topimage

2017-08

タルト・オ・パンプルムース - 2010.03.14 Sun



Tarte au Pamplemousse   (タルト・オ・パンプルムース)



久しぶりのジャンポールさんの授業です。

月1回の日曜日の特別講習会。
生徒さんでなくても、単発なので気軽に参加できます。

今回は、パンプルムース(グレープフルーツ)のタルトです。

タルトパンプルムース全体


タルトの中身はグレープフルーツのゼスト、グレープフルーツを絞ったジュース、卵、バターがはいったクレムー・オ・パンプルムース。
タルトパンプルムース2

卵がプルっとふわっと焼けた時点でやめるのがポイント。
焼きすぎは分離したようになるそうで。
・・・そうね、プリンも加熱しすぎるとすが入って美味しくないし。卵のフィリングは加減が重要です。


卵の焼き加減が良いと同時にタルト生地もちょうど良く焼けないといけない。
我が家のオーブンではまた時間温度が違うので、また焼いてみよう。
タルトパンプルムース3


グレープフルーツの色にはこだわりはないです。
どちらでも手に入ったほうでよいとのこと。


デコレーションのはお隣の方と色が違っていたので半分ずつ使ってこのようにしました。
タルトパンプルムースカット
家に帰ってからピスタチオをふりかけました。


ふわっとしたクレムーはレモンタルトほどの酸味はなく、優しい 程よい酸味。
そして爽やかな香りがしてとっても美味しかったです。






スポンサーサイト

● COMMENT ●

ななさん

そうですね、焼き加減が重要。
だから家のオーブンでトライする必要ありですね。
グレープフルーツの程よい酸味が美味しかったです。

No title

お、美味しそう!!
卵のぷるんとした感じがもうたまりませんねー
焼き加減が美味しさを決めるんですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/592-5fef4069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パティスリー ラ・フィエゾン «  | BLOG TOP |  » ケンジントン・ティールーム  (池袋西武店)

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード