topimage

2017-03

ヨーロッパ大寒波 イギリスでのサバイバル旅日記 4日目 その2 - 2011.01.13 Thu



とうとう大寒波のため、パリへもベルギーへも行けずに ロンドンのみの滞在となりました。

明日の帰りのフライトが無事飛ぶことを祈りながら、最終日はロンドンの街をふらふらとしてみました~




ハロッズへ


前日のビックバスというロンドン観光周遊バスで有名な箇所の前を通り過ぎましたが、明日もロンドンにいることになったらハロッズはまた来ようと思っていました。

ホテルから歩くにはちょっと距離があったのでタクシーにのりました。



ハロッズ2

ハロッズはロンドン中心にある歴史ある老舗高級百貨店。

タクシーで入り口につくと、すぐにハロッズのドアマンがタクシーのドアを開けてくれ、百貨店のドアも開けて中にエスコートしてくださいます。

ドアマンの緑色の制服がとっても素敵でした。
写真を撮らせてもらえば良かったな。




エレベーターホールがエジプトのようになっています。


現在のオーナーは1985年に6億1500万ポンドでグループを買収したエジプト出身の富豪だからですね。

百貨店とは別にハロッズ・バンク、ハロッズ・エステイツ、ハロッズ・カジノ、ハロッズ・エイヴィエイション、エア・ハロッズなどのグループ企業が存在するらしいです。 凄いな~。

エレベーターホール



上に上がるとハロッズのショップがありました。

日本のデパートにも入っていますが、品揃えの豊富なこと。
可愛らしいのもがたくさんありました。
オリジナルの缶に入ったお菓子類もたくさんあって、楽しくお買い物をしました。


皆さんご存知でしたか?
プーさんはハロッズで買われ、クリストファー・ロビンの1歳の誕生日にプレゼントされたという設定なんですって。



ハロッズ売り場
ハロッズのオーナーの息子・ドディ・アルファイドと共にパリで死亡したダイアナ妃のモニュメントもあって、ちょっとびっくり。




街中をお散歩


道が凍っていたので母にはちょっと歩くのが危ない感じでしたが、少し歩いてみました。


レンガつくりの重厚な建物。
黒い丸いタクシー。
赤い2階建てのバス。
赤い枠の電話ボックス。
クリスマスイルミネーション。
可愛らしいポスト。

ロンドンらしい風景でした。
ロンドン街中





Patisserie Valerie パティスリーヴァレリー


こちらのお店はやはり、前日バスで見かけてここに入ってみたい!  
と目をつけていたお店です。
パティスリー


大きな彩りよいケーキがたくさん並んでいます。
ケーキの色々jpg
ドーナツなんかもおいていますが、すっごく大きいです。




ランチメニューもあります。

久しぶりにパスタなんかが食べたくなって、こちらをたのみました。
ピリッと少し辛いトマトソースのペンネです。

とっても美味しかったです。
もう、パンも飽きてしまって。・・・というか、美味しいパンなら全然飽きないのでしょうが。

パスタ



プロフィットロール

サントノーレチョコ
生クリーム入りのシュークリーム3個の上からチョコレートがかかっています。

甘そうに見えましたが、食べてみるとそうでもない。
ボリュームがありますが、チョコレートの濃さもくどすぎずに全部食べられました。
シューの中は生クリームでした。



お腹一杯になって、少し歩いてみました。

インテリアのお店や、食器やさんや。
ハロッズのある通りは銀座のように賑わっています。

美術館もあったので見学をして結構時間がたちました。
また少し体が冷えてしまったので、見かけた別のパティスリーへ
ハロッズ前パティスリー


飲み物だけでもと思ったけれど、やっぱりほしくなってしまって・・・。
ヘビーでなさそうな、イチゴののった見た目ショートケーキのようなこちらにしました。

ストロベリーガトー

ひと口食べて、ん???
スポンジがザラザラしていて固いです
アーモンドでもはいっている? アーモンドプードルだったらもっとしっとりするよね。
とっても不思議な食感でした。

キメが細かい日本のショートケーキは、日本ならではのケーキですので同じものを期待するのが間違っています。
でも、なにか違うような。
残してしまいました。残念な気分。


うう~やっぱりケーキはやめればよかったか・・・お腹が一杯です。

お店を出ると、日が暮れ始めてピュ~っと風が吹いて、凄く寒いよ~。
ロンドンの冬はすぐ暗くなって夜になってしまうのね。
まだ4時半だというのに。

ハロッズの前からタクシーに乗って、ヴィクトリアステーションまで行ってもらいました。
駅近くのコンビにで、サラダとフルーツとスープを買って・・・。

駅構内から道にでるとすぐ前にホテル!
近くて嬉しい

ロンドン最後の夕食はお部屋でそんなものを食べて終わりにしてしまいました。




今回の旅、部屋でいつもしていたこと


この旅の間、部屋ではずっと BBC News を見ていました。
何を言っているのかいまひとつわかっていませんでしたが、雰囲気はわかります。

ロンドンでは大寒波で 流通に大きな影響がでています。
物流も滞ってしまっているし、クリスマスシーズンに向けて買い物の客もいつもより少なくてかなりダメージだと言っていました。
そん感じで大寒波は大きな大きなニュースなので、特集で毎日毎日いつでもやっている感じでした。

そして空港の映像や、高速道路の映像。
天気予報。

釘付けでみていましたが、どうやらまた大雪が降る予報。

・・・まずいよ~。明日の便はなんとか飛んでくれー

と祈るばかりです。





スポンサーサイト

● COMMENT ●

ゆなさん

イギリスのケーキが全部そうなのかは、私もあれこれ食べ歩きが
できなかったのでわからないのですが、これは見た目とのギャップが
あってびっくりしました。
美味しそうなケーキ屋さんはたくさんありましたよ。i-236



へぇ~ 面白いですねぇ~e-451
イギリスのケーキはスポンジが硬いんですね
イギリスのケーキは見かけは凄くおいしそうですね!
正直イギリスのケーキはおいしく無いですか?

ペンネさん

コメントありがとうございます!
ロンドンは計画外に滞在することになって、どこへ行ったら良いか・・・という感じで
見所をたくさん逃しましたね。
でも、クリスマスシーズンのロンドンはまた趣があって素敵でした。


No title

ハロッズv-222ここは行きたい場所の1つですね、やっぱりv-29
海外のショッピングモールとかスーパーもですが、すっごいウキウキさせられますよねぇ。どこに行っても必ず行くようにしてます。笑

ロンドンらしい写真、本当に見事に撮れてますね。ロンドンらしさがいっぱいに詰まった写真v-212って一人で感激しちゃってました。ロンドンいいなぁ。ちょっとばかり現実逃避してしまいましたが、今度実際にその地にいるのかと思うと、うれしぃぃぃぃぃぃv-10です。

ななさん

家に帰ってきたら過去の”旅”という雑誌のロンドン特集があったのを思い出し見てしまいました。
ロンドンのアフタヌーンティー情報。
ティーサロンマップ・・・。素敵な情報が満載で、悲しすぎる~。
全然探せなかったよ。
まさか出国するとは思わなかったもの。
この1冊があったら、どんなに快適に過ごせたかとシュンとしてしまいした。

No title

ハロッズ!!懐かしい~!!
ここでショッピングバッグをいろいろ買ったなぁ^^
イギリスって何を食べてもんーー?な感じだったんですがやはり
そういうところは変わってないのかな^^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/709-01360252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヨーロッパ大寒波 イギリスでのサバイバル旅日記 最終 «  | BLOG TOP |  » シャルロットフレーズ 

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード