人で行きましたので、両方写真を撮らせていただきました。



オードブル2品

牛肉のタルタル鶉の卵
ピクルス、塩、卵など色とりどりのスパイスがストライプに並んでいます。
こちらを混ぜていただきます。
R0011233.jpg
サーモンのマリネとブリニ
サーモンのマリネをそば粉のミニパンケーキのせていただいた。美味しかった!


鶉とフォアグラのドディンヌ ジュレ添え

柔らかく旨みのあり鶉とねっとり甘味のあるフォアグラ。
旨み凝縮の煮こごりのようなジュレをつけながら。とっても気に入りました。
R0011234.jpg
R0011237.jpg


季節の地野菜サラダ
R0011236.jpg



メインディッシュ

スズキのオーブン焼き ポロ葱とジャガイモ添え
R0011239.jpg
ふっくら大きいスズキ。



川俣シャモのビネガー風味 マカロニグラタン
R0011240.jpg
R0011241.jpg
酢で煮たような柔らかいシャモ肉。少し酸味のあるソースが食欲を増進!
マカロニグラタンとは、このお肉の下のイカダのようなこれ!
マカロニを並べてグラタン風になっています。ビックリ!チーズのカリッと感が美味しい。
柔らかく肉厚のほうれん草も美味しかった。



デセール


パイナップルのロースト ココナッツのムース
R0011247.jpg
R0011244.jpg
素敵な器に入ったデセール。
うわ~!と嬉しくなっちゃいます。
パイナップルのローストがたっぷり。そしてココナツのムースのなかにはパイナップルのソルベが入っています。
サクッとしたシュトロイゼルが美味しさプラス。



チョコレートとキャラメルのブノワ風 牛乳のアイスクリーム
R0011245.jpg
R0011251.jpg
濃厚チョコレートケーキとキャラメルには、ほんのり塩がきいていています。


R0011246.jpg




最後にクッキーとオレンジフラワーのギモーブ
R0011248.jpg




R0011250.jpg
とても楽しいひと時を過ごすことができました。
特別意標をつくお料理だとか派手さはないのですが、何よりも私にとって居心地が良く楽しくお食事ができる空間です。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

pioさん

そうなの、再開して嬉しいです!
カフェの方ならもうちょっと気軽に行けるので、1人でも行けそうです。

ブノワ、再開してよかったですね~~♪
うちにも案内が来ていました。
cikoさんはきっとすぐに行かれるんだろうな~と思っていました(^^)ブノワでのお食事は、cikoさんが本当に楽しそうにレストランの方とお話されていたのが印象的でした。お気に入りのお店だというのがすぐにわかる!
私もおりをみて伺いたいで~~す。

kurashikikomachiさん

最近思うのですが、歳とともに新しいお店を渡りあるくよりも、
馴染みの店に会話とお料理を楽しみに行くほうが、居心地が良くなって
きました。
旅館なんかも、部屋つきの仲居さんとの会話で知識を得られて楽しいし、レストランでも
「いかがですか?今日のは何とかを使っていて・・・」などと話しかけれるのも
楽しめるようになりました。
若い時はそういうのがわずらわしく泊まるのもホテルの方が良かった。
おばさんになった証拠ですね。はは。


> お気に入りのお店が再オープンされたのですね。
> よかったです。お料理ももちろんですが
> 居心地や雰囲気すべてが充実してるのであれば
> なおさら再オープンを希望しますよね。
> オードブルがおもしろいですね。こういう
> 遊び心があるものを最初に出されて
> くるとワクワクしてしまいます。
> 気になったのはお皿の使い方。清潔感
> ただよう真っ白いお皿でいただくお料理
> は格別ですね。

お気に入りのお店が再オープンされたのですね。
よかったです。お料理ももちろんですが
居心地や雰囲気すべてが充実してるのであれば
なおさら再オープンを希望しますよね。
オードブルがおもしろいですね。こういう
遊び心があるものを最初に出されて
くるとワクワクしてしまいます。
気になったのはお皿の使い方。清潔感
ただよう真っ白いお皿でいただくお料理
は格別ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/368-646b0e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヌガポム、 シブースト «  | BLOG TOP |  » エーグル・ドゥース (目白)

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード