topimage

2017-08

ミラベルのタルト、ナンシーマカロン コメルシーマドレーヌ  (Travel of France #7) - 2009.08.15 Sat




毎週土曜日は・・・

ジャンポール チェボー クッキングステュディオフランスお菓子の旅です。



thiriet


フランスのアイスクリームメーカーTHIRIET(ティリエ)。 (アイスの他にもいろいろな冷凍食品があります)
とっても大きな店舗で今回滞在中に絶対行こう!!と言っていたところ。
スーパーマーケットの様に広い店舗ほとんどがアイスだなんて~!! さすがフランスだわ!と感激。

毎日忙しくてなかなか来ることができませんでしたが、やっと来ることができました。
この日は少しのんびり地元で過ごしました。

とにかく種類が豊富
そしてとっても美味しいんです。
家庭でこんなに素敵なアイスを食べられるなんて幸せだなあ。
棒がついたタイプのアイスから、デコレーションアイスまで色々。
アイスクリーム1
アイスの他にも、冷凍のホールケーキ、エクレア、ガトーショコラ、マカロン、ドーナツなど見ているだけでも楽しいです!

冷凍の果物なども売っています。

お店のロゴが入った保冷バッグも、大きくスイーツの写真が魅力的で買ってしまいました!





LA COUPOLE


ジャンポールさんが地元にいらっしゃったとき、こちらでパティシエをしていたところ

お宅から10分程でつくこちらは、このあたりでも格段素敵なお店で人がものすごく入っている人気店
ジャンポールさんがここから世界に羽ばたいていったのか~、とルーツに触れたようで嬉しかったです。


ランチタイムは外のテーブルにも人が一杯で、とっても活気があります。

ジャンポールさんの懐かしいお友達もいらして、大きくなられた息子さんも一緒に働いているようでした。



ホミルモンお店1
私は、牛肉のほほ肉赤ワイン煮込み。パスタ添え。


パエリアのセットもあります。
サラダがメインのランチセットもボリュームがあり、とっても美味しそうでした!!
こちらのサラダは本当に美味しいんですよね~。
ドレッシングもとっても美味しいです。
ホミルモンお店3
ジャンポールさんの奥様に進められた、特製のアイスクリーム
お酒がきいていて、ドライフルーツが入っています。
すっごく私好み!!
エスプレッソも美味しかったです。ショコラがついていて嬉しいです。



ランチの後に、さらにデセール追加注文!!!
皆でシャアしていただきました。

苺のパフェ
大きな苺がたくさん入り、苺のシャーベットがとっても美味しい。
生クリームもとっても美味しかったなあ。
ボリュームある割りにさっぱりしているね!と皆で感激。
ホミルモンお店2
ミラベルのタルト

『ミラベル』はアルザス・ロレーヌ地方特産の果物でスモモの仲間だそうです。
なかなか時期的にフレッシュなものをいただく期間が短いようで、今回めぐり合うことができませんでした。保存食にもなり、瓶詰め、缶詰のものなら手に入るみたいです。

ミラベルのタルトは、フランスのスイーツのポスターなどに必ずのっていて、日本ではお目にかかれないので食べてみたかった憧れの1品でした。
素朴で甘酸っぱい味わい。フレッシュなミラベルに次はめぐり合いたいです。





またまたディナーに・・・。


ジャンポールさんの妹さんのお宅にまたディナーを誘っていただき、またまた行ってきました。
先日はバーベキュー。

この日は鴨を使ったお料理ときいていたので楽しみにしていました。

何度もお邪魔しちゃって申し訳ないなあという気持ちもありましたが、ジャンポールさんの奥様いわく、フランス人は本当に来てほしいときしかお誘いしないし、それを向こう側もとっても楽しみにしてるのよ。
日本人のようにまたきてくださいねといいつつ、また来たらびっくりされるというたてまえと本音という裏表がないから、本当に気にしなくて良いのよと言われました。なるほどそうなのね。
それならば、素直に心待ちにして楽しんじゃいます!!


お宅に着いたらもう良い香り~! オーブンで美味しいものが焼かれているーというワクワク感があります。
大きなグラタン皿が出てきました。
マッッシュポテトのポテトグラタンに、鴨肉がたっぷり入っています。
お肉がとっても柔らかく、お肉の味がポテトにしみて、こくがでています。
すっごく美味しくて、日本でもつくりたい!!と思いました。 
ホミルモン鴨

そして、デセールは手作りのブリオッシュのフレンチトーストに、ルバーブをトロッと煮た黄緑色のソース
酸味があって、バターの香りも良くとっても美味しかったです!

ここで、ツアー 一緒の美人なYさんのお誕生日が翌日ということで、ジャンポールさんと奥様が朝行ったアイスクリーム屋さんで内緒に買っていた、デコレーションアイスクリームケーキ

ロウソクの火を消してもらってお誕生日のお祝いをしました!
Yさんも、Yさんママもびっくり!
シャンパンもあけてまた盛り上がりました~。


この日でジャンポールさんの故郷、ホミルモンとさよならします。

だからママンや親戚の方とお別れをしました。
本当に色々とお世話になりました。
とっても楽しく、フランスの生活を満喫することができました。

ありがとうございました!! 

次の日は、ナンシー、コメルシーを通ってパリへ行きます。



ナンシー、コメルシーは続くへ。






NANCY ナンシー

アールヌーボーの町、ナンシー。


スタニスラス広場 (世界遺産です)

002.jpg



MAISON DES SŒURS MACARONS  
メゾン・デ・スール・マカロン



日本でかなりブームとなっているフランス菓子のマカロン。
色々な味はもちろん、カラフルな色で美しいお菓子ですよね。

マカロンは、アーモンドと砂糖、卵白が入った焼き菓子ですが、起源はさまざまな説があります。

ルネサンス時代にイタリアで生まれ、フランスには16世紀、フランス国王アンリ2世の元に嫁いだカトリーヌ・メディシスによって伝えられたとか。

フランスのコメルシーという街では8世紀終わりに修道士がすでにつくっていたとか。

17世紀ころからマカロンは各地に広まりましたが、クリームをはんだマカロンは、"パリ風"と呼ばれるパリ・バージョンで、地方にはまったく違うマカロンがあるんですよ~。 



元祖にもっとも近い味といわれているのが、こちらアルザス・ロレーヌ地方ナンシーのお菓子屋さん
 「Maison des Soeurs Macaronsメゾン・デ・スール・マカロン」 のマカロンです。


ナンシーマカロン



ナンシーでは17世紀から修道院でマカロンがつくられていましたが、フランス革命で修道院を追われた修道女2人が、かくまわれていたゴルマン医師の家でマカロンの製造を開始。

これが広まって有名となり、「Soeurs Macarons=修道女のマカロン」と呼ばれるようになったそうです。

表面は大きくひび割れていて、ねっちりとした歯ごたえ。焼いた紙がついたまま売ってくれます。
製法は秘伝です。

紙の裏を見てみると、マカロン1個につき、上に載せた写真の修道女のマークが1個印刷されていてそれが可愛いんです。
013.jpg

香ばしいかおりで、ちょっとカルメ焼きのような。
後をひく美味しさです!! 






LA BOITE A MADELEINES


マドレーヌ発祥の地と聞いてどんな町なんだろうと思っていました。

案外田舎?でびっくり。 とっても小さな町です。


18世紀にスタニスラス公のお城での宴会時、料理長と菓子職人が喧嘩をしたことがきっかけで代わりに貝の形にお菓子を作ったのがマドレーヌという女性

非常に美味しかった事から、スタニスラス公はこのお菓子に作った女性・マドレーヌの名前を付けた のだとか。

1860年頃から駅でも売られるようになると、当時、コメルシーにあった軍の基地に滞在していた兵士が、帰郷の際に、このお菓子を持ち帰り、徐々にコメルシーのマドレーヌとしてフランス内で知られるようになったのだそうです。

それと同時にスタニスラスこう公が、その娘でルイ15世の妃・マリーにこのお菓子を送り、宮殿でも評判になったことからパリで有名になったといいます。

味が評判を呼び、小さな町のお城で生まれたお菓子が今や世界中にまで知られているなんて凄いですよね。だからコメルシーの町にとっては非常に貴重なお菓子なんです。

マドレーヌ2

昔は町にたくさんあったマドレーヌ工場も、今は町の中に2軒しかありません。
ひとつはヨーロッパ各地にも輸出している大きな工場。

そして、もうひとつが今回行った、小さいけれども無添加でお菓子を作っているこちらの工場

今、世界中でマドレーヌは作られていると思いますが「マドレーヌ・ド・コメルシー」 と呼べるマドレーヌを作っているのは、この2つの工場のみなんですって。

だから誕生の地に、本場の味を求めてくる観光客は、今もたくさんいるそうです。

マドレーヌ1

卵、砂糖、溶かした砂糖、はちみつ、小麦粉、とうもろこし粉、レモン汁、バターが入っています。
味が濃いです。 とうもろこし粉というのが珍しい気がします。

日持ちがあまりしないのが残念ですが、添加物が入っていないので仕方がないですね。
これが昔ながらの味なのか~と感慨深くいただきました。

031.jpg


木で出てきた、わっぱのような入れ物が素敵なので、それに詰めて買うお客様も多いです。

色々な模様のものがあります。








フランスの旅も長くなりましが、次回パリで終了になります。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

pioさん

あの木のいれものは、マドレーヌ様なのよ。
あの器が有名なんです。小さいものから大きいものまであり、色々模様もあり・・・それがまた可愛らしいです。

たかこさん

フランスお菓子の旅、いいでしょ~?!
なかなかツアーでは味わえないことが多くて、夢みたいな毎日でした。
フランスねたは後1回でおわりますが、その後もまた遊びに来てくださいね!

盛りだくさんで、すごく楽しいのが
伝わってきますよ~^^
ミラベルのタルトがおいしそうです!
デコレーションアイスクリームケーキ、
すごい迫力♪主役でなくても、うれしいですね!
わっぱのような入れ物は、本来マドレーヌ入れ
なんですか?ちょっと日本的な、素敵な器ですね。

昨日はありがとうございました。

昨日はありがとうございました。ブログ拝見させていただきました。
いいですね~!!!
フランス!!!!私も行きたくなりました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/491-4204d92b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラ・リオン  (新江古田、江古田) «  | BLOG TOP |  » Gucci Cafe, てんぷら近藤  

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード