topimage

2017-05

2017サロン・デュ・ショコラ日本(東京国際フォーラム)2日目、SHAKE SHACK - 2017.02.03 Fri



パリ発チョコレートの祭典
サロン・デュ・ショコラ 2017

今年の東京会場は、東京国際フォーラム。
年々、大きな会場へと変わっていき、店舗数も来場者数も増えてきて、行くのも相当気合がいるようになってきました。
ちょうど2日目がお休みだったので、気合を入れて行ってみよう!と心に決め、GO!


10時開場なのですが、8時に着くように行ってみました。
もう、150人位ならんでいるかな。
混雑してきたため、9時45分に開場になりました。

国際フォーラム


お目当てのチョコレートがあれば、まず先にチョコレートを買うことをお勧めします。
1日目で完売になってしまって、2日目以降ないものもありますが、まだあるものも時間とともに、売り切れになってしまうところが、どんどん出てきます。
そういうこともあり、初日はものすごく混雑するのですね。
人気のシェフのショコラがアソートになっているようなセレクションものは、ネットでも買えるのでそんなに混んでいません。


速攻で買い物を終わらせて、イートインものに並びました。
ジェンポールエヴァンは、どんどん人が増えていきます。
まだ、オープン直後だったので、20分位の待ちで買えましたが、あっという間にものすごい列になっていました。





ジャンポール・エヴァン
クッサン ダムール オランジェ


チョコレート生地のクレープです。イートイン1番人気!
オレンジにイチジクの入ったコンフィチュールがたっぷり。
コンフィチュールで有名な、フェルベールさんとのコラボです!
生クリームを絞って、春巻きのようにくるくる。
スリーズ(さくらんぼ)の赤いコンフィチュールのものもありました。

クレープ
温かいチョコレートのクレープ生地はもっちりとしていて、チョコレートの香りが良く、コンフィチュールは爽やかでイチジクのプチプチ感があって、とっても美味しかったです!



和楽紅屋のクールマカデミアショコラ ハートのアイス

辻口さんのお店です。シェフも会場にいらっしゃいました。
キャラメルマカデミア
出来上がっているものを、冷凍庫から出してサーブするだけなので、並んでいてもどんどん進みます!
可愛らしくて、カリッとしたチョコレートと、ふわっとしたアイスが美味しい。





ラデュレ

皆さんご存知、マカロンで有名なラデュレですが、パリにはラデュレのショコラ専門店、Les Marquis de Ladurée レ・マルキ・デュ・ラデュレというのがあります。
普段、ラデュレにチョコレートが置いてあっても、レ・マルキ・デュ・ラデュレのショコラはなかなか見ない。
サロンデュショコラでは、普段見ることができないショコラ専門店のショコラがお目見えします!
メゾン(ブランド)の顔!カメオを模したチョコレート
キャメ・マルキが、超お勧めです!

こんなにエレガントで素敵なフォルム。
シンプルなチョコレートを固めただけ、と思うととんでもないんです!
12種類のフレーバという多さの上、中にはしっかりとクリーミーなガナッシュが入っていて感動ものです。

ラデュレ




GODIVA

あえてチョコレートは売っていません。
このときばかりのチョコレートがあふれている会場で、チョコレートはきっと素通りされてしまうからでしょう。
毎回、ショコリキサーやアイスなどを出し、休憩に使えるようなスペースを提供している感じ。

今回は、普段売っていない、ピノ、のような小ぶりのアイスを6種類出しています。
やはり、限定物がよいですよね。
3個好きなものを選びます。
イチゴ、抹茶、ダークチョコにしました。どれも、間違いなしの美味しさです。
手づかみでいただきますが、使い捨ておしぼりも置いてあるので親切。
歴史の流れを感じる展示、そして店頭に立っていらっしゃる超イケメンのお兄さん達が目をひきました。
女の子たちが一緒に写真を撮っています。
ベルギーの本店にいつか行ってみたい!
GODIVA_20170203163324a99.jpg




ベロ・アンジェリ (日本のサロン・デュ・ショコラ初参加)
黄色いハート「クール・ジョーヌ」はゆず風味のミルクガナッシュ。
赤のハートの「クール・ルージュ」はフランボワーズに黒胡椒をきかせたガナッシュ。

色々

ヨシノリ・アザミ 左箱
巣鴨にあるパティスリー。
パティスリーでは可愛らしいパフェも人気らしい。
そしてフランスのアルザス地方の焼き菓子がたくさんあって魅力的。
アルザス地方のストラスブールには三角屋根の上に、本当にコウノトリがたくさんとまっているのですよ
箱から、もうかわいい!
お店には行ったことがなかったのですが、この焼き菓子セットが買いたかった!
今度絶対に、お店に行きます!



ボナ イチゴを散りばめた板チョコ
カカオ豆の選定からチョコレート作りのすべての工程を自ら手がける数少ないメゾンのひとつです。
フランス産のイチゴが入った板チョコです。
ドライイチゴでサクサクの食感。




11時半少し前に会場を出ましたが、その時45分待ちと案内されていました。
すでに、売り切れもたくさん出ていて、人気チョコレート店、イートインはかなりの列です。
開場2時間前から並ぶのも結構大変だけど、中でそれぞれ待つより、事が早く済むような気もするし・・・。
毎回悩む、サロンデュショコラです。
でも、とっても楽しかったーーー!!!


おまけ
しょっぱいものが食べたい!!
ということで、開場を出て1階にある、ハンバーガーショップへ。


SHAKE SHACK

チーズがはいったシャックバーガー® レモネード+アイスティーのドリンク
スイーツをたくさんいただいていたので、ポテトはやめました。
ハンバーガーはちょうどよいサイズで食べやすいです。
お肉がジューシーでチーズもたっぷり。
 
SHAKE SHACK
平日11時半少し前だったので、比較的すいていました。




銀座イマカツ、 SALON GINZA SABOU - 2017.01.29 Sun

銀座イマカツ


歌舞伎座の裏に、ささみのカツが美味しいお店があります。
1人ランチをしました!

ランチ定食がいくつかあります。イマカツ定食にしました。
色々なフライの盛り合わせの中で、一番豪華なセットです!

イマカツ

ご飯は雑穀米にしました。キャベツ、ご飯はおかわりできます。
イマカツセット

ささみ、ひとくちひれかつ、メンチカツ、カニクリームコロッケ。
塩、ソース、ごまだれ、好きなもので自由にいただきます。
ささみが、しっとりジューシーでとっても美味しくて感動しました!
ぱさつき感は全くなし!塩がおすすめです。
かつ
単品で、黄身がとろとろの半熟卵が入ったメンチカツ「ぴよぴよメンチ」(スコッチエッグともいえる?)というのがあるみたい。それも食べてみたいです。

気に入ったのでまた来ます。女性一人でも全然平気よ。





SALON GINZA SABOU

東急プラザ銀座の地下2階の入口付近、THE CITY BAKERYの前にあるお店です。
ちなみに、すきやばしイマカツもこの地下に入っています。

お食事メニューもあります。
この時は、甘味で。

あんみつ、お茶のセット。
お茶も色々あるので悩みます。

お茶
あんみつ
あんみつ みつ
抹茶の寒天が半分入っています。
こしあんです。こしあん好きなので、こんなあんみつも嬉しい。


東急プラザ銀座の地下のイートインスペース、結構使えます。


Toshi Yoroizuka Tokyo (京橋エドグラン) - 2017.01.22 Sun

Toshi Yoroizuka Tokyo

京橋の明治屋の跡地に、京橋エドグランというビルができました。
なかなか行くことがなかったのですが、そう言えば「Toshi Yoroizuka」が入っていたような。
思い立って行ってみました。
休日でしたが雨降りの寒い日、午前中というのもあって、とっても空いていました。
いつも並んでいると後で聞いたので、待たずに入れてラッキーでした。

toshi yoroizuka

1階のショップで売っているパンやケーキは、1階のカフェでいただけます。2階は皿盛りデザートをその場で作っていただく、カウンターがあります。
ちなみに、鎧塚さんはいらっしゃらず、スタッフのパティシエさんが作ってくださいます。
たまには、いらっしゃるのかな・・・。どうでしょうか。


スイーツがコース仕立てになっています。
前菜のように、ベリーのアイスのプレートがまず出てきました。

前菜

そのあとは、自分が選んだ皿盛りデザートです。


柿のグラタン

アングレーズソースを焼いた感じで、ふわっと、トロリとしています。
アツアツのグラタンの上にキャラメルアイスがのっています。
柿のスライスが入っていました。

柿のグラタン

りんごのタルトタタン
サックサクのパイにカスタードクリーム、一番上にリンゴを飴色に煮て上をキャラメリゼしてカリッとさせたものがのっています。
タルトタタン
紅茶
ぶどうの香りの紅茶


ちなみに珈琲は猿田彦珈琲がでてきます。

ガレット・デ・ロワ - 2017.01.15 Sun

ガレット・デ・ロワ
 

今年も、ガレット・デ・ロワを焼きました。
 
「ガレット・デ・ロワ」は、フランスではお正月に欠かせない伝統的なお菓子です。

 12月25日のクリスマスに誕生したイエス・キリスト。これを聞きつけた3人の聖人が、1月6日にキリストを訪ね、誕生を祝った日が「公現祭=エピファニー」。それを記念した、キリスト教のお祭りのお菓子が「ガレット・デ・ロワ」です。

 1月6日の年始には、家族や友人、仲間たちが集う時期。お菓子を切り分け、中に隠れているたった一つのフェーブに当たった人は、王冠をかぶって祝福され、1年間その幸運が続くといわれています。
 最近ではフランスだけではなく日本でも、この日にこだわらず1月いっぱいお店で売られており、何度でもいろいろな場面で、ガレット・デ・ロワを食べられます。
 可愛らしい陶器のフェーブのコレクターも多く、博物館もあるくらいなんですよ。
フェーブ
どんなフェーブが入っているかはお楽しみ!



ガレットデロワ
パイ生地の上にアーモンドクリームを絞り、フェーブを1個のせて、上からさらにパイ生地をかぶせてとめます。
卵を塗って、表面に模様をつけて焼きます。
横は1cmくらいの出来上がりですが、焼くと4㎝程になります!
ザックリとしたパイ生地とアーモンドクリーム。
誰もが美味しいと思える、プレゼントにも喜ばれるパイです。

紙の王冠を添えて、お渡ししました。




京都nikiniki(ニキニキ)、 セリスイーツファクトリー - 2017.01.09 Mon

京都 nikiniki

京都の土産をいただきました。
老舗の聖護院八ッ橋総本店がプロデュースした「nikiniki(ニキニキ)」の商品。
お正月だったので、こんな八つ橋。
すぐになくなってしまうとか。
原色でポップなお菓子ですが、味は美味しい生八つ橋です!

nikiniki_20170109162131205.jpg



千疋屋フルーツパーラー(池袋西武)

お正月限定で、クイーンストロベリーづくしのプレートがありました。
それと、アフタヌーンティーセットです。

千疋屋カフェ

千疋屋アフタヌーン



CELI SWEETS FACTORY(セリスイーツファクトリー)

築地で行列ができているお店が池袋西武の地下にきていました。
バニラビーンズ5倍というのもあり、普通と5倍と両方買ってみました。
外見は同じに見えます。

築地シュークリーム
カットしてみると、一目瞭然。黒いつぶつぶがたくさんある方が(写真右)が5倍です。
やはり、5倍の方がガツン!とバニラの香りがして贅沢な感じ。
しっかりと焼かれたシュー皮の香りにも負けず、存在感がバッチリあります。
本店はフィナンシェも人気のようですね。

2017 あけましておめでとうございます - 2017.01.01 Sun


あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします



おせち料理を作っていただきました。
なんと幸せなことでしょう。
いつも、美味しくいただいております。

大晦日に受け取らせていただいているのですが、大晦日の夜にもう食べたくて食べたくて・・・。
でも、グッと我慢。

新年の朝、いただきました。
どれも、手が込んでいて、愛情を感じるおせちです。
少しずつ、種類が多く入っているので、全く飽きるなんてことはなく、楽しみに、美味しくいただいています。
ありがとうございます!
重箱

おせち

1の段
1段

2の段
2段

3の段
3段




新年の焼き菓子セット

おせちを作っていただいているお陰で、クリスマスが終わってから、私はこんな作業をしています。
新年に向けての、焼き菓子セットです。


*にわとりクッキー(苺クリームサンド、キャラメルクランチサンド)
*抹茶のフィナンシェ
*バナナチョコチップケーキ
*苺のもちっとマドレーヌ
*オレンジと生姜のケーキ
*アーモンドチョコレート
*おまけのみかんの紅茶
焼き菓子セット


今年はこんなパッケージ。
お正月前にお店に行くと、色々な雑貨があるので、お菓子のパッケージに使えそう!というものが色々あります。
箱は秋のうちに買っておきますが。良いものは、すぐになくなってしまうので。
細い針金付きの梅の飾りとか、酉の絵のおみくじシールとか、小さなお正月パッケージの紅茶とか。
お菓子作りもワクワクするけど、詰め合わせる作業もワクワクします。
大変ですが、楽しい作業でした。

春の焼き菓子
パック
2段重の箱が手に入らなかったので、ガレットデロワは別の機会に、1月のお菓子にしようと思っています!

2016 クリスマス (ケーキ、チョコレートもろもろ・・・) - 2016.12.30 Fri

クリスマスケーキは、苺のショートケーキと、フォレノワールを作りました。
ショートケーキは2段で、苺のスライスがサンドされているものです。

クリスマスケーキ


フォレノワールは、2段の作りで。チョコレートスポンジで、下の段にはサクランボのキルシュ漬けを生クリームでサンド。
上の段はチョコレートムース。
ショコラの上掛けをかけて仕上げます。
見た目より、甘さが少なく、お酒の香りもして大人の味です。

チョコレートケーキ
エーグルドゥースのショートケーキも買いました。
飾りは別添えで、シンプルに、苺がのっただけのものをお持ち帰りです。
サンタは家にあったものをのせました。
苺が丸々サンドされていました。
普段のお店にあるショートケーキとは作りが違うようでした。いつもは2段作りでスライス苺のサンドだと思う。





ルコント

間口の狭い小さなお店で通りから見逃してしまいそうですが、クラシックなフランス菓子を得意とする老舗のお店。
フルーツのパウンドケーキ、ネズミ型のシュークリームがお勧めです。
お店の自慢のお菓子が壁紙になっています。
この時はクリスマスツリーが置かれて素敵で可愛らしい雰囲気。

ルコント



ラ・メゾン・デュ・ショコラのチョコレート

クリスマスコレクション。小さめの綺麗なチョコレートがびっしり。
どれも、工夫が凝らしてあり1粒の中に発見がたくさんあります。
思わずため息が出る美味しさです~。
心していただきます!

有楽町メゾンドショコラ
クリスピー・クリーム・ドーナツ
1月3日で新宿店が閉店してしまうと聞きました。
いつも買っていたわけではないけれど、時々食べたくなるので、ちょっと残念。
有楽町店はまだありますので、今後はそちらで。
季節限定物も可愛らしいのですが、オリジナル・グレーズドは絶対外せない。
オリジナルのみのパックも買いました。
少し温めて食べると、もちっとして美味しいです!


apple & roses (りんごのタルト 長野県安曇野市からお取り寄せ) - 2016.12.24 Sat

apple & roses

長野県の安曇野市にあるお店。
アップル&ローゼスタルトSをお取り寄せしてみました。
とっても素敵ですよね。

冷凍で来ます。
アップルローズ


レモンの風味がします。
色止めをしているのでしょうね。解凍したらすぐに食べたほうが良さそうです。
シャキッとしたりんごの食感が残っています。

アップルタルト

サクッとしたタルト生地。薄くて美味しいです。
アーモンドクリームの中にりんごをくるくると花のように埋め込んで焼いてあります。
たっぷりのりんごです。
下に、湿気止めとしてでしょうか、ジャムが敷いてありました。甘さのアクセントにもなっています。

断面

とっても素敵で美味しいタルトでした。
女性にプレゼントしたら喜ばれそうですね。

SATSUKI スーパーケーキ - 2016.12.21 Wed

新宿伊勢丹に、ホテルニューオータニのパティスリーSATSUKIがきていました。
プレミアムケーキをいくつか買って、家で贅沢スーパーケーキブッフェもどきです。



スーパーモンブラン2016
スーパーシリーズ

今年のスーパーモンブランは、和素材をつかったモンブラン。
和栗、こし餡の葛ジュレや、沖縄産の黒蜜を使用したつぶ餡、和三盆、雑穀(シリアル)など使用しているのがポイントだそうです。

土台は、シリアルを使用したリンツァー生地で、和三盆のカラメルでしっとり感と、藻塩でアクセント。
「黒蜜あんこ」の上に丸ごと1個の「国産和栗の甘露煮」をのせ、「ローストアーモンドミルククリーム」を重ねてある。
それらを包み込むように、「こしあんの葛ジュレ」。
最後にそれら全部を、「和栗」を使用したペーストで包む。

いやいやなんとも、手間のかかった構成。甘さ控えめで、複雑な味わい。
大きいので、3人位で分けてちょうどよい。





スーパーメロンショートケーキ
スーパーメロン
ショートケーキは、日本ならではのケーキで、フランスのケーキ屋さんでは作られていないケーキ。
でも、フレッシュな季節のフルーツを使った様々なショートケーキは、日本では絶大な人気!
その中でも、サツキのスーパーショートケーキは、贅沢な1品です。

最上級のマスクメロンの産地は、静岡県。
スポンジの材料である卵は、長崎県でカステラ用に使われている鶏卵を。
クリームは、九州 大牟田の生クリームで、リッチな風合。
もちろん砂糖にもこだわり、和三盆ときび砂糖をブレンド。


口に入れたとたんに、メロンの美味しさでガツンとやられる。
素材って大事だ。
スポンジ、クリームはこの最高に美味しいメロンをさらに、美味しくしてくれる素材として、全力でバックアップしています!
素晴らしく、美味しい!!
今度ホールで買いたいです。自分の誕生日に買っちゃおうかな。





東京スーパーピュアプリン

クリーム・プリン・カラメルの3層。
懐かしい味わいで、王道のプリン。
最近の柔らかなプリンではなく、しっかりめのプリンで濃厚でほろ苦いカラメル。
そしてそれらの甘さと調和が取れるような、さっぱりとした35%の無糖クリームが絶妙。
懐かしいピュアな味ですが、それをたっぷりといただける、贅沢なプリンです。

スーパープリン
スーパーチーズケーキ
スーパーチーズケーキは、東京都八丈島産ジャージー牛乳の美味しさを追求したチーズケーキ!
八丈島産(東京都)ジャージー牛乳のコクと、自家製ラムレーズンで焼き上げたチーズケーキに、軽やかな口当たりのアーモンドミルククリームをたっぷりと絞ってあります。
アーモンドミルククリームの下にザラメが隠れていて、カリカリした心地よい食感。
そして、大好きなラムレーズンがなんと大粒で1粒2センチほどもあるそうで、贅沢だ。


その他、苺のナポレオパイも買いました。

カフェマメヒコ (渋谷) - 2016.12.11 Sun

CAFE MAME-HICO

とても落ち着く雰囲気なので、気に入っていたこちら。
いつも混んでいるので、すんなり入れることは少ない。
この日は、比較的空いていてすぐに席へ。
すると、今度から席代がとられるようだ。
びっくりすることに、時間帯によって料金は異なり、700円代後半~800円以上の席代がかかります。
その分、コーヒーが安くなったと説明を受けました。
コーヒーが1,000円以上の方ががまだいいのに。
美味しいものに、それなりの金額を払うのは、なんとも思いませんが、コーヒー、食べ物よりも高い席代は、なんか釈然としない。

そのせいで、空いているの?

コーヒーも焼きりんごも美味しかったけど、席代にしては高すぎます。
それでも行く人はいるのでしょうが。

席代を払ったのだから、少しのんびりいようという気持ちになり、ゆっくりとくつろがせていただきました。



焼きりんご
カフェマメヒコ
丸々1個のりんごを使った焼きりんご。
甘すぎず、美味しかったです!
プラス料金でアイスクリームをトッピング。
焼きりんごを、もっと高くしても良いから、この席代は~~、とまたまた考えてしまう。

くつろぎの場所だったのにな・・・。
なんとも残念な気持ちで一杯になったのでした。
円パンも好きだったのにな。
今後、行くか悩んでしまいます。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ab-ciko

Author:ab-ciko
主人と娘の3人家族。
毎食スイーツでもOK! というほどスイーツ大好きです。
主人や娘、お友達と食べ歩くのが楽しみ。
一人で行くのも結構好きです。

仕事をしながらレコールバンタンのパティシェコースに通い、基礎、応用、研究課を卒業。

その他ジャンポール・チェボークッキングステュディオ、エコールクリオロ製菓教室などに通い、ホテルリッツパリ内の学校、エコール・リッツ・エスコフィエの研修で短いですが貴重な体験をしました。

ダイエットに興味はあるけれど、スイーツを食べるときには気にしない!旬で美味しいものを使って季節のケーキや、ちょっとワクワクするような、お菓子を作りたいです。


・管理栄養士
・調理師

検索フォーム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

Book Mark !

RSSフィード