topimage

2017-08

ベトナムコーヒー、焼き菓子 - 2009.03.16 Mon



ベトナムのお土産をいただきました!

ベトナムコーヒーと、コンデンスミルク、そしてそれを入れるためのドリッパー

まずカップにはコンデンスミルクを入れておきます。
ドリッパーにコーヒーを入れて中蓋を落とし、その上から熱湯を少量注ぎ蒸らします。

そして、お湯を注ぎながらぽたぽたと落ちるコーヒーの雫を眺めながらコーヒーが俳っていくのを待ちます。
すっごくワクワクするなあ~。

R0012038.jpg


R0012039.jpg
ちゃんとコンデンスミルクの白い層と、コーヒーの層と別れて2層になりました!
コンデンスミルクを混ぜていただきます。
甘すぎずに美味しい!もっと癖のあるものかと思っていましたが、とっても飲みやすい。




それと、お菓子の型をいただきました。
ベトナムでは冷菓に使われているようなのですが、形がとっても可愛いので焼き菓子に使ってみました。

R0012049.jpg
R0012036.jpg
小さい丸いボタンのような型は、ココナツのフィナンシェを作りました。
バターは焦がさずに、ココナツファインを入れた生地が白く綺麗な色で焼きあがるようにしました。

葉の型はピスタチオのフィナンシェ
こちらは焦がしバターにして少し香ばしさもプラス。
中がシットリとしたフィナンシェで、ピスタチオの香りも良いです。

深さのある花型は、グリオットとキルシュのカップケーキ
グリオットピューレを少し入れました。
裏返せばグリオットが真ん中に入ってそれもまたお花のようです。



ベトナムコーヒーを飲みながら、可愛らしく焼けたお菓子を食べて素敵なコーヒータイム。

しばらく楽しめそうです。

ありがとうございました!



にほんブログ村 スイーツブログへ



スポンサーサイト

● COMMENT ●

pioさん

ね~、 ベトナムのお菓子の型、かわいいですよね!
こんな感じの型って見ないもの。

フィナンシェって焦がしバターで作るものが多いのですが、シェフによって焦がすことを嫌っている方もいらっしゃったり、フィナンシェの種類によって焦がしの香りがじゃまになるなと思う時は、焦がさない場合もあるんです。なので今回は素材によって加減を変えてみました。
ココナツは白くしっとりとした感じにできました。
ピスタチオは焦がしバターがばっちりあいますね。

かわいい!!
ベトナムのお菓子の型、かわいいですね。
チープな感じだけど、すごく好き。道具好きの私としては、見逃せません。
cikoさん、おいしそうなココナツフィナンシェ作られてますね。フィナンシェって焦がしバターで作るものとばかり思っていたんですが、別に焦がさなくてもいいんですね。ピスタチオのフィナンシェなんて、おいしいんだろうなぁ~^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/409-2db6f8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブリザードフラワーのさくらケーキ «  | BLOG TOP |  » シェ・ヴー (石神井公園)

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード