topimage

2017-08

ガトーバスク  Gateu basuque  - 2007.05.08 Tue

学校のアイテムです。
20070508072907.jpgこんな風に作るんだ~!とびっくり。

アーモンドプードルが入ったパートビスキュイをセルクルの底に中央から外側に円を描くように渦巻きに絞り埋めていきます。
そしてセルクルの縁に沿って3周ビスキュイを絞ります。(壁のように)

くぼみにクレーム・パティシエールを絞り、スリーズ(缶詰)を埋め込み、残りのビスキュイを今度はセルクルの縁の方(外側)から中央に絞っていき蓋をします。

表面を平らにし、卵黄をぬって模様をつけて焼きます。

セルクル15㎝  ホールで 3,215kcal 
(ひえ~。お店で表示したら売れなくなっちゃうかな・・・)



1/8cut 402kcal

厚みがあるので45分位かけてじっくりと中まで焼きます。
お砂糖はカソナードを使っています。

クッキーのような生地ですがほろほろしっとり、中のクリームジュワっとしたスリーズを一緒に食べると焼き菓子と生ケーキの両方が合わさってる!と感激。すごい、と感心。またラム酒の香りがいいんだな~。見た目は地味なのに味わい深いです。こういうの大好き!カットするとクリームとスリーズの鮮やかさがまたうれしい。

お店によってクリームだけだったり、栗が入っていたり、チョコレートが入っていたりするみたい。でももともとバスク地方の特産のチェリーが入っているお菓子です。


にほんブログ村 スイーツブログへ



20070508182654.jpg

ガトーバスクはフランス南西部~スペイン北東部にまたがった地域、バスク地方のお菓子です。
中にはバスク地方の特産物のチェリーやチェリージャムを入れるようです。また他のフィリングとしては、カスタードや、カスタードにクレームダマンドを加えたものがよく見られます。
表面につける模様はその地域によって異なるようですが、多いのが、が中央に刻まれたもの。これは、Croix de Basque(バスクの十字架)といい、バスクの4都市の象徴です。その他にも格子状のライン、円状のライン、波模様、などなど様々あるようです。


カソナード
熟したサトウキビの茎を圧縮して汁を絞り、蒸発させて結晶化したものです。精製前の段階の香り豊かなブラウンシュガーで、粉末や固形などいろいろな形をしたものがあります。飲み物に入れたり、製菓にもさまざまに利用します。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

遅くなりました!

また来てくださって、ありがとうございます!お返事遅くなりました。私もなんとなく違いがわかっているようでわからないところもあり、これを機会に調べてみました。クッキーとしっとりの違い?というのは確かにそうです。補足として、ガレットは「平たくて丸い菓子」という意味でブルトン又はブルトンヌは「ブルターニュ地方の」という意味です。ここは酪農と塩作りが盛んでたっぷりのバターとここで採れる「塩」が入り少し甘しょっぱい焼き菓子です。
ガトーバスクはフランスとスペインの境のバスク地方のお菓子です。ソフトタイプのクッキー生地にバスク地方で採れるチェリーやカスタードを入れたものです。今はフィリングも色々出てきてお店によって違いがあるようです。
ちなみに私が作った時の違いと言えばガトーバスクには全卵とカソナードというお砂糖が入りフィリングがあるということ。ガレットブルトンヌの時は卵黄とグラニュー糖でした。でもガトーバスクはグラニュー糖でもできるけれどこちらの方が風味がいいと先生はおっしゃっていました。確かに!sissiさんガトーバスクお勧めです。私も色々なお店の物を食べてみたいです。(期待を裏切らないでねという思いで)でも派手でないので扱っているお店が結構少ないみたいです。昔ながらの地方菓子って私は惹かれるんだけどな。

このお菓子、店頭でたまに見かけます。あのテカテカの表面にぐぐっと誘惑されます。
ガレット・ブルトンでしたっけ?あれとガトー・バスクは見た目大きさが違うだけのように見えるのですが、違いはあるのかしら?(多分あるのだと思いますが)
いつも店頭で両方見つけると、違いが分からないので悩むのですよね(笑)
多分ブルトンの方が、クッキーですよね。
こちらはしっとりどっしりケーキでしょうか。
今度見かけたら食べてみたいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/88-86af3a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガトー・バスクガトー・バスク(フランス語|仏:、バスク語:etxeko bixkotxa / biskotx / pastiza、スペイン語|西:)はフランスとスペインの間にあるバスク地方の菓子。厚めに伸ばしたアーモンド入りのクッキー生地にこの地方の特産品のひとつでサクランボ|ダークチェリー

びわのタルト (今月のスイーツ) «  | BLOG TOP |  » フルーツタルト (いちご、マンゴー)

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード