topimage

2017-08

パリ2日目 午前 (ノートルダム寺院、ルーブル美術館) - 2012.08.30 Thu




2日目の午前中、ノートルダム寺院とルーブル美術館へ行くオプショナルツアーを申し込んでいました。

フリーのツアーの中に、今回はオプショナルツアーと行きたいお店を緻密に詰め込んで、短い期間でも色々なところへ行くつもりでいました。


この日のツアーは皆にイヤホンを配って、ガイドさんの説明が離れていてもイヤホンから聞こえるのでとっても良かったです。大声を出さないでも皆にちゃんと声が届くので、静かな室内でも便利。



ノートルダム寺院


フランス政府公認のガイドさん(日本人)だったので、物知りで説明が上手。
細かい建物の細工や歴史・・・とっても満足のツアー。
ノートルダム寺院


バスで移動のツアーではなく、路線バスで移動のツアー。
なかなか路線バスは乗りこなせないので、一緒に乗ってくれると助かります。
ノートルダム寺院からルーブル美術館へ。




ルーブル美術館

こちらは1時間半で有名どころをまわるという予定

ついてみるとすごい人です。
ベルサイユのこともあったので、大丈夫かな~と心配に・・・。

でも、この時はガイドさんと一緒に横からすぐに入ることができました。やった

ここでは、本当にイヤホンが役に立ちました。
多くの人の中でクリアに説明が聞こえて、迷子にもなりにくい。

すばらしいガイドさんで、説明は完璧の上にあれだけの人ごみの中、有名な作品をみごとに全部まわり。
1時半でまわり終えました
もっと絵画が詳しくて、あれもこれも自分で選んでみたいという方はむかないでしょうけれど、私のようにとりあえず有名なものをピックアップして見せてくれて、説明をしてくれたら・・・本当に十分で。

すばらしい仕事っぷりにただただ感心。感謝です。
ルーブル美術館
昨日のガイドの件もあり、このフランス政府公認ガイドさんの素晴らしさを目の当たりにし、多少お値段があがることはありますが、できれば政府公認のガイドさんがついているツアーを選ぶことをお勧めします。

知識は半端じゃありません。そしてルートも完璧に頭に入っているので混雑具合でまわる順番を配慮したり、とにかく時間を上手に使ってくれます。
自動音声ガイドにはない、自分の質問にも丁寧に答えてくださいますから。

すばらしいガイドさんにめぐりあえ満足な時間を過ごせました。
次回何かの時にはご指名したいくらいです。

お昼過ぎに解散。



MIRAMA ミラマ 


パリ5区カルチェラタンにある中華料理屋さんでランチ。
こちらもお勧めしてくださっていたお店で、中華好きな主人もひときわ楽しみにしていたお店。

天井がツララみたいになっていて、かわってる~。


たくさんのメニューの中、もう食べるものは決めてきたんですね~。
何が美味しいかも教えてくださっていたので、迷わずにそれをチョイス。



焼鴨湯麺(鴨肉が乗っているそば)
鶏そば
炒飯蟹肉湯麺
そばが始めてであったそばで、冷麺のような色をしている中華そば。
どちらも、それぞれ美味しく、こくがあって風味がある。

チャーハンも長いお米ですが、すっごく美味しいのです。お米の硬さ味付けが最高。
これだけ美味しいチャーハンはなかなかめぐりあえない。

どのお料理も美味しそうでした。お客さんもたくさん入っています。
パリ滞在中、もう一度来たいと思い続けたお店。
次の日来てもよいくらいでした。


午後はショッピングタイムです。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/851-85e0262f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パリ2日目 午後 (ボンマルシェ、イルミネーションツアー) «  | BLOG TOP |  » パリ1日目 (エッフェル塔、ベルサイユ宮殿)

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード