topimage

2017-05

クリスマスケーキ - 2016.01.02 Sat

2015年のクリスマスケーキです。
クリスマスシーズンからお正月までは怒涛のような忙しさで、お正月のお菓子と前後したアップになってしまいました。

いくつか作らせていただきました。
同じ苺のショートケーキでも、デコレーションは若干変えてみようかしら・・・と。
2枚にスライスして苺をサンド。

ショートケーキ


ケーキの中でこれが一番好き!という方がいらっしゃり、シャルロットポワールのクリスマスケーキも。
シャルロット


こちらは、クリスマス時期より少し早い時期。
パーティー用のケーキで5㎝角にカットしたもの。
栗のケーキ
ダックワーズ、栗のムース、バニラムース、モンブランクリーム、クレームシャンティー。中には和栗の渋皮煮1個入りという構成です。

パーティー栗のケーキ
パイナップルとショコラ
こちらの同じパーティーのケーキで、ヴァローナショコラとパイナップルにプラリネクランチのケーキです。



ホテルニューオータニのスーパーショートケーキ
なんてったって、21㎝ホールというボリュームのあるものですが、究極に選びぬかれた素材の集結というケーキ。
憧れていたので、思い切って注文!

箱から出したとたんに、苺の多さに感激です。
それに、粒ぞろいの形の良い真っ赤な、味の濃い糖度の高い苺たちがびっしりと。
自分ではこんなに高品質の苺は手に入れられません。さすがです。
ニューオータニスーパーショート
生地には和三盆とキビ砂糖を使っているそうです。
少し茶色がかった、しっとりとした生地。
真ん中2段には、フランス産のはちみつでマリネしたスライス苺がサンド。
クリームは比較的高脂肪の45%くらいかな、生クリームを使用していて、濃厚さがあります。
私としては40%くらいのクリームが好みですが、苺が多いのでバランスがとれているのでしょう。
絶品の満足できるケーキでした。
いつもケーキは持て余す主人が、いち早く完食していましたし。


個人パティスリーもたくさんあり、ショートケーキも一応ありますが、ここのショートケーキは絶品と感じたことはありません。
私の場合、苺のショートケーキに関しては、ホテルのショートケーキに大当たりする、という感じが経験からしております。
もともとフランスにはショートケーキというものはなく、日本ならではのものなので、パリで修行したシェフは向こうならではのケーキをメインに出したいという気持ちもあるでしょうし、私もそういったものを購入したいと思っています。
でも、日本人向きに日本で新たに作り上げたケーキというものもあり、ホテルの方がそれを得意とするのかしら、とケーキ1切れを食べる間に色々と考えていたのでしした。


そんな風に、8人でワイワイとケーキを食べながらも、1人で考えを巡らせながら味わうのもとっても楽しい。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abciko.blog91.fc2.com/tb.php/998-351e689d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャンポールエヴァン(新宿) «  | BLOG TOP |  » 2016年1月1日

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード