topimage

2017-07

「タツヤ・カワゴエ」 川越達也のイタリアン  (池袋コミュニティカレッジ) - 2012.02.04 Sat

先日、川越シェフのお料理教室に行きました。
池袋コミュニテイィカレッジでの恒例のお教室。

いつもやっていたのは知っていたのですが、初めての参加です。

イタリアンなら家でもできるレシピを教えてもらえるかな?という気持ちと、あの川越シェフがどのようなお料理をお教室で教えてくださるのかに興味がありました。


お菓子教室とは違って、前にでて先生を囲んでのデモではなく、皆さん席にいながらにしてモニターを見て作り方を教えてもらいます。
いつもシェフを囲んでデモを見ていると、そこで質問が多々でてくるので時間も延びてしまいがちなんですよね。

しかも、この日は4人がけのテーブルに5、6人は座っていて人数もいたので、そのような形なのでしょう。


そういうことなので、作っている途中の写真はとれません。
お菓子は途中の状態など大事なところが多々あるので写真はとりたいところですが、今回はモニターと説明のみで、でもなんとかわかりました。

さすが!短時間で説明しながら作るのに慣れていらっしゃいます。30分でこちらの3品をつくりあげました。
すばらしいです

川越シェフ教室


*タラとアンチョビのじゃが芋サラダ
*白菜のクリームスープパスタ
*鴨のソテー万願寺唐辛子添え
3品



シェフのデモが終わったらグループで3品を作り始めま~す

ポテトサラダに入るタラの炒め具合、パスタのゆで汁の塩加減、鴨の焼き具合など大事な加減は、シェフを呼んで確認してもらいました。

各テーブル、こまめにまわってくださっていましたが、これ見てくださ~いと今見てほしい!というポイントの時は、向こうのほうから引っ張ってくるようにして来てもらい、確認してもらいます。

いつもそうですが、不安なポイントはもう一度確認してもらって覚えるのが大切。
どのシェフも常に忙しそうですが遠慮は禁物なのです。
・・・なんて私がフライパンで鴨を焼いている隙に、同じテープルの仲間が呼んできてくれました。

大事なところももう一度皆で確認できて、良かったです。
そんな感じでシェフはくるくると色々なところをまわっていらっしゃいました。


できあがりましたー、お食事タイムです。
テーブル
お食事タイムはシェフも裏でお食事なのか?その時間はシェフはお教室にはいらっしゃらず、しばしテーブルの方と歓談しながらのお食事です。


タラとアンチョビのじゃが芋サラダ

ポテトサラダ
オリーブオイルでタラとアンチョビを炒めて、茹でたじゃが芋とまぜます。
にんにく、マヨネーズなどどで味付け。
焼いたパン粉を上にかけていただきます。
揚げていない、コロッケのような感じですねとシェフ。

上からウスターソースとマヨネーズ、オリーブオイルなどで作ったソースをかけます。





白菜のクリームスープパスタ

白菜のパスタ
にゅうめんのイメージで、細いパスタ、カッペリーニをスープパスタでという考え。
デモのときはスープが多少あったのですが、私たちが作ったのは全くスープがなし。
少しあったスープもパスタとからめた途端に、すべてなくなりました。

家だったらもうちょっと足すんだけどな~と思いながらそのままで・・・。

長ネギでつくってあるのが美味しいです。玉葱よりも、長ネギの方が甘みが少なくすっきりした味わいになるそうです。





鴨のソテー万願寺唐辛子添え

鴨のロースト
鴨は大好きなので鴨料理が作れるようになるのは嬉しい。
でも焼き具合がとっても重要なので、そこは慎重に。

甘いフルーティーなソースとあう鴨ですが、肉を焼いた汁に柚子胡椒、レモンなどで作ったソースに少し砂糖を入れて甘みをプラスしたソースでした。

万願寺唐辛子はソテーして鴨の上に盛ります。

鴨の焼き方がわかったので、今度うちでも作ってみたいな~と思います



どれもお洒落な感じな出来上がり。
でも家庭的な要素を含み、あまり特殊なものも使わず味をワンランクアップさせるというお料理が川越スタイルでしょうか。


すぐ後に次の予定がある、超多忙なシェフですが、時間配分も完璧。
伸びることなく時間ちょうどに終了しました。


少し写真タイムなどもとれましたが、テーブルごとに1枚の撮影となりました。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/804-befd6734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マメヒコ  (渋谷) «  | BLOG TOP |  » 酒粕カヌレ

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード