topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都に行ってきました。  鍵善良房、半兵衛麩 (京都祇園) - 2014.03.25 Tue


京都に朝8時に到着しました。
長い1日になりそうです。

ホテルに荷物を預けて、早速祇園へ。



鍵善良房


朝9時からお店は開きますが、喫茶スペースは9時半からです。
鍵ぜん
店内の壁には様々な木型が飾られていています。


少し時間があったので、火鉢にあたらせていただきました。
風情がありますね~。

鍵ぜん火鉢


前に京都に来た時も、ここ着たな~。
店内は広くて、奥の席は周りがガラス張りなので外のお庭、蔵などが見えます。
寒い日は、肌寒い席となりますが、この日は暖かかったので、明るくてとっても開放的な気分になれました。

鍵ぜん店内


たのんだのは、もちろん、くずきり(黒蜜)です。
これを頼んでいる人がほとんどです。
寒い日だと、きびもちぜんざい も美味しいでしょうね。

重箱のように重ねてでてきた器。
ふたをとると、黒蜜のお皿、それをとると氷水に入ったくずきりが出てきます。

くずきり
なんとも言えない歯ごたえと食感、喉越し。
黒蜜も上品で、やっぱりおいしいです。





半兵衛麩


生麩が大好きなので、こちらのランチをいただきたいと思っていました。
予約制でお食事はランチのみ。
絶対に行きたかったので1ヶ月前に予約を入れました。

お食事のできる茶房は11時からです。

京の鴨川、五条大橋のたもとにあります。なんて素敵な佇まいなんでしょう。

半兵衛麩
カウンターのお席でした。


むし養い  3,000円

「むし養い」は、麸とゆばづくしのコース。

始めに中央のお膳がでてきます。
なま麸の田楽や煮物だったり、焼き麩の酢味噌和え、黒塗りの器の中の花形は甘味。
生湯葉、揚げ湯葉。
半兵衛麩ランチ
揚げだしのように揚げた生麩のみぞれ煮、よもぎ麩の白味噌仕立。

結構ボリュームあります。
様々な麩を使って、様々な調理方法で、こんなに変化に富んだお料理ができるとは。

生麩は満腹感もありますので、とっても食べた感があり、生麩料理を食べたい方には絶対にお勧めです。

併設されている展示室も素敵なのでそちらも食後に楽しめます。
京都にきたら絶対に行きたいというお店が、どんどん増えちゃいますね。

また来たいです。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/927-1673f41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京都 (寺田屋、ラ・パティスリー・デ・レーヴ ) «  | BLOG TOP |  » クロワッサンたい焼き、島田屋総本家の焼き芋、フランスじゃが芋シンシア

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。