topimage

2017-07

2016 サロン・デュ・ショコラ その他 チョコレート - 2015.02.15 Sun

今年のサロン・デュ・ショコラは伊勢丹本店から外に出て、新宿NSビルで開催されました。

10時オープンで10分前位につきましたが、入口に長蛇の列。
入場してからも、イートインなどはすぐに2時間待ちです。
ざっと会場を一巡りしまして、いくつかその場で食べられるものを買いました。




セバスチャン・ブイエのムースショコラ


チョコレートムースの上に、ゆずソースかチョコレートソースを選び、上にトッピングするクランブルもしくは、プチプチとはじけるチョコレートを選びます。

ゆずソースに、プチプチのチョコを選びました。

ムースショコラ
ゆずは最近は海外のシェフのよく使うようになりましたね。
ゆずが大好きなので、ゆずがあると選んでしまいますが、チョコレートにもよくあいます。





ル ショコラ ドゥ アッシュのチョコレートシュー


会場で焼いているチョコレートシュー。
ザクッとした生地でチョコレートクリームもたっぷりと入り、美味しかったです。
チョコレートシュー




アンリシャルパンティエのフィナンシェ


3種類のフィナンシェを焼いていました。
りんご、洋ナシがのっています。

買って帰り、家で温めなおしていただきました。

フィナンシェメニュー

板チョコにフィナンシェがうまっている!
こんなものもありました。

アンリ フィナンシェ

どれもしっとりとした生地で、チョコレートのフィナンシェも美味しい生地ではありましたが、なんといってもタイムがのっていたのがちょっと好みではなく。
その香りが強すぎで果物の味も、せっかくのチョコの味もわからないくらいで。
タイムの香りが口いっぱいにひろがりました。
きっと、タイム好きな方は他とのバランスを楽しめるのかもしれません。

フィナンシェ3種




Bruno Le Derf  ブルーノ・ルデルフ

会場で買ったのはこちらのチョコレート。
2段の箱で、カラフルなボンボンの下に引き出しがあって、そこにはキャラメル、オランジェも入っています。


ボンボンは「ボルディエ バター」を使ったガナッシュやキャラメル、風味や食感のよいプラリネが入っています。
ゆずや抹茶なども取り入れていて、新しい味がいっぱい詰まっています。

オランジェのカカオ二ブがついているところも、ぐっと心をつかまれます

ショコラ





これは、日本橋三越店で買ったものをいただきました。

Debauve & Gallais ドゥボーヴ・エ・ガレ



フランスルイ16世の王室薬剤師であった貴族出身のSulpice Debauveスルピスドゥボーヴ(1757-1836)はフランス革命後の1800年、パリの左岸Faubourg Saint-Germainフォーブルサンジェルマンにチョコレート店を開きました。現在、パリで一番歴史を持つチョコレート店となっています。 
今度パリに行ったら是非行ってみたいお店です。


ガレーというチョコレート店もあり、聞こえが似ているで混乱していたのですが、ガレーはベルギーのチョコレート店で、ドゥボーヴ・エ・ガレとは別なのだと今回知りました。お恥ずかしい。


クラシカルなシックな箱。ボンボンは今はやりのカラフルなものとは違い、重厚なデザインとある程度の厚み大きさもあり、手作り感が残っているものです。
各ボンボン、香り深く、鼻に抜ける味わいはたまりません。
1個で十分満足できるので、美味しいコーヒーを丁寧にいれて、素敵なお皿にショコラを1個のせ、かなり幸せな時間をすごせます。
 
ガレ

驚いたことに、ショコラの祭典などで各名店が並ぶ中、色々チョコレートを見ましたが、こちらは一段とお値段が高い。義理チョコなんかにはもってのほか、これはチョコレート好きの方か、自分用に買わないともったいない。チョコレート店の中で、ここが一番好きという方にお聞きしたところ、ドゥボーヴ・エ・ガレの日本での店舗は日本橋三越のみで、なかなか他の祭典などでは見られないとのこと。
確かに、そうでした。サロン・デュ・ショコラでもデパートの祭典でも出店していませんでしたが、日本橋三越のショコラ祭典にはもちろん出店しています。



自分用のチョコレートがたくさんある、幸せなこの時期。
年間いつでも買えるのですが、やはりバレンタイン商戦の中、奮発して買ってしまうのです。

そして、今年もバレンタイン用にフォンダンショコラを30個ほど焼きました。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/965-e0daab8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベリーショコラ、フォンダンショコラ «  | BLOG TOP |  » ガレットデロワ、  ノワ・ドゥ・ブール 伊勢丹新宿店

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード