topimage

2017-04

ヨーロッパ大寒波 イギリスでのサバイバル旅日記 2日目のパート1 - 2010.12.28 Tue


GRANGE BRACKNELL HOTEL


昨夜遅くにチェックインしたのは、こちら。グランジブラックネルホテルです。


3時にベッドに入ったけれど、あれから1時間おきに目が覚めました
どうやらまだ緊張が続いている様・・・。

もう目がパッチリ覚めてしまったので、7時に朝食をとりに下におりました。

ブラックネル朝食
ビュッフェ式のモーニング。
トーストをお願いしたら上の写真のような面白いものに、トーストが立てられてきました。

焼きトマト、目玉焼き、ソーセージ、マッシュルームのソテー、ハッシュドポテト。
どれも見たままの味で普通でしたが、温かいシャワーをあびて、ベッドで眠れて、お食事もとれているんだから大満足です。


この日は夕方18:35のパリ行きのチケットが取れていたので、2時にはホテルを出て空港へ向かうつもり。

昨夜のうちに2時に空港へ連れて行ってくれるタクシーをお願いしました。

でも、それまで部屋にいるのもつまらないよね~。





外にでも出てみましょうか・・・ウィンザー城へ。


せっかくロンドンに来たんだから、外にでもでてみようか。
母もそう言っていましたので・・・コンセルジュに相談。

「ビックベンが見たい!」と言ったら、ここからは随分遠いらしく2時にはホテルに戻れないと言われました。
しゅん・・・。
「では、行けそうなところを教えてください。」


「近くにウィンザー城というお城と、その周りの町は買い物もできる良いところがあるよ、そこなら お昼食べて帰ってくるとちょうど良い。」
と勧めてくれて、お城見学に買い物、そしてランチができれば十分です。そこに行く事にしました。

コンセルジュにお城へ行ってホテルに戻る、往復のドライバーを手配してもらいました。


チェックアウトは10時でしたが、空港へ向かうまで部屋は使っていて良いと言ってくださいました。
本当にありがとうございます。





可愛い町並み。少し買い物を。 



タクシーの運転手さん。
お城の前のベンチの前で午後1時に待ち合わせをしました。2時までホテルに戻りたいからね。

タクシー料金は往復の代金、現金前払いです。
少し不安でしたが、人の良さそうな人(わかんないよね~)に思えたので払いました。



ウィンザー城は世界最大・最古の城らしい 。

石でできたその風貌は、威厳があって時代の流れを感じるものです。


お城がドドーンと建っている前の道から向こうは、小さなホテルやレストラン、ショップが可愛らしく並んでいます。
町に着いたのが8:30でちょっと早すぎました。
まだうす暗いし~。
でもイルミネーションはついていて綺麗でした。

お城はなんと10時オープンだって!

可愛い町並みを見ながら歩き、9時にはちらほらとお店も開いたので買い物をして過ごしました。

意外にも可愛らしキッチン用品のお店があって、お菓子の道具なんかを買うことだできました

ウインザー城について




カフェであたたまりましょう。 


気温がかなり低いです。
しんしんと冷える寒さで、後30分でお城がオープンするのでそれまでお茶をすることに。

カフェオレ、カプチーノ、チョコレートプディングのアイス添え。

温かいチョコレートプディング。かなり濃厚でした。
ブルックネルのカフェ
外に出たらなんと雪だ
・・・ああ、飛行機も飛んでいたのに大丈夫だろうか。

雪が降り出してお城も見る見る真っ白に。
しかし中に入ってすばらしいお部屋を見学。

日本語のガイドブックが売っていたので買いました。




ランチ


お城から11:30には出てランチをすることにしました。

上の写真左の、レンガの建物の脇に傾いて建っているカフェにしました。

これはわざと傾いてつくられています。

2階にあがりました。
眺めがとっても良いです。


シーザーサラダトマトスープにしました。
どちらも普通です。

トイレを済ませて、予定の1時少し前には待ち合わせの場所に行きました。

まだ来ていないみたいなので、お土産やさんに入って様子をみていました。
お城ランチ
主人から国際電話が携帯に。

この日、私たちが乗るはずの、昨日苦労して再予約したパリ行きの便が・・・。

キャンセルになったって!
飛ばなくなったって!
 ガーン。頭を殴られたようだわ。
これでまた振り出しに戻ったのね。


でも、ちょくちょく調べてくれていて助かります。
無駄足を踏まなくてすむもの。
ロンドンにいても正確な情報がわからないので、日本にいる家族が調べて教えてくれることが本当に心強いです。




スポンサーサイト

● COMMENT ●

ななさん

必死ってこういうことを言うんだって感じでしたよ。
私しかやる人がいないと思うと、疲れも感じる暇も無く。

でも、あとで相当きましたけど。

色々と助けてくれた人たちがいたからなんとかなりました。


purinさん

今年は色々なところで同じようなことが起きたようですね。
本当に、これからが沢山の人が移動して、ますます大変な時だと思うのですが。

初めての母との2人旅にとんでもないことになってしまいました。

当初 予定外に休みが取れたので1人で行くと行ったのですが、皆が心配して。
主人も娘も友人もスケジュール的に無理だったので、母と行くことになりました。
1人ではなくて良かったです。

つづきもお楽しみに。


No title

ドキドキしながらレポ見てますー!!
それにしてもそんなアクシデントの中、cikoさんもお母様もすごい!
大変だったけどロンドン観光も楽しまれたようでよかったです。
頼りになる旦那さま、ステキです!!

No title

なんとか無事にパリに行けるのかしら~と思っていたら、また飛行機飛ばないの!?
ほんと!頭殴られた以上の衝撃かも。。。
このあとどう過ごしたのか気になります(T_T)

遠く離れていても、ご主人のアシスト嬉しいですね~~

今はソウルやニューヨークも寒波の影響で雪で大変な事になってるみたいですね~
こんな年末旅行シーズンに大変ですね。

早く疲れを癒してくださいね❤


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/701-fef54e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヨーロッパ大寒波 イギリスでのサバイバル旅日記 2日目のパート2 «  | BLOG TOP |  » ヨーロッパ大寒波 イギリスでのサバイバル旅日記 1日目

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード